気がつけば既に4296時間、プロブロガーになりたい俺が時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

読んですっきり、「こんなブログはなんか違う?」で分かった3つの特徴に、納得した自分がいた!

スポンサーリンク あとで読む

こんにちは、サイト管理者のふぇいやんです。定期的に陥る、なんの目的でブログ書いてるんだっけ?ってわけ分かんなくなる現象。

 

梅雨なのにピーカン照りのくそ暑い日が続いてるんで、脳内もおかしくなってるみたいじゃん。そんな中、あるブログを読んで分かった3つの特徴について書くね。

 

f:id:sek-loso0228:20170708142243j:plain

 

 

はじめに

自分もそうなのかもしれませんが、面白い記事を見つけてそのブログの読者になっていつも読むようになったんですが、なんか変だな?って思うことがここの所増えてきた。

 

ブログをやっている以上、PVのことは気にならないと言えば絶対にウソになると思うんです。自分も自分は自分と言いながらも前日のPVは必ず確認し、一喜一憂してる部分があります。

 

まあその辺は、自分の記事が面白かったのかためになったのかの、一つの判断基準としては使っていること間違いなし。これはキッパリと言えます。

 

でもですね、面白かった記事があったので読み始めたブログなのですが、PVが上がってくるとアフリエイトの話に必ずといいほどつながってるんです。

 

そして、その結末が今月は〇〇PVでアドセンスでいくら稼いだとの話へ流れが必ず続きますね。

 

今度はそのアドセンスをいかに稼ぐかの話に全体的に流れがシフトしていき、最初のころの面白かった内容が無くなっていってしまう。これって非常に淋しいことっすね。

 

なんかちがうブログの3つの特徴

たまたまネットを徘徊していて見つけたブログに、ブロガーが陥りがちな「こんなブログはなんか違う?」な3つの特徴という記事が書かれていました。

 

www.norarikulife.com

3つの特徴とは

  1. 毎月コンスタントに収益報告をしているブログ
  2. PV病にかかっているブログ
  3. 記事数の目標に囚われて薄い記事が多いブログ

 

この3つを読んだときに、自分のことだとハッとしたのが3つめの事だな。1つめについては、未だどうでもよいと思っていることなので、全然気にならないし書く気にならない。

 

でも2番目についてはちょっと心当たりがある。

 

自分も最初に書いた通り、PVが幾つ行ったのかは非常に気になる。当然、自分の書いた記事の質を上げたりする意味では大きなモチベーションになるよね。

 

でもそれってさ、PV目標にだけなってしまうと、本来書きたかったことじゃなくて兎に角PVを伸ばそうと、当たり障りのないノウハウ記事みたいなものになる。

 

このブログでも紹介していたが、アクセス向上の方法や、収益報告。この1と2って関係がすごく深いんじゃないかな。

 

だって1と2って表裏一体のことだよね。

 

で自分がハッとしたことって、前にも書いた気がするんだけど、とにかくブログを始めたら300記事くらいまでひたすら毎日書き続けるってこと。

 

記事の内容なんてそのうちに向上してくるから、そんなこと考えずにひたすら書けってブログ本によく出ている内容。

 

www.tokilog.jp

 

要は伝えたいことがちゃんと書けていますか?ってことだよね。

 

この記事は読み手に取って何の価値があるのか、自分で考えて書いていますかってことかな。

 

半面、読み手のことを考えて記事を書くなんて、書き手の傲りだって意見もあるからね。

 

いずれにしても、価値、感動のない記事は単なるゴミにしかならないってこと。

 

 

まとめ

 暑い日が続くと、脳内が劣化してどうでもいいような記事が多くなってしまうので、それを戒めるために、自分なりに振り返ってこんな記事を書きました。

 

せっかく読者になってくれた方が離れていくのは何とも淋しい限りです。

 

兎に角、記事は思いを込めて読んでくれた人が、そうだよなって思ってくれたり、参考になったとか、面白かった(これはあまりないかな)なんて心の中に引っ掛かり、また読みに来ようッて思われる記事を書きたい。

 

プロブロガーになりたい自分としては、この部分をしっかりと肝に銘じてやっていこうと思う。

 

お前のブログってなんか違わね?って言われないようにしよ~っと。

 

 

 

 

 

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。