読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で、写真を通して感じた事、自分の思った事を徒然に書いてます。雑記に近いかも・・・

4月初めの新治里山 その3

スポンサーリンク

こんばんは、サイト管理者のふぇいやんです。今日も昨日の続きで新治里山の事をお届けします。だいたい1回写真を撮りに行くと100枚前後の写真は撮るので、行った所の紹介をするとやはり数回になってしまいますね。

ちょっとシツコイかもしれませんが、そのへんはご勘弁をお願いし、しばしお付き合いください。

 

新治里山も、雑木林や針葉樹の森から出てくると、そこはやはり日が沢山当たるためにいろいろな野草が咲き乱れるような草むらが広がっています。

これ何だかわかりますか?日向で露出を少し絞ったら、紫の花と濃い緑の葉と茎のために上手く分からなくなってしまいましたが。

f:id:sek-loso0228:20170409133448j:plain

新治里山 EOS 5D Mk2 + Helios 44-3 58mm/f2

 

これですね、ヒメオドリコソウの群生です。パット見た感じがホトケノザのセを高くした感じなんですが、花の大きさとか全然違いますね。ただ、葉っぱの形は似てなくもない。

 

そうか、この時期はホトケノザもそうですが、紫系の色の花が多いですよね。この花も薄い紫色です。ムラサキハナナですね。

f:id:sek-loso0228:20170409134200j:plain

新治里山 EOS 5D Mk2 + Helios 44-3 58mm/f2

 

また、前回は見られなかったつくしも、日がサンサンと降り注いている草むらには沢山目を出しておりました。ただ、自分の実家の方に比べると背が低いな、そのように率直に感じました。

f:id:sek-loso0228:20170409134452j:plain

新治里山 EOS 5D Mk2 + Helios 44-3 58mm/f2

 

日当り良好な場所では、桜ではなく桃の花かな満開で綺麗でした。梅や桜よりも花びらの数が多いように感じましたので、多分ももじゃないかと。

f:id:sek-loso0228:20170409134801j:plain

新治里山 EOS 5D Mk2 + Helios 44-3 58mm/f2

 

花びらを見ると簡単に見分けられるようで、丸いのが梅、先端が2つに割れているのが桜、先端が尖った感じが桃らしい。ここは中に入れなかったのでそこまで細かく見れなかった。

実際いは、桜との区別は出来ますが梅と桃の区別は難しいですよね。白い梅だけがハッキリ見て分かる程度で、ピンクの物はなかなか花びらを取って見ないと遠くからはわからないよね。

 

そしてこの時期忘れてはいけない花がもう一つ、水仙ですよね。冬から春に掛けての花で、これが終わると本格的に春になるかな。

f:id:sek-loso0228:20170409135404j:plain

新治里山 EOS 5D Mk2 + Helios 44-3 58mm/f2

 

多分、新治里山に今度行くときは4月末か5月の連休明けになると思います。その頃は春本番で多くの昆虫や野草が咲いていることを期待しております。

 

ここに行くと、昆虫写真が撮れそうで楽しみの一つでも有ります。新治里山については、季節ごとに追いかけていこうかと思います。またいつか次の季節に。

 

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。