気がつけば既に2760時間、プロブロガーになりたい俺が時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

読んで納得、「看板」から学ぶ「見出し」の基本設計とは!?「見出し」をつくるための5か条

スポンサーリンク あとで読む

こんにちは、サイト管理者のふぇいやんです。ちょっと読んだ本の書評なんか書いちゃおうかなぁ〜。

 

読んでてさ、あっ、なるほどって思ったんでみんなに紹介しちゃいます。

f:id:sek-loso0228:20170627191809j:plain

 

今回読んだ本は、自分があまりにも文章をうまく掛けないんで、ワラをもつかむ思いで読んだ本なんです。

 

それは「書かなきゃいけない人のためのWebコピーライティング教室」って本。題名からしてそのものって感じでしょ。

 

著は森田哲生さんなんです。

 

単純明確な答えじゃない。そして最も重要な事は、

 

「見出し」≠「読み出し」

 

これって日本人だと、スゴく間違えやすいんじゃないかな。英語にするとよく分かってさ、見出し=VIEW 読み出し=READで全く違うものなんだよ。

 

つまり、読者にこれ読んでみようかな?って思わせるのが「見出し」なんですよ。ココ重要。

 

実際、「見出し」って簡単に決めてしまいそうですが、実はその後に続く文章に対して大変重要なもので、いわゆる看板のようなものなんです。

 

「見出し」 と言う看板を立てるには、的確な材料探しが必要です。じゃあその材料は何処にあるのか?

 

それは、本文や広告スペース、あるいは商材資料などの情報の本体の中にあるんです。だから、「書く前に置く」見出しづくりのワークフローが必要なんですよ。

 

これをですね、きちっとやることにより本文にマッチした「見出し」が作れるんですよね。

 

はい、ここから重要! 

 

良い看板=「見出し」をつくるための5か条 

 

  1. 紙媒体とWebとの「読まれ方」の構造的な差を理解する
  2. 読者を導く「看板」として視覚的・直感的な表現を目指す
  3. 「看板の材料」として的確なキーワードを見つけ出す
  4. 「具体性」と「謎」をブレンドして読者の欲求を刺激する
  5. 性質の異なる言葉をぶつけて「インパクト」を生む

 

全部は具体的に説明できていませんが、こんな感じで1時間づつ授業形式て大事なポイントを学習することができます。

 

でも私なんか読んでもても、1回程度では何を言っているのか正直全部は理解できませんでした。

 

どんな本もそうですが、読書百遍意自ずから通ずで百回読めば何とか理解できるのかもしれません。

 

少なくとも、困った時や記事が進まない時に振り返って読んでみると、ハットすることがあるのかもしれませんね。

 

ブログを書く人は持っていて損はない1冊じゃないかと私は思います。

 

推薦図書に認定します。

 

 

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。