思った事を素直に書こう!今この時を生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

勤続40年でやっと見えてきた、なぜ俺が成功しなかったのか!分かってみるとショックやね。

スポンサーリンク あとで読む

おはようございます。サイト管理者のふぇいやんです。フィッシングメールやこんなの買っちゃったなんて、真面目なのかオチャラケてるのか分からない記事ばかりかいています。

 

でもね、実は真面目にいろいろと悩んでいたんだ。勤続40年近く経ってやっと見えてきた事が有るんだ。このブログを読みに来ている人で、若い人いたら同じようにならないでねってことで、ちょっと書いてみた。

 

たまには真面目な話だよ。

 

f:id:sek-loso0228:20171115185604j:plain

 

俺はさあ、今の会社には中途で入ったんだ。新卒がもてはやされているバブルの前だけど、それでもやっぱりハンデはかなり有ったな。

 

ある時期、部門長に「キミなんか頑張ったって上には行けないんだからさ、ここから引き合いが来ているけど行ってみない?」なんてことも言われた。

 

お前なんかに言われたくないは、バカヤロウー、ここが好きだから何処にも行かない。

 

ってなことを言いたかったが、流石にリーマン何でそこまでは言えないが、ハッキリ断った。

 

そして俺は人一倍自分では頑張ったつもりだった。俺に嫌味を言った上司は、大問題をおこしドロップアウトしていった。ざまあみろ、ハッキリ思ったね

 

その後、上司にも恵まれなんだかしらないが、上から数えたほうがはやいポジションまで上がることが出来た。

 

これはハッキリ言って、自分は自分と言い聞かせて朝早くから夜遅くまで、昔は流行った「戦うサラリーマン、24時間戦えますか!」を貫いて来た結果なのかもしれない。

 

真実は分からない。

 

この辺が、昭和の人だよね。マジ、自分でも思う。

 

 

でも、ここに来て会社が統廃合で大きくなっていくとやはりいろいろと限界が出てくる。そう、自分だけでやるには限界が有るんだ。

 

今まで、自分の意見に賛同してくれる人だけついてきてくれれば良い、そう言うスタンスで仕事を続けてきたんだ。

 

合わない奴は徹底的に排除し、こちらから歩み寄ることもしなかった。人は見た目が90%ではないが、直感を信じていたので、こいつ使えないなって思ったら、最初から相手にしなかった。

 

それは上層部の役員でも同じ。

 

 

そうして数十年。結果、それが全て仇になって返って来ているような感じなんだよね。今はさ。

 

有言実行で進んできたので、ある程度の人達からは信頼を得ているが、それはやはり一握りの人に過ぎない

 

つまり派閥的なものに近い。と言うことは、失脚すればそこでThe End.

 

最近仕事もうまくいかないのもあり、いろいろと考えてみたんだ。ちょっと前にも書いた事が有るが、結局は人って信頼なんだよね。

 

信頼、信用ができる人のところに人は集まるんだ。人が集まると、運も金も集まってくる。それが最近わかったことなんだ。

 

それでは信頼、信用はどのようにして集めるのか?

 

 

 

これが目からウロコの話。

 

 

そう、他人目線ではなく、全てを自分目線で見ることが大事。そう、自分のこととして考えてみるってことだな。

 

そして、別け隔てをしないで人に接することなんだ。つまり、こいつ嫌だなって思っても、良いところを探してみることにより、嫌な気持ちが小さくなる。

 

そうすれば、犬や猫と同じでこちらが嫌わなければ先方も嫌わないんだってこと。嫌いなやつには、直ぐに態度や言葉使いで現れてしまうのは論外だよね。

 

で、ここからが若者に言っておきたいこと。何をオッサンが喚いているんだって思ってくれても結構だが、これは俺が経験してきた事実。

 

別に好きなように生きていくから大きなお世話ならそれはそれでいいです。

 

興味がある人は読んでみてね。

 

 

 

 

 

 

 

所詮会社は独りで頑張っても限界があり、評価もされないようになる。むしろチームで頑張ることにより2倍にも3倍にもなり会社に貢献できる。

※別に会社に貢献するつもりはない。給料も今のままで良い人は読まなくても良いよ。

 

そう多動力をつかって、自分の足りない分を補ってもらうんだよ。そのためには、誰からでもサポートしてもらえる環境を作らないといけないよね。当然、そうするためには先に書いたように、あいつは気に食わないなんて言ってられない。

 

まずは自分から相手を好きになっていかなければ、相手もこちらを信用してくれない。仲間が増えていけば、実力以上の能力が絶対に発揮できるんだ。

 

この前読んだ本に書いてあった。

 

ビジネス書を読むと、よく人に好かれる能力を磨きなさいって書いてあるよね。でもさ、これってさっきの話で、こっちが好いていなければ人には好かれないよ絶対にね。

 

相手が好いてくれるの期待するんじゃなく、こっちから好きになっていかなければダメだよって事さ。 

 

だからさ、人を好きになる能力を磨くほうが絶対に大事だ。人を好きになれるってことは、嫌いなやつも長所を見つけることが出来るって事で、その長所を褒めていけば相手だって嫌な気になならない。

 

そうすれば相手の態度も変わって、嫌いと思っていたやつが結構良いやつかもしれないってなるかもしれない。

 

俺はこれを一切やってこなかった。だから、信用が足りないのだと思う。

 

結局の所、今まで独りで頑張ってここまで来たんだ。誰の世話にもなっていないって言う変なプライドが有るがために、コミュニケーションを阻害している部分があるんだろうな。

 

残る余生、もっと人気がある人になってみたいという欲がある。そうすればブログにももっと人が集まってくるのかもしれない。

 

これを読んでくれた若者よ、変なプライドを捨てて人を好きになるスキルを磨こうよ。今と違った自分が見えてきて、楽しいかもしれないよ。

 

そして、時間が有ったら本を読もう。移動時間にスマホをいじるなら、ニュースを読もう。頭の中の世界が広がるぞ。ゲームも楽しけど、本やニュースを読んでいると、脳内妄想の世界に入り込めて、そっちも楽しいぜ。

 

脳内妄想の方が絶対に体にいいから。でも、妄想しすぎて暴走するなよ!(笑

 

誰にもわからないけど、やってみる価値は絶対にあると思う。俺はそう思っている。

 

だから俺は、会社の守衛さんにも大きな声でおはよう、お疲れ様を言うようにした。コンビニでもお釣りをもらう時、ありがとうを言うようにした。

 

信頼されて人が集まってくると、楽しいよね絶対にさ。

 

変えられる所から変えていこうと思う。もっと楽しく生きたいからね。

 

若者よ、俺と一緒に頑張ってみないか。

 

 

 

おしまい。