気がつけば既に4296時間、プロブロガーになりたい俺が時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

肌で感じた「はてブ」の力

スポンサーリンク あとで読む

こんにちは、サイト管理者のふぇいやんです。連休明けの今週、ブログにも波乱が有りましたよ。こんなに違うなんて・・・

f:id:sek-loso0228:20170414194122j:plain

ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 

何が違うのか?

私のブログのアクセスなんて、最近状況では浮き沈みが非常に激しく、100を下回る事なんて当たり前だのクラッカー状態だったんです。

 

アクセスなんて気にしていないよ、なんてカッコつけて口で入っていますが、ブログを書いている以上は気にしてない人なんか、ホントいるのかなって思えます。

 

ある程度認知度が上がり、リピーターが多く市民権を得たブロガーの方であれば殆どきにしないのかもしれませんが、やはり始めて2ヶ月目のブロガーですから人の目は気にならない事は無い。

 

ブログ飯で書かれていましたが、最初の3ヶ月はアクセス数は見ないでひたすら記事を書き続けるって書いて有るけどさ、普通一般の人はどうしてもアクセス数が気になると思うよ、マジでさ。

 

そんな状態だったブログが、1日だけグーンとアクセス数が伸びたんです。

 

どうしてか?

そうなんですよね〜、何時もと同じような記事を書いていたんですが、今週になってからネットできになった記事を、テンポラリーで追加していたんです。

 

何時もは基本の今日の1枚とその他ぶらり独りウォーキングか、その他の記事を1件の合計2件を基本的に毎日書いている。

 

それ以外に、ネットできになった記事があった場合にはそれをコメント付きで書いて投稿しているんです。

 

で、急に伸びたのはそのネット記事を書いた日だったんですね。多分、対象になったのはこの記事なんです。

 

www.tokilog.jp

 大した記事ではなかったようですが、何でこんな記事に人気が出たのかが不思議でしたが、よ〜くみてみると納得の現象が有ったんです。

 

それは・・・はてブが久々に付いている。しかも6つも・・・

はてブの力は凄い!

自分で読んでもこの記事の何処がウケたのかよく分かりませんが、はてブが付いたことで一気にアクセス数が上昇したんです。はてブが3つ付くと、はてブのページに載るらしく、数が多いほど紹介するカテゴリ毎での評価に変化していくようだ。

 

アメリカンドリームではないですが、はてブが沢山付くと一気にバズりアクセス数が桁違いに急上昇するらしいんですね。

 

私の場合はそんなにと言うか、まぐれてたった6個付いただけで何時もと劇的に変わったんですから、30や50もはてブを貰えば信じられないようなことが起こるんでしょうね。

 

それほどはてブの力は強いんですね。

まぐれでは続かない

で、たまたまですねはてブがついてアクセス数が急に伸びたんですが、その後その勢いを使って新しい記事を追加し、更に伸ばせれば良いのですが、そうは桑名の焼き蛤で上手くは行かない。

 

見てくださいよこの落胆状態。

f:id:sek-loso0228:20170511195534p:plain

翌日はアクセス数が半分も行かないんですよ。本当はその値が本当の実力値なんですが、たまたまはてブが付き急上昇すると俺の時代が来た〜なんて馬鹿な錯覚を起こしてしまうんですよね。

 

前々日と比較すれば、ちょっと下がったかなって程度ですが、たまたま馬鹿当たりしたあとは余計に落ち込んでいるように見えてしまう。だから、何かの間違いじゃないの?ってオドオドしちゃうんだよね。

 

ホント馬鹿だよねって思っちゃう。

 

でもさ、みんなのツボにハマりさえすれば一気に伸びることも実証された。

まとめ

ド素人のブログは突出する時ははてブが何時もより少し多くついただけで、定常状態ではない事を肝に命じておく必要があります。

たまたまなんだよね、と言う気持ちを素直に持ち一過性であるという事から目を背けない。

 

しかし、みんなが期待するツボに嵌りさえすれば継続することが出来る。そのためにも、やはり沢山の記事を投稿しどんな記事が読者にウケるのか観察し、そのウケる記事のネタを探して投稿し続ければ、夢のメジャーブロガーも夢ではないのでは・・・

 

でも殆どの人がそのネタを見つけきれないのだと思う。

 

まあ1日でもドカッとアクセスが増えたって事で良しにしましょう。このアクセス数って麻薬みたいなものですよね。だから自分ではてブを押してしまう人がいるんですね。

 

この低い時が自分の実力なんだって認識し、精進して続けていきたいと思います。

 

 

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。