気がつけば既に1344時間、時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

未だの人はこれ試したほうが良いよ、価値は有ると思うから!

スポンサーリンク あとで読む

おはようございます、サイト管理者のふぇいやんです。昨日は疲れて寝てしまったので、今朝は早くから目がギンギンに冴えています。

 

機能できなかった分、今朝からネット巡回をしていると、あっこれっていいねと言う記事が有ったので紹介します。

 

f:id:sek-loso0228:20170610064817j:plain

 

皆さんもネット通販をよく使うと思いますが、何処を使っていますか?

 

 

私はやはり圧倒的にAmazonを使用していますね。Amazonに売っていない物が有れば、しょうがなく他のネットショップを利用しますが、基本はAmazon1本なんです。

 

何故Amazonが良いのか?

最近でこそいろいろと問題が話題となってきていますが、基本的にはAmazonが取り扱っているお店が多く、Amazonの軒先を借りて直販で売ってくる所が他に比べると少ない。

 

楽天は軒先を貸しているだけで、実際の売買はそこに出店しているお店と個人的に話をする形になっています。

 

でもAmazonの場合には、そう言うケースもありますが、Amazonを通して購入することも出来るので、最近のアカウント乗っ取りに寄るイカサマ的な商売に引っかからない為にも、同じ商品でも「この商品はAmazonが取り扱っています。」と明記された物を選択すれば間違いないと思います。

 

更に、Amazonの最も大きな特徴はプライム会員だと思います。年間税込み3,900円ですが、送料無料やお急ぎ便のサービスだけではなく、Kindleでは毎月1冊は無料で読めるし、プライムビデオは見放題にはなるし、至れり尽くせりじゃないかな。

 

しかも、月当たり税込み325円ですので、Amazonをよく使っている人は絶対にオトクなサービスだと思います。

 

Amazon TVやKindleなんかも、プライム会員だと安く変えるし、タイムセールも一般の人より早く情報も入るし、スタートも違うんです。

 

ネット通販が主と言うような人は、絶対にオトク間違い無し。

 

迷っている人に朗報

そんなAmazonプライムですが、ホントそんなに便利なの?って普通の人は思いますよね。ましてや年間でしか入れないので、入ったはいいけど思ったほど使わないやって言う人は少々後悔したるするかもしれません。

 

昨日よりAmazonが次のサービスをはじめました。

http://appllio.com/sites/default/files/styles/article-center/public/2017-06-08_18h59_44.png?itok=WwGr772k

今まで年間契約のみだったのが、月額使用が可能になったんです。

 

年間に比べれば、当然割高ですが、それでも使ってみようかどうしようか迷っていた人には、チャンス到来です。

 

しかもですよ、Amazon得意の30日間無料体験となっており、最初の30日間を使ってみて、やっぱ思ったほど使わなければそこで止めればいい。

 

おっ、良いかもねと思った人はそのまま月単位の継続を行い、やっぱりかなり使うねって思ったら年間に変えれば良い。

 

但し、年間の方が絶対に得なので、これは使えるなと思った時点で年間契約をしたほうが良いです。結果的に少しですが安くなりますから。安くなった分で、他の買い物の足しにしましょうよ。

 

まとめ

実はAmazonはプライムになっていたほうが良い特典が沢山有ります。どうしても送料無料や当日、都内は数時間内に配達と言うメリットが大きく見えがちですが、それよりもプライムビデオ飲み放題とか、別の特典が沢山有ります。

 

そんな中で意外と知らないのが、プライム会員限定の特典です。例えば、Audibleお試し期間は普通1ヶ月なのですが、プライム会員の場合には3ヶ月にまで延長されています。

 

同じように、Amazonクラウドの容量等も実は一般と違う所も有るんです。

 

AmazonオリジナルのKindleやAmazonTVのプライム会員特別割引等、実は年会費以上の効果は出せるんですね。

 

これから発売がされそうなAlexなど、プライム会員にはそれなりの特典が付くと予測されます。

 

今回の月額使用が設定されたチャンスに、未だ使ったことが無い方は試したほうが良いと思いますよ。Amazonをよく使っている人は絶対に価値がありますから。

 

Amazon.co.jp: Amazon Prime へ レッツゴー!

 

 

 

 

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。