思った事を素直に書こう!今この時を生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

最後はMISFIT RAYに落ち着いた。ウエアラブルをいろいろ検討、決めては電池の持ちだ!

スポンサーリンク あとで読む

こんにちは、サイト管理者のふぇいやんです。俺は歳をとって老化が進んだなって言う自覚症状が結構出てきている。

 

そんな事もあっていろいろと運動量や体重管理等には結構神経を使っている。そんなの気にすること無いのに、馬鹿じゃないのって言われるかもしれないが、まあ心構えとしてね備えあれば憂いなしってことで。

f:id:sek-loso0228:20171001070420j:plain

 

自分のメインはApple Watch2を使用しており、これで一通りの情報は取得することは出来るんです。だからウェアラブルは特に要らないかなって思っていたんです。

 

でも実際に使ってみると、意外とイマイチなんですよね。だからいろいろ検討してみたけど、MISFITのRAYに落ち着いたんだ。

 

 

 

どうして管理に目覚めたか

実は1昨年前にまで話は遡ります。毎年受けている人間ドックでの数値があまり良くない事に加え、PSAの数値が高いまま推移していたことが原因です。

 

主治医から肥満は万病の元だから、減量したほうが全ての面に於いてイイねって言われたんです。また、運動で痩せようっていうのは理解できるが、おにぎり1個食べたカロリーを運動で消費するにはどれくらい必要が分かる?って聞かれた。

 

確かに、運動での消費はかなりやらなければいけなく、サラリーマンの俺ではなかなか難しいと理解できる。

 

一番簡単なのは食事を気をつける事と、毎日適度な運動を継続することだって。

 

それじゃあどうしようか?

 

そこで思いついたのは、毎日同じ時間に体重計にのり体重を管理していくこと。それにより状態管理だけでなく、自意識を付けていくことが大事だって。

 

最初は体重と体脂肪率BMI等をExcelに写していた。これって超めんどくさいんです。たまに忘れるしさ。もっと効率化して何とかならないかって思った。

 

そこでBluetooth付きの体重計に変え、測定したデータは全てBluetooth経由でスマホに転送し管理することだった。

 

そして最初に手に入れたのがこのオムロンの体重計。

 

この体重計は測定した後にスマホから所定のAPPで転送をすれば、データが全て転送されグラフ化されるので、自分で何もする必要が無い。

 

しかも、記録推移がグラフ化されて出てくる。

 

超便利で、毎日体重計に乗るのが楽しくなるが、喜怒哀楽が激しくなるのと努力の割に体重が減らないと思わず凹みます。

 

じゃあ運動管理はどうするんだ

Apple WatchのAPPにもそのような物は沢山あるんだが、帯に短し襷に長しって感じで使いにくい。

 

それではと思い、Amazonでいろいろと人気のウエアラブル等何があるのか調べてみた。運動量計ってキーワードで探すとたくさん見つかるよ。

 

有名所ではFitbitやMorebitなんてメーカーの物が結構スリムで人気が有る。後は体重計と同じようにオムロンとかね。

 

目移りするほど沢山有ると同時に、価格もまちまちで安いものは数千円で高いものは万以上。いったいぜんたいどれを選べば良いんだって迷うこと間違い無し。

 

そういう場合はネットで比較記事が結構たくさん出ているので、それらを参考にすればいいが、あくまでも個人主観で書かれているので、同判断するかは自分次第だ。

 

後はビックカメラやヨドバシ等に行って実機で確認するかだね。実機で確認してAmazonで購入するのが一番安く手に入れる方法だと思う。

 

俺は何時もそのパターンで購入している。

 

そして、やはり運動量はウエアラブルで管理するしか無いと思う。これら結論なんだ。

 

じゃあどう選ぶか?

俺が考えた基準はたった1つに絞った。機能は沢山有ったほうが良いと言う考えは、典型的な日本人の考え方だと思う。

 

まずカタログを見てスペックが良いものを選ぶ。同じスペックだったらボタンやツマミが多い方が調整範囲が広いって勝手に思い込む。

 

実際には使わない機能や、意味も分からないような機能まで有ったほうが良いと勝手に思っている。

 

シンプル・イズ・ベストと言う考えは、多くの日本人の場合には持ち合わせていない考えだと思うな。大体、値段と機能。そうコストパフォーマンスと言う考え方。

 

たしかにね、間違ってはいないと思うよ。

 

でもさ、ちょっと考えてみようぜ。その機能は本当に必要なの?実際に継続して使う機能なの?単なる欲深いんじゃないの?

 

そう考えて、俺はたった1つの答えに行き着いた。それは、電池が長持ちすること。

 

殆どのウエアラブルの場合、機能豊富なこともあり電池の持ちが非常に悪い。長くても1週間程度が良いところだろう。悪い場合はApple Watchのようにほぼ毎日充電しなければいけない。

 

そう、この充電しなければいけないと言うキーワードが非常に大事なことだ。

 

出張や旅行に出かけた時、充電器を持ち歩かなければいけないし、充電を忘れた場合には目も当てられない悲劇が待っている。

 

Apple Watchが便利なんだけど、この電池が持たないと言う事が最大のネックなんだともう。だって時計だったら1回電池変えれば1年は持つもんね。長くて2日ってそんなん時計じゃないよ。

 

そして俺が選んだもの

そんな理由により俺が選んだのはこれだ!

こいつのベルト違い。レザーバンドなんか実用出来じゃないので、実際にはプラスチックベルトのものだ。

 

これは凄いよ。充電式でないので毎日の充電を気にしなくて良いのが最大のメリットだし、電池もコンビニで売っているボタン電池なんだ。

 

そして、専用APPを使えば運動量や睡眠時間を全てスマホに転送して見ることが出来るんだ。しかも防水だから水泳もOKなんだ。

 

f:id:sek-loso0228:20171001160113p:plain

 

スマホの画面はこんな感じなんだ。

 

運動も、ウォーキングからランニング、自転車、水泳などいろいろとスマホから切り替えられるが、別に何もしなくても運動量は時間ごとにずっとトレースして記録してくれる。

 

睡眠も、起床状態、浅い眠り、深い眠りと時間ごとに記録する。自分は使っていないが、スマホからの設定でアラームセットもできるんだ。

 

表示がないのに、振動で起こしてくれるらしい。メッセージや電話の着信もこの振動で教えてくれる。だから表示機能は無くてもOKなんだ。

 

無駄なものが無いので、電池の持ちは3ヶ月程度という事。もっともスマホで電池状態も確認出来るので忘れることは無いかな。

 

まとめ

ウエアラブルを使って何を管理するか。まずはこれが最初だ。目標として毎日1万歩を歩くようにしている。これを使うようになって、何時に何歩歩いたのかが棒グラフで見えるので楽しくなる。

 

何よりも電池を気にしなくてよいのがベストだし、風呂に入るにも外さなくて良い。そう、3ヶ月間は付けっぱなしで良いって事が一番大きいかな。

 

体重も運動も、管理して見える化をすることにより自意識を高めていく。この見える化と言われるキーワードが一番重要なのかもしれないね。

 

ブログを書くのも、書いて見えるようになるから頑張ろうとか、もっと良い文書を書こうとか次に繋がる。

 

見えるようにすることが一番重要だね。

 

 

PCの前にばかりいないで、外の空気を吸いに行ったほうが心身ともにリフレッシュできていいよ〜。

 

ジュース買いにコンビニへ、それだけでも良いから外に出ようよ!

 

落としたり、ぶつけたりして無くしたり壊したりするから、まずは最低限の機能で数千円のもから付けてみようよ。

 

これなんか2千円以下で買えるし1週間は電池が持つらしいよ。まずはこんなので良いんじゃないかな。