思った事を素直に書こう!今この時を生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

単身3年目、初めて行った地元のあじさい寺は良かった!

スポンサーリンク あとで読む

こんにちは、サイト管理者のふぇいやんです。昨日は単身生活3年目にして、初めて地元のあじさい寺に行ってみました。思った以上にりっぱで良かったです。

 

f:id:sek-loso0228:20170618164141j:plain

Leica D-LUX Type109

 

あじさい寺って言えば鎌倉が有名で、最近も明月院に行ってきたりしておりました。しかし、何で地元のあじさい寺に行ってみようと思った切っ掛けはこのブログでした。

ol34.hatenablog.com

 

この記事を読んで、へ〜地元にもあじさいで有名なあじさい寺って有るんだってことを初めて知ったのです。地元なんて殆ど出かけたことが無かったので、ある意味新鮮でした。

 

このあじさい寺妙楽寺と言うお寺で、私の現在住んでいるところから電車で4分の駅から歩いていける場所なんです。バスでも行けるようですが、やはりいつも通り歩いていこうと思い、電車で行きました。

 

南武線久地駅で下り、府中街道を歩いて向かいます。東名高速をくぐった先に、あじさい寺入り口と言う標識があるので、非常に分かりやすいです。

 

府中街道から折れ、あじさい寺に向かうには少々細めの坂道を登っていきます。

f:id:sek-loso0228:20170618164922j:plain

Leica D-LUX Type109

 

今日は曇り空ですが、自転車を押して登っている人も含め、結構沢山の人が登っていきます。

 

途中から見下ろす眼下には川崎市多摩区の市街地が広がり、遠くには高層マンション群が見えます。

f:id:sek-loso0228:20170618165125j:plain

Leica D-LUX Type109

 

今日はやけに人が多いな? 今が見どころとは言え多すぎない?鎌倉じゃないのにって思い登っていくと・・・なるほどね。

 

f:id:sek-loso0228:20170618165320j:plain

Leica D-LUX Type109

 

途中から元気な太鼓の音が聞こえてきたかと思えば、あじさいまつりをやっていました。どおりで沢山の人が我先にと登っていくわけです。

 

沢山の人がお祭りを楽しんでいる人や、俳句の会みたいなのをやっており、俳句を書く人、そしてあじさいの写真を撮りに来ている人と非常に人が多くて、曇り空でもあり中は少々蒸し暑かったです。

 

しばらく写真をお楽しみ下さい。

 

f:id:sek-loso0228:20170618165617j:plain

Leica D-LUX Type109

 

f:id:sek-loso0228:20170618165636j:plain

Leica D-LUX Type109

 

f:id:sek-loso0228:20170618165700j:plain

Leica D-LUX Type109

 

f:id:sek-loso0228:20170618165724j:plain

Leica D-LUX Type109

f:id:sek-loso0228:20170618165742j:plain

Leica D-LUX Type109

 

f:id:sek-loso0228:20170618165806j:plain

Leica D-LUX Type109

 

f:id:sek-loso0228:20170618165834j:plain

Leica D-LUX Type109

 

広い園内に所狭しと沢山のあじさいが咲き誇っておりました。へ〜、こんなに種類が有るのって思えるほどいろんな花の形と色。

 

土壌の質によってあじさいの色は変わるといいますが、こんなにも近くで違う色になるのかな?そう不思議に思えるような感じです。

 

あじさいの波間をゆったりと歩いて、マイナスイオンを吸いながらリフレッシュ出来た感じです。

 

こんなにちかくに、こんな沢山のあじさいが有る有名なお寺が有るなんて、ほんと知らなくて損しました。

 

鎌倉ばかりでなく、地元にも目を向けるべきですね。要反省で、あたらしい気づきを与えてくれたol34さんに感謝ですね。

 

何時までここに居るかわからないですが、私も地元を走り回るように自転車を買おうかな?ふとそう思える1日でした。

 

帰宅後、結構な雨が降ってきましたので、雨がふられる前に帰ってこれてよかった。でも雨降りのあじさいも良いかもしれないですね。

 

 

 

 

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。