気がつけば既に1344時間、時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

最近いろんな所で話題だね、老後の生活資金の必要性。まずい、何にも無いや orz!

スポンサーリンク あとで読む

こんにちは、サイト管理者のふぇいやんです。最近ですね、ネットを含めてすごく目にするのが老後の生活資金に対する話題。

 

まあ高年齢者が増えてきている事は間違いなく、私もその一人なんですよね。生活資金は計算方法によって様々ですが、お金が必要なのは間違いない事なんですが、そもそも貯金がないです。

 

f:id:sek-loso0228:20170611072844j:plain

 

私は一般的なサラリーマンですので、住宅ローンや子供の学費等の人生の大きな山を超えてまいりました。おかげさまで、山は越える事は出来ましたが手元には殆ど何も残らない状況。

 

しかし、黙っていても定年はヒタヒタと足音を立てて迫ってくるわけでございます。いったいぜんたいどうしたら良いのか、日々悩んでおりました。

 

 

これからどうするか?

残った資産はわずかばかりの貯金と少しの株のみ。まあ定年になってもしばらく働くとしても、これってやばくね?孫に小遣いあげなきゃいけないし、少しは旅行なんかにも行きたいよね。

 

じゃあこれらの生活資金はどうすれば良いのか? まあ確定拠出年金なんかもやっていますが、それ以外に何とか資産運用は出来ないものか、ない頭を絞って考え続けました。

 

株をやるにも投資する大金は無いし・・・・はて困った?

 

そんな所で考えたのが、銀行に預けないで他に貯金と運用を兼ねて投資すること。この本を読んで考えましたよ。

この本、割と具体的に説明しているし銀行で扱う商品は絶対に手を出すなって意味も詳しく教えてくれる。

 

へ〜ってトレビアの泉っぽかったな。

 

株や投資信託をするにしても、ネット証券が有利である理由も明確。知ってるようで知らなかったこと、騙されそうなところがピンポイントで出ているので非常に参考になるんだよね。

まず最初にやったこと

元々が私も以前にSBI証券で株をやっていたこともあり、アカウントは残っていたので、本書でも推薦しているSBI証券を十分に活用しようと思いました。

 

SBI証券―ネット証券最大手の証券会社。オンライントレードでの投資をしっかりサポート―

 

本読でも書かれておりましたが、定期預金よりマシに運用しなくてはならないですが、ちょっとくらいリスクをとって運用しないダメだと言う事。

 

そこで、ここに書かれていたように毎月定額を投資信託に当てるようにしました。この時、無理に背伸びをして運用資金に回すと生活が苦しくなり、長く続かないので要注意です。

 

ここはそれ、小さな習慣と同じように最小限にまで分解し、自分の生活に困らない金額はいくらかと判断して設定する必要がありますね。

 

私の場合には、10年後の65歳で夫婦で遊びに行く資金貯めと言う事で、毎月3000円を投資信託に振り向けました。たった3000円なら無理しないで続けられます。

 

しかも、ご丁寧に1500円づつ国内インデックスファンドと海外インデックスファンドの2つに分けての投資です。ここが少しリスクを犯しての内容ですね。特に海外インデックスファンドはハイリスク・ハイリターンですので、このリスク分を国内インデックスファンドでカバーするわけです。

 

儲けようと言うのが目的ではなく、積立を銀行の定期預金より効率用やりたいという意味だけですので、こんなものでいいんです。

更に追加として

更に、毎月ちょっとでも余裕が出たら小口株へ投資するようにしました。

 

ちょっとってどのくらいか?って言いますと、10000円ほどです。普通、10000円では株なんか買えませんよって思いますよね。

 

そこは世の中進んでいまして、学生でも手軽に株が購入できるように小口株として金額ベースで購入が可能になったんです。

www.onetapbuy.co.jp

 私も使用しているのが、One Tap BUYと言うスマホ証券。未だ始めたばかりですが、1000円から始められるので、これも銀行の定期預金よりマシだなって思いで初めるのが良いと思います。

 

毎月月末に余った分だけここに投資すれば、毎月すこしづつでも株式運用が出来るというもの。大金を投入して上がった瞬間に売るとか言う方法ではなく、貯金代わりに運用が目的です。

 

当然、元金保証はされませんが銀行定期よりはマシじゃないかなって思っています。世界大恐慌が来ればどちらも同じですからね。

 

このOne Tap BUYは一般的には買えそうもない会社の株を持つことが出来るので、ちょっとだけ夢が広がります。

 

私はここで、AppleAmazonSTARBUCKSの株を保有しております。金額比率になりますので0.0X株程度ですが、保有していることには間違いありません。

まとめ

老後の生活費に当てる資産運用は、考え方によっては色んな方法がありますので、自分にあった方法を見つけるのがベターだと思います。

 

その為には色んな情報を集め、自分で納得し判断することが大事ですね。

 

その中で絶対にしてはいけないことは、人件費が書かている実銀行や実証券会社は使用しないということ。

 

実店舗がある場合には、そこの店舗を維持する費用、そこで働く人の給料を売った商品から回収しなければならないので、説明をされるほど美味しい話は絶対に無いということです。

 

うまい話にはいうらが有る、これ絶対にアタリマエのことです。このリスクをどのくらい抑えるかが最も大事なことですので、そこのところを忘れないでね。

 

 

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。