気がつけば既に2760時間、プロブロガーになりたい俺が時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

週末が近づくとウキウキ

スポンサーリンク あとで読む

時間を持て余している単身赴任のおじさんは、週末が近づいてくると今度は何処に行こうかと考えるだけでウキウキになってきます。

今週末は何処に行こうか?

何時ものことながら、何処に行こうかちょっと考えてしまう。何も目的が無いと、必然的に鎌倉になってしまうので、最近は少しだけ考えるようにしている。

 

かと言って、何処に行こうかと考えてもすぐには浮かばないんですよね〜。

そんな時はGoogle mapをながめる

結局は何処に行くか、直ぐには見つからないので何時ものことながらGoogle mapを見て、近場で面白そうな場所を探す事になる。

 

対象は公園、記念館、神社仏閣等が基本的には対象。どうしても見つからない場合には、いつものパターンとして東京の下町と言われる地域を見ながら、歩いて路地裏を探索したら面白そうな場所の目星を付ける。

結局今週末に選んだ場所は?

なんだかんだ考えた挙句、今週末に言ってみようかと考えたのが次の場所です。

横浜にある新治里山公園。

 

ここは、いろいろと里山保護をはじめいろんな活動をしているらしい。しかも、里山保護という事から、夏には蛍も見れるようだ。

 

特に興味が有ったのが、小さな棚田など自然をそのまま残しているらしく、田んぼに水が入る前にどんな場所なのかを確認しておきたかった。

 

水が入ると、田んぼの風景も変わってしまうので、その前に是非と考えたからだ。もっとも、横浜市緑区は学生時代に住んでいたところでも有るので、どの位変わったのかと里山を大事にしていると言う活動がどんなものなのかを見たいと素直に思ったからです。

 

里山と言うと、琵琶湖の回りの里山保護活動として昆虫写真家の今森光彦先生が有名ですね。機会があったら、琵琶湖の方にも行ってみたいな。

まとめ

昔、小さかった頃、社会の地図帳を眺めながら行ったことのない場所を見て、想像を巡らせた。今は、Google mapを見ながら同じように夢を巡らせることが出来る。

しかも、Google ストリートビューGoogle Earthを使えば写真としてその場所を行かなくとも見ることが出来る。

 

私の日課として、週末や連休が近づくと暇さえあればGoogle mapを眺めて何処に写真を撮りに行こうかと頭の中で妄想にふける。

 

まったく平和な日本で本当に良かった。これで週末の楽しみがまた増えました。