思った事を素直に書こう!今この時を生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

iPhone Xを1週間使ってみて、満足だった3つの事!それだけでも価値は有るよ。

スポンサーリンク あとで読む

おはようございます。サイト管理者のふぇいやんです。iPhone 6S plusからiPhone Xに乗り換えて1週間が経過しました。十分は使い込んでいませんが、機種切り替えして良かった事を紹介します。

 

f:id:sek-loso0228:20171104125646j:plain

 

www.apple.com

 

俺は先々週までiPhone 6S plusを使用していたんだ。まあこれはこれで良いと思っていたんだが、2年使っていてやはり色んな所がくたびれてきているよね。

 

で、iPhone Xを予約してやっと1週間前に受け取ることができたんだ。docomoなんだけど、スペースグレーの256GBバージョンさ。

 

1週間使ってみて、本当に良かったと思える3つを紹介する。

 

1.見るものを魅了する有機ELのディスプレイ

iPhone Xを見た瞬間、誰もが必ず思う事は画面の発色特性が無茶苦茶綺麗であること。流石に今回の有機ELのパネルは格別。同じdocomoXperiaが結構表示が綺麗だと思っていたが、比べる以前の問題だよね。

有機エレクトロルミネッセンス(ゆうきエレクトロルミネッセンス英語organic electro-luminescence: OEL)、有機ELゆうきイーエルとは発光を伴う物理現象であり、その現象を利用した有機発光ダイオードゆうきはっこうダイオードorganic light-emitting diode: OLED)や発光ポリマー(はっこうポリマー、light emitting polymer: LEP)とも呼ばれる製品一般も指す。

これらの発光素子は発光層が有機化合物から成る発光ダイオード(LED)を構成しており、有機化合物中に注入された電子正孔の再結合によって生じた励起子エキシトン)によって発光する。日本では慣習的に「有機EL」と呼ばれることが多い。次世代ディスプレイのほか、LED照明と同様に次世代照明技術(後述参照)としても期待されている。

有機エレクトロルミネッセンス - Wikipedia

 

細部までクッキリハッキリとディテイルが最高に綺麗。 昔6S plusで撮った写真も、え〜こんなにきれいなのって思うほどの画質。これだけでも変える価値があると思うよ。

 

まあそれだけじゃないね。iPhoneを使っていて、ちょっと嫌だなって思っていた事が解消されているんだ。

 

2.Face IDによる秘話性の向上

https://img.buzzfeed.com/buzzfeed-static/static/2017-11/2/0/asset/buzzfeed-prod-fastlane-01/anigif_sub-buzz-15306-1509595341-5.gif?downsize=715:*&output-format=auto&output-quality=auto

それは、InstagramTwitter、LINE等のメッセージが届くと待機画面でも表示されるのだが、その表示の際に内容が一生に表示されるということ。

 

非表示設定にしておけばよいのだが、そうするとメッセージのリアルタイム性に欠けて忘れることが有る。実際に、LINEに会話や着信を非表示にしておいたら、数日気が付かなかったことも有る。

 

これでは折角メッセージをもらっても、忘れてしまい無視されてるなんて要らぬ災いを招かねない。

 

しかし、これがですねiPhone XになってからFace ID対応になったために、今までと同じように着信表示はするが、内容は表示されずに「1件の通知」と表示するだけになった。

 

従って、テーブルや机の上に置きっぱなしでも、内容を見られる心配がなくいなったんです。この効果は大きい!

 

今まではメッセージを受けていると、待機画面でもパッと明るくなり通知をウケた事とご丁寧に内容まで表示された。そのタイミングでは見られてしまうし、ロック画面でもその表示はされたままなので、見られてしまう可能性は大だった。

 

彼女や奥さんに余分な通知を見られて、なにコレ?ってトラブルにも成りかねなかったですからね。

 

しかし、iPhone Xの凄い所は、Face IDが登録されていれば、「1件の通知」と表示されていなものが、顔認証により解除されて通知内容が見えるようになるんだ。

 

見られても大丈夫って言う安心感がある。

Face ID アップルが開発した顔認証システムiPhone Xに初搭載される。2017年9月12日にThe Steve Jobs Theaterで開催されたアップルのスペシャルイベントで Phil SchillerとCraig Federighiにより発表された[1]

これはTouch IDを置き換えるセキュリティ機能であり[2] 、アップルのデバイスのロック解除やアップルのオンラインストアiTunes StoreApp Store、およびiBooks Store)での購入、オンラインまたはオフラインでのApple Payの認証に使用できる。

Face ID は 30,000 ドット以上の目に見えない赤外線ドットを顔に投射し、それを赤外線カメラが撮影、顔の凸凹などの深度情報を取得して顔の3Dモデルを構築、照合する。 アップルによると他人がロック解除出来る可能性は100万分の1程度であるという(Touch ID は5万分の1程度)[3][4][5]。 再起動してから一度もロックを解除していない場合や48時間以上ロックを解除していない場合、ロック解除は顔認証ではなくパスコードを使用する必要がある[6] 。また、iPhone X 右側面のボタンを5回続けて押すことによっても無効化出来る[5]。なお、デバイスを複数人で共有することは想定されておらず、認証可能なのはひとりまでである。

アップルによるとこの顔データはA11チップ内に安全に保管されており、クラウドに送信されることはないという[5]。また、目を閉じていても機能せず、他人によるアクセスを防ぐことが出来る(設定で無効化することも可能)[7]

Face ID - Wikipedia

 

3.バッテリ時間の拡大

iPhoneは最初から使ってきているが、いつの時代のモデルもバッテリーの持ちについては非常に不満があった。Android携帯と比較しても持ちが悪いのと、交換ができなかった事に対して大不満だった。

 

これはiPhone6S plusになっても変わっていない。少し大きくなったので、バッテリーも大きくなりもう少し持つかと思っていたが、どっこいそうではなかったんだよね。

 

しかも、最新のiOS11に変えてからはバッテリーの減り方が加速がついた感じで、1日持たなくなったんだ。2年間使ってきて劣化しているという条件を差し引いてもおかしいくらいに減りが早い。

 

朝100%でも、普通にメール見たりネットで確認したりしていると、昼過ぎには60%程度に成り、夕方には酷いときには充電しないとダメになる。

 

これが、大幅に改善されたんだよ。今は大体2日に1回の割合になってきた。今まで使ったiPhoneの中でダントツに良い状態何だよ。

 

iPhoneもやれば出来るじゃないってはじめて思えたんだよね。

 

この3つが1週間使って一番良かった事だろうか。

 

 

 

最後に残念だったこと。

iOSが感染64ビット化されてしまったので、32ビットで出来ていたアプリが軒並み動かなくなり、ディスクトップから消えてしまったことだ。

 

まあ消えて困ってしまうようなアプリは使っていなかったので特に問題はないが、それでも無くて困ったものも有る。

 

一番困ったのは、Instagramでタグ付けに使っていたアプリがみんな消えてしまった事だ。お陰でまたタグリストを最初から作って、今はメモ帳に記録してある。

 

話題のタグなど直ぐに分からなくて困るんだよね。今あるタグのアプリは、いまいち使いにくいんです。Instatagなんか非常に使いやすかったんだけどね。64ビットアプリで復活してくれるのを期待してるよ。

 

まとめ

iPhone Xは決して安い買い物ではない。携帯電話に幾ら分割とは言え10万以上をつぎ込めるかと言うのは、完全に個人の価値観の問題になる。

 

でも、今の世の中必要不可欠な物に成りつつ有るので、どうせ必要不可欠なら良いものを長く使うってのも1つの選択肢だと思うんだ。

 

iPhone8にしようかと思ったんですが、どうせ後で後悔するくらいならちょっと待ってでも欲しかった方が良いですからね。

 

人生56年生きてきて、確実に言えることは、最初に良いなと思ったものがやはり自分の欲しいものであり、ごまかして他のものを購入しても結果最初に欲しかったものを買ってしまい、出費が嵩むだけ。

 

だったら最初から良いなと思ったものを買うほうが遠回りと無駄使いをしない最短最小なことだと思う。

 

というわけで、良かった点がたった3つかもしれないですが、その3つが有るから購入したって言う大義名分がり後悔せず満足しています。

 

本当にiPhone Xはいいよぉ〜

 

 

 

 

おしまい