気がつけば既に210日、プロブロガーになりたい俺が時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

やっぱりCANONが好き

スポンサーリンク あとで読む

暇な時間が有ると、写真やカメラについていろんな事を考えちゃいますね。

今回は何を考えたか

最近のカメラはやっぱり凄いね。色んな機能が付いているし、画質も物凄く進化しているみたい。

やっぱりデジイチの肝は画処理エンジンと言われている各社独自のLSIだよね。このLSIによって各社独特の色彩を再現しているみたいだしさ。

 

それと忘れちゃいけないのがレンズの進化。安くて軽くてビシっとした切れが有るレンズが沢山出てきている。

それこそお手軽スナップ感覚で小型軽量のデジイチが溢れ出している。

 

今一番気になるカメラは

その中で凄く気になっていたのが、FujiのX-Pro2とX-T2なんです。ミラーレスもフルサイズだって何処かのS社が騒いでいるが、そこはフィルムメーカーの老舗であるFujiはそうじゃないよってな感じでAPS-Cの物を出している。

 

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2

 

 

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 ボディ X-T2-B

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 ボディ X-T2-B

 

 

更に気になる点としては、Leicaと同じくLPFを外している事。LPFが無い分、例の画処理技術で補完しているみたい。

 

難しいウンチクを語りだすとボロが出そうなんでサラッと流します。だから、Fujiで撮ったモノクロ写真ってLeicaに近い感じなんですよね。

 

そこが物凄く気に入っており、本屋さんに行ってはX-Pro2やX-T2の専門書を見たり、ネットでインプレッション記事を読んだりしています。

 

本当に本当の事を言えば、Leicaが欲しいんですがとても定年が見え隠れしているおっさんの給料では購入に踏み切れません。それでも、Leica X type113くらいはと思い考えたんですが、ぐぐっと踏みとどまりました。

 

Leicaのモノクロ写真をみてからですかね、モノクロ写真にハマりだし、自分のカメラでもモノクロを撮りだして、モノクロ写真の難しさと楽しさってのが分かったんですよ。

自問自答を繰り返してみました

Fujiを購入しようかって、ずっと悩んでいたんですが自分の撮りたい写真はFujiでなければ撮れないの?って自問自答を頭の中でずっと繰り返しております。今でも十分気に入っている写真が撮れているのに。

 

よーく考えてみると、Leicaの写真に憧れているだけでLeicaや似たFujiで撮ったら目的の写真が簡単に撮れるのかってことになり、多分カメラ本体よりレンズの方が影響があるんだろうなって。

 

だから、もう一度よく考えてみると今まで使ってきたカメラでも全然不満が有るわけじゃないし、むしろ古くても愛着が有るカメラなのでこれでいいじゃないかって。

元々がCANONの画質が好きで購入し、写真を初めたんだから途中で変えるのも何だかなって思えてきた。

まとめ

やっぱり私はCANONが好きなんだって再実感し、このままCANONを使い続けようって思いました。

そしてCANONLeicaのモノクロに近いような感じの写真が撮れるように、レンズとパラメータの設定を煮詰めていこうと決意しました。

 

当面の目標は、CANON(5D Mk2)でLeica風のモノクロ写真を撮ることですね。

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りずに、また来てくださいね。