気がつけば既に3576時間、プロブロガーになりたい俺が時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

光則寺(2017年4月)

スポンサーリンク あとで読む

こんにちは、サイト管理者のふぇいやんです。新しいレンズの試し撮りを兼ねて、久々に天気が良い鎌倉に行ってきました。何時もなら、ひとり気ままな鎌倉ウォークにポストするのですが、ひとつのブログにまとめるためにこちらにポストします。

データは移行済みなので、ひとり気ままな鎌倉ウォークはしばらくしてクローズします。

 

長谷寺と鎌倉の大仏との間に、実はこのお寺が有るのですが、観光客が少なく静かで穴場的存在です。

光則寺(こうそくじ)は、神奈川県鎌倉市長谷にある日蓮宗の寺院。山号は行時山。旧本山は比企谷妙本寺。池上・芳師法縁。

光則寺 - Wikipedia

 

江ノ電長谷駅で下り、長谷寺方面に向かっていきますが、長谷寺の入り口を過ぎて次の路地に入っていきます。

 

曲がり角には表示が有りますが、見落としがちな感じですね。実際には長谷寺への入り口と並行している道になります。

 

曲がってから10mも行かないうちに、味のある食堂が目に入ってきます。この食堂の道を挟んだ反対側に、お寺の表示の石柱が立っています。

f:id:sek-loso0228:20170529053305j:plain

EOS 5D Mk2 + Carl Zeiss Pancolor F1.8/50mm

 

此処から先緩やかな坂を登っていくと、その先に光則寺が有ります。

f:id:sek-loso0228:20170529053549j:plain

EOS 5D Mk2 + Carl Zeiss Pancolor F1.8/50mm

 

f:id:sek-loso0228:20170529053629j:plain

EOS 5D Mk2 + Carl Zeiss Pancolor F1.8/50mm

 

非常に沢山の緑に囲まれたお寺で、山門のところに手作りの地図が置いてあります。地図には、お寺全体の配置と植えられている山野草の種類、見頃時期等が細かく書かれております。

f:id:sek-loso0228:20170529053831j:plain

EOS 5D Mk2 + Carl Zeiss Pancolor F1.8/50mm

 

当日も、お寺の方が水撒きをしながら手入れをしておられました。

f:id:sek-loso0228:20170529054009j:plain

EOS 5D Mk2 + Carl Zeiss Pancolor F1.8/50mm

f:id:sek-loso0228:20170529054029j:plain

EOS 5D Mk2 + Carl Zeiss Pancolor F1.8/50mm

f:id:sek-loso0228:20170529054055j:plain

EOS 5D Mk2 + Carl Zeiss Pancolor F1.8/50mm

 

途中で伐採の為に通行止めになっておりましたが、グルっと1周本堂を中心に回る道が出来ているようです。

f:id:sek-loso0228:20170529054233j:plain

EOS 5D Mk2 + Carl Zeiss Pancolor F1.8/50mm

f:id:sek-loso0228:20170529054318j:plain

EOS 5D Mk2 + Carl Zeiss Pancolor F1.8/50mm

 

f:id:sek-loso0228:20170529054353j:plain

EOS 5D Mk2 + Carl Zeiss Pancolor F1.8/50mm

 

このお寺も鎌倉らしく、沢山の紫陽花が植えられておりますが、未だ見頃には早いようですね。後2週間くらいしたら見頃になるんじゃないかな。

 

f:id:sek-loso0228:20170529053236j:plain

EOS 5D Mk2 + Carl Zeiss Pancolor F1.8/50mm

f:id:sek-loso0228:20170529054534j:plain

EOS 5D Mk2 + Carl Zeiss Pancolor F1.8/50mm

 

観光客も少なく、ゆったりとしていられるお寺です。直ぐ隣の長谷寺とは全然違いますね。山野草も多いので、花の写真を撮られる方にオススメの場所です。

 

私がいた時も、地べたに這いつくばるような格好で、熱心に花を撮られている人がおられました。

 

写真を撮る楽しみって、ホント、人それぞれですね。この方も、出来た写真を見ながらニコニコしているんだろうな。

 

これらからのシーズン、更に見頃かと思います。

 

 

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。