気がつけば既に1344時間、時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

スーパーばあちゃん、私はスゴさが理解できるな!

スポンサーリンク あとで読む

こんにちは、サイト管理者のふぇいやんです。数日前の記事なんですが、これを読んだ時に、ハンマーで頭を叩かれた気分になりました。

 

f:id:sek-loso0228:20170609165421j:plain

 

ちょっと前に書いた記事で、小さな習慣と言う話をしました。それは失敗しようもないほど小さな事にまで分解した事柄を実行するというもの。

 

www.tokilog.jp

 

これを機会に、実は何時もやろうやろうと思っていた新しい言語のプログラミングをやってみようと思ったんです。

 

まあ、小さな習慣にならってまずはプログラミングの本を、毎日2ページ読もう決めました。そうすれば、読み終わった時には少しは身についているかと思ったものですから。

 

そんな事も有ったので、この80歳過ぎてからプログラミングをはじめて、アプリを出したらこんなことになっちゃったと言うおばあちゃんの記事が衝撃的でした。

 

今年になって進められてSwiftのプログラミングを始めたばかりって言うから驚きで、更にシニア向けのゲームは少ないからと、作ってしまったということ。

 

更には、Appleの審査も通ってApp Storeに並ぶようになったこと。

 

更に更には、今月のWWDCの基調講演で紹介されて、世界的に有名になってしまったということ。

 

www.buzzfeed.com

 

正に、私が最近学ぼうとはじめたんがSwiftです。このおばあちゃんが、App Storeに並ぶアプリを作成したなんて。しかも、始めたのが今年だって。

 

俺ってどうなるの? そう思えました。

 

元々、独学でネットのことやWindows系のプログラムができるように勉強した事だけでもスゴイのに、はじめて触ったMacを使ってiアプリを作るなんて・・・

 

ほんの、ほんのすこしだけですが、Swiftを習い始めたので、このおばあちゃんのスゴさは身をもって感じます。

 

何がスゴイって、探究心とモチベーションです。そして絶対やり遂げようとする強い意志は、一般的な会社員は学ぶ所があると思いますよ。

 

まあ、ハッキリ言って耳の痛い話だと思いますが。

 

別に、iアプリを作成して売ろうとは思いませんが(売れたらそれはもっといいですが)このおばあちゃんが出来て私が出来ないと言うことは無いはず。

 

このおばあちゃんでも理解できたんだから、私にも絶対に理解できると信じて、Swiftの勉強をしていこうと改めて思いました。

 

世の中すごい人がたくさんいますね。私って、凡人の中の凡人なんだってつくづく思いました。

 

今日からまた、コツコツやっていきます。

 

 

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。