時のログ

文字は心をあらわす、今思った事を素直に書こう!

行ってよかった、Appleの神業対応に感謝!

あとで読む

スポンサーリンク

おはようございます。サイト管理者のふぇいやんです。ちょっと前に書いた記事になりますが、Macbookキートップが削れた話。

www.tokilog.jp

こいつの修理でAppleストア銀座に行ってきたんだ。今回はそのレポート紹介だよ。

 

f:id:sek-loso0228:20180121125438j:plain

 

 

早く行ったほうが良いな、そう思って早めに自分では行ったつもり。だって到着したのは、10時開店の5分過ぎ

 

しかし、既に1回のショップでは人が溢れているではないか?何がそんなに人気なのか?って思っちゃうよね。相変わらず中国人が多いように感じる。

 

まずは修理案内を聞いて、4階の修理フロアへGo!

 

4階の修理フロアも長蛇の列

ホントかよ!目を疑いたく成るような状況がエレベータを下りた先には展開されていた。

 

f:id:sek-loso0228:20180121125350j:plain

 

既に受付を待つ人の列が出来上がっているではないか。未だ回転して10分そこそこだよ。こんなにいるの。

 

テーブルにいる人達は、事前に予約した人達も混ざっているようで、当日受け付けに来た人がこの窓際で並んでいる人達。

 

しょうがないので、この列に並んで受付を待つ。

 

開店から20分弱

やっと俺の順番が来たので、要件を言って予約を入れっる。何やら現段階で40分待との話になっているが、折角来たので待たせてもらうことにした。

 

まずは予約を入れ、SMSで受け付けたことのメッセージが届く。順番近くなったらメッセージが来るので、またこの4階に来てくれとのこと。

 

40分も有るなら一旦外に出て新鮮な空気を・・・・

 

とは言え、40分も時間を潰すこともなかなか出来ないので、3階にあるシアターでMacのデモでも見ようかと外に出たんだが直ぐに戻ってきた。

 

一旦トイレに行って、既に始まりそうな感じだったので席に付いてふと携帯を見ると・・・いきなりこんなメッセージが。

f:id:sek-loso0228:20180121130435p:plain

40分もしないうちにメッセージが飛んできた。なんだよ、シアターでデモを見る間もなく再び4階のGenius Barへ行き、用件を告げるとカウンターに通された。

 

f:id:sek-loso0228:20180121130627j:plain

 

こんな感じで、丁度真ん中より少し右のところかな。しばらくすると担当者がやって来たので、持ってきたMacbookを出して用件を告げる。

 

購入後2年も経っていないのに、Nのキートップだけ削れた。母音のキーではないのになんで?不良なの?ってな具合に探りを入れてみたが、具体的な原因はわかりませんね。

 

そう軽くあしらわれ、部品が有るか確認してきますねと言い、Macを持って別の場所に行ってしまった。

 

我がMacbookはどうなるのだろうか?

 

10分後くらいに返ってきたMacbook

お待たせしました。笑顔でそういった担当者の方が見せたMacbookキートップは新品に交換されていたんです。

 

f:id:sek-loso0228:20180121131119j:plain

 

部品が有るか確認してきますと言って出ていったのに、交換されて返ってきたのには驚きでした。アッと言う間に交換してくれたんですね。

 

俺が、それでは修理代は幾らになるのですか?と訪ねた所、無料です!と予想外の答えが返ってきたんです。

 

えぇ〜、部品代はただだとしても工数がかかっているので1時間10,000円の技術料として、10分ですから1,200円くらいは取られるのかと思ったら、タダ。

 

そう無料なんです。

 

素早さと、無料の対応に感謝した次第です。

 

まとめ

初めてAppleGenius Barに行ってみたんですが、専門の方が丁寧に対応してくれているのにはちょっとビックリ。普通の大型家電ショップのエンジニアと比べ物にならないくらい、丁重に対応してくれる。

 

しかも、今回の物はApple careに入っていなかったにも関わらず、即座に対応ししかも無料の神業対応。

 

こう言うところが、CSと言う面で他社と比較すると突出している部分。だから、またAppleの製品を買おうかなって思うんでしょうね。

 

Appleの製品は高い、でもブランドステータスが有るので持っていると価値が有ると言われていましたが、実際にはサポートも手厚くやはりワールドトップクラスのメーカーだとつくづく感じました。

 

Macbookも更に頑張って動いてくれそうです。

 

最後に交換したキートップを持って帰りますか?と言われました。みなさん記念に持って帰ると言われましたが、持って返っても結局ごみになって捨てることになりそうなので、最初から持ち帰らずAppleで処分してもらうことにしました。

 

その変に捨てっれるより、一旦はAppleに戻って処分される方がキートップにとっても良いと思った次第です。

 

おしまい

 

今日も見に来てくれてありがとう。