時のログ

文字は心をあらわす、今思った事を素直に書こう!

コインチェック、仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針が決定

あとで読む

スポンサーリンク

おはようございます。サイト管理者のふぇいやんです。朝起きてブログの投稿が終わり、さてとメールでもチェックするかと思いメールボックス内で見つけました。

 

もう少し早く見つけていれば統合したんだけど、チョット遅れた事と俺には直接関係ないので別記事にしました。

 

f:id:sek-loso0228:20180128064612j:plain

 

今朝の1時25分にコインチェックよりメールが配信されてきました。配信内容は以下の通りになります。

 

Subject:不正に送金された仮想通貨NEM保有者に対する補償方針について

 

不正に送金された仮想通貨NEM保有者に対する補償方針について

 
インチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、対象となる約26万人のNEM保有者に対し、以下の通り、補償方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。
 
1月26日に不正送金されたNEMの補償について

http://corporate.coincheck.com/2018/01/28/30.html
 
総額       : 5億2300万XEM
保有者数   : 約26万人
補償方法   : NEM保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法   : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。
           


今般の不正送金に伴い、一部サービスの停止などお客様、取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしており、重ねてお詫び申し上げます。原因究明、セキュリティ体制の強化などを含めたサービスの再開に尽力するとともに、金融庁への仮想通貨交換業者の登録申請の継続的な取り組みも併せて、今後も事業を継続して参りますので、引き続き、宜しくお願い申し上げます。
 ========

 

こんな内容で、NEM保有者全員を対象として保証金を各自のウォレットに返金するとの事。

 

しかも、返金に使用する財源は全て自己資金から実施するということなので、NEM保有者の方は少しだけ安心したと思う。

 

しかし、保証開始時期や手続きについては、未定で検討中との事。

 

今後も事業を継続していくと宣言していますが、自己資金で保証を実施した後に破綻なんてことは無いよなぁ〜?

 

NEM保有者以外は、そこが一番心配な所じゃないかなと思うが。本当に460億なんて出来るんだろうか?って貧乏人なんで不思議でしょうがない。

 

他の人の資産を下ろせないようにして、それらの資金を返済資金のベースにしたりしてね。十分考えられると思うな。

 

この一分の機能制限を解除した瞬間に、みんな一斉に預けた金を全て引き出しそうだしな。(微々たる資金だが、俺はそうしようと思ってるし) 

 

まあ、世の中理解できないところが多々有るので、出来ると言えば出来るんだろうな。どんな裏技を使うのかは分からないが。

 

とりあえずは、混乱回避のための情報かもしれないので、やっぱりもう一つ取引口座の開設を検討しよう。

 

おしまい

 

今日も見に来てくれてありがとう。