気がつけば既に4296時間、プロブロガーになりたい俺が時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

全然書けないって思っていたら、単に俺の使い方が悪かっただけだった。

スポンサーリンク あとで読む

こんばんは、サイト管理者のふぇいやんです。夏休みももうじき終わりだよ〜って叫んでみたりして。

 

ちょっと片付けをしていたら、懐かしいボールペンが出てきた。このボールペン直ぐに書けなくなるので、頭にきてそのままひっぽかしてあったのを忘れてた。

f:id:sek-loso0228:20170816165419j:plain

 

実はこのボールペン、2004年に海外赴任から帰国する際に記念に貰ったボールペンなんです。でも書いていると、最初は書けるんですが直ぐにカスレて書けなくなるんです。

f:id:sek-loso0228:20170816171314j:plain

 

なんだインクが無いのかな?なんて思って、一様予備のスペアに交換して書いて見たんですけど症状は同じ。

 

なんだなんだ、折角の贈り物だけどこれじゃあ使えないじゃない!なんて一人でぼやいていたんです。そんなこんなですっかりと忘れていたんですね。

 

あれから13年が経過し、再び私の目の前に現れたこのボールペン。

 

あぁ〜このボールペンはすぐカスれるやつだなってピーンときたんです。でも折角再開したんでもう一度使ってみようかななんて思って使いだしたんです。

 

そのボールペンはこれ!名門 モンブランなんです。

 

 

そうしたら、あ〜ら不思議。全然かすれもしないでスラスラと書ける。しかも、名門のボールペンらしく下記味も最高なんです。

 

f:id:sek-loso0228:20170816171336j:plain

ハテ?それでは今までの記憶の奥に有った事は何だったのでしょうか?

 

 

そうなんです。今まで「なんだ、直ぐ書けなくなるじゃん」って思っていた頃は、安いボールペンと同じように力を入れて書いていたんです。

 

実はこの名門ボールペンは力を入れて書くボールペンじゃなかったんですね。軽く紙に当て、流れるように書くとあ〜ら不思議黒いインクがアートのように紙の上に書かれていくんです。

 

13年前はなんて無知だったのか、改めて自分の知識の無さを知ったのでした。大体、ボールペンにウン万円もかけたことなかったしね。

 

これでまた雑学知識が1つ増えたのでした。

 

お恥ずかしながら、名門ボールペンはやはり名品でした。