気がつけば既に2760時間、プロブロガーになりたい俺が時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

今日という日で思うこと

スポンサーリンク あとで読む

改めておはようございます。今日は休みだ、散歩に行こうなんてヘラヘラしてブログをポストした後に1通のメッセージが来た。

今日という日

そのメッセージを読んだ後、そうだ、今日は3月11日なんだって思い出したよ。

メッセージは写真を通して仲良くさせていただいている人から、今日は特別な日なので1年に1回だけ出かけてくるって。

 

鈍感な私でも、はっと我に返った瞬間だった。

 

思い起こせば6年前、私の住む静岡県では長い周期の揺れを感じただけだったが、その後に流れたニユースは信じられない状況を物語っていた。

 

太平洋側に面した場所のため、主要交通機関は津波警報のために全て停止した状況に私のところでも陥りました。

 

当時娘が通っていた高校では、在来線が全て止まっているため保護者が迎えに来るまでは、学校で待機させると言う通達が出されました。

 

静岡県って全然関係ないじゃんって思うかもしれませんが、新幹線以外在来線、東名高速国道1号全てが静岡市から東の領域は海岸線を走っています。特に東名高速は海の上を走っているので、津波警報が出された時点で全ての交通が遮断され、津波警報が解除されるまでは継続されるんです。

 

私も娘を迎えに行くため、会社が終わった時点で交通情報をチェックしながら娘を迎えに行った記憶が蘇ります。30分でいける場所が2時間もかかった記憶が。

歳月人を待たず

あれから6年が経過したんだって改めて思った。決して風化はしていないですが、ニュースなどで取り上げる規模はやはり年々縮小している。

 

でも、被災地の人はそんなに甘いものでは無いだろうなってやはり思う。思い出したくないようなことも沢山有るだろうと感じる。Youtubeを見ると、当時の映像が未だ残っており、当時の悲惨さが心に刺さる。

 

未だ戻れない人も沢山居ると思われ、普通に生活している自分達は恵まれているんだなと感じる。コツコツと未だに支援をしている人達もたくさんいるだろうし、そんな方々には頭が上がらない。

 

そう言う地道なことをしている人などに対して、反面いろいろと言う人も居るのも事実だと認識している。人それぞれ価値観が違うので、現地に言って支援する人も居るだろうし、募金に賛同する人もいるだろうし、様々だろうと思う。

 

どんな形であれ、支援をしている人達が居るということは世の中未だまだ捨てたものではない。悲惨な事件が多いこの頃、でも暖かみのある事をしている人もたくさんいる。

 

歳月は人を待たない。

 

時々刻々と過ぎていく。今日は休みだから何処かに遊びに行こう。それはそれで個人の問題だから全然問題ない。でも、1年に1回はこんなことが有ったんだよな、ってことを思い出しながら、こうして普通に生活できていることは幸せなんだなって、再認識できるようになりたい。

最後に

私は聖人君子ではないので偉いことは何も言えない。でも、助け合いと感謝の気持ちだけは忘れないようにしようと思うようにしたい。価値観の違いから人間同士はぶつかることは多々あると思う。

 

そんなときこそ、助け合い感謝の気持ちを思い出して頂きたいものです。いや、自分はそう言うようになりたいと思う。

 

私の友達、東北の皆さん、何をしてもしなくても時間はずんずん過ぎていきます。後悔しないように夢を持ち頑張っていきましょう。お天道様は必ず見ています。私の出来る範囲で応援し続けます。

 

私事ですが、6年前に高校3年だった娘は来月子供が生まれます。こんな私もついにじいじになってしまいます。嬉しいような悲しいような。

 

今日という日に思うことをダラダラと書いてしまいました。最後まで読んでくれた方、ありがとうございます。

 

それでは出かけてまいります。