気がつけば既に3576時間、プロブロガーになりたい俺が時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

おいおい見ちゃったぞ2作品もさ。6時間かかったぜ!

スポンサーリンク あとで読む

こんばんは、サイト管理者のふぇいやんです。今日、次のような記事を書いたんです。

 

www.tokilog.jp

そんでもってさ、書き終わる前からAmazonプライムビデオで見つけて2つも続けてみちゃいました。

 

まず見たのは「愛のむきだし」って映画。これさ、約4時間位有る長丁場の映画なんですよ。

 

これって実話を元にして作られたらしいんですが、何時も社会問題になる新興宗教の話で、家族ともども入らされてその家族を奪還するって物語。実際には、愛する女性(少女)を奪還するんですが。

 

この映画見ていて長いというのが結構キツイね。誠に申し訳ないが、 特に感動するというようなものでもなかった。単にスゴイねしか言いようが無いです。

 

愛する人のためには何でもするって所が、愛のむきだしなんだろうけど、私には原作者や監督の伝えたいのが全くわからなかった。俺って馬鹿なのかなって、終わってから思った。

 

でも人生損しているというほどの内容じゃないんじゃないって言うのが素直な感想。

 

もう一つは「ソラニン

このタイトルの意味って最初何だかわからなかった。空人なのかと思っていたら、自分の勝手な間違いで有ることが途中でわかった。

 

本編中にソラニンの意味は、じゃがいも等の芽に含まれる毒素のソラニンだって言うこと。それがどんな意味があるのだろうか?

でも見ていて、こっちの方がずっと楽しかったな。なんだか良くある物語で、主人公が最後に死んでしまい、恋人が意思を継ぐって所がタイヨウのうたみたいだった。 

 

個人的に思うんですが、全然ギターを引いたことがない人が、コードを覚えて1ヶ月程度でバリバリ引けるとは思わない。

 

ワシも最近ですが、ベースがカッコええなって思ってベースを習おうかとしましたが、まず譜面が読めないという致命的な事があり、素直に諦めた。

 

むしろ、iPadガレージバンドで遊んでいる方がおもろいっす。

 

若者の生き方ってのが、大体テーマの中心に有るね。こっちの映画は、損したとも思わんけど、得したとも思えんね。

 

だいたい、2つも見てしまって人生損したっていうより、時間を損したってのが正しい言い方かもしれない。

 

これより、昨日見た海街diaryの方が良かったなぁ〜って、心から素直に思えたな。邦画って当たりハズレが結構有るよね。銀のスプーンとかWOOD JOBの方が、まだ言いたいことがストレートに伝わってきている。

 

歳をとってくると、心に素直に響かなくなるのかな?

 

もうちょっとAmazonプライムビデオで見て寝るか。

 

 

 

 

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。