時のログ

文字は心をあらわす、今思った事を素直に書こう!

ブログはボトルメール。何かあってるよね、そのイメージ!

あとで読む

スポンサーリンク

おはようございます。サイト管理者のふぇいやんです。この前ですね、読んでいたブログの中での表現で、ブログなんてボトルメールみたいなものって書かれていたんだ。

 

その一説を読んだ時、なるほど〜って目からウロコだったんで、今日はそれについて書いてみる。

 

f:id:sek-loso0228:20180114063335j:plain

 

ボトルメールってすごく良い表現だと思う。昔、インターネットが立ち上がって来たころに、指定相手に届く電子メールではなく、特定のソフトを使用している人の誰かに届くボトルメールってのがあった。

 

 

俺の若いころには、ポリスというUKの人気ロックバンドのMessage in the bottleと言う歌がすごく流行っていた。

 

Message In a Bottle

Message In a Bottle

  • ポリス
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

そもそもボトルメールって?

ボトルメールmessage in a bottle)とは、に封じて海や川などに流された手紙のこと。

ボトルメール”という表現は日本ではそれなりに使われているが、英語ではそうした表現の頻度は少なく、 message in a bottle と表現するほうが一般的であり、さまざまな作品名にも用いられている。(メッセージ・イン・ア・ボトルおよびen:Message in a bottle (disambiguation)も参照のこと。)

イタリア語でも英語と類似した「messaggio in bottiglia」といった表現が好まれるが、フランス語では「bouteille à la mer」(「海中の瓶」といったような表現)のほうが好まれる。

日本語では「瓶詰めの手紙」や「瓶入りの手紙」または「漂流ビン」などと表現することが多いが、特に定まった表現は無い。

ボトルメール - Wikipedia

 

つまりだ、思いを綴った手紙を瓶に入れて川に流せば、やがて海に出て潮流に乗り知らない国に流れていき、未だ見ぬ知らない人が拾って返信してくれるだろうと言う、一種の浪漫が詰まった動作だな。

 

でもさ、よく考えてみれば手紙を拾っても日本語で書いてあったら、一般的な外国人は読めないよね。ましてや住所漢字で書いて有れば、全く読めないので返信しようが無いと思うんだが、俺の考えすぎだろうか?

 

なんでブログがボトルメールか?

ブログを書いてみても、PVがズッと一桁って皆経験するよね。一般的に芸能人や特別有名でない限り、ブログ始めましたって言ったって、だから?で終わりだね。

 

facebookとかtwitterを先にやっていて、そこからの繋がりが有れば一桁ってことは無いだろうけど、それでも二桁前半が良いところだな。

 

でもさ、俺もそうだけどネットってブラブラと徘徊していると、たまにオッって思うような記事やブログを見つけるんだよ。

 

そうするとさ、何だか得した気持ちになってもう少し読んでみようかってな具合で、読者になっちゃうんだよね。これがまた不思議でさ。

 

これってさ、正にボトルメールと同じなんだよ。

 

ボトルメールは流れてくるけど、ブログはこっちからネットをさ迷ってたまたま見つけたって違いだけ。

 

どちらも、たまたま見つけたって言う共通点では一緒だよ。

 

たまたま俺のブログに到達して、くだらないこと多いけどチョット続けて読んでみるかなって言う人が、読者になってくれてる。

 

またはブックマーク的に、たまに有効な内容が有るのでチェック対象にしておこう。ってなかんじだろうな。

 

出会いがあるってことだよ。

 

そういった意味から行くと

出会いが有るっていう意味から行くと、出会い系サイトじゃなくて、釣りに似てるなとも思うね。

 

f:id:sek-loso0228:20180114071350j:plain

 

そこに川があるから、そこに池があるからってな感じで、釣りマニアは竿を準備してキャスティングをはじめるだろう。

 

おなじやん。

 

そこにネットがあるから、なんか調べ物はじめて検索するといろんな情報がヒットする。そして、その中にはブログって言うデータも混ざっているんだ。

 

そのブログを見てみると、こりゃあ面白い、ためになるって言うと新たな出会いで読者になるよな。

 

まとめ

でもブログが対象だと、やっぱりボトルメールの方がしっくり来るね。なんかさ、ネットをさ迷って到着した時、ある意味感動があるもの。

 

まあ中には何だこれ?っていうのもあるけど、ブログ自体が十人十色で様々だからね。

 

そして、ブログはボトルメールと同じと言っていた人は、俺のブログには絶対的な読者がいるって。それは自分自身だって。

 

これまた目からウロコ。

 

ブログって、なんだかアフリエイトなんかで稼ぐ手段になりがち。当然、何か書いてお金になればそんな良いこと無いから。

 

でも、お金が目的になるとブログを書くこと自体が苦痛に成りかねない。常にPVを気にして成果重視で自分を追い詰めるから。

 

仮想通貨と同じで、成果重視は自分を追い詰めるだけで何の意味もない。

 

俺は思ったね。ブログってさ、未来の自分に対するメッセージじゃない。今の俺ってこんなこと考えていたんだって、未来の自分に伝えるためにさ。

 

アンジェラ・アキの「手紙〜拝啓十五の君へ〜」と同じだよ。

 

 

気楽に行こうぜ!

 

おしまい。

 

今日も見に来てくれてありがとう。