思った事を素直に書こう!今この時を生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

雨が降る前に、いつもの街角から離れて里山を歩いてきたよ〜。

スポンサーリンク あとで読む

こんにちは、サイト管理者のふぇいやんです。昨日とは変わって、今日は朝からどんよりとした天候です。昼頃には雨が降ってきそうな予報にもなっています。

 

久々に、街角散策から離れて里山の自然の状況を探りにちょっとだけ行ってきました。マクロレンズを持ってのお写んぽです。

f:id:sek-loso0228:20170723132443j:plain

EOS 5D Mk2 + Carl Zeiss Pancolor F1.8/50mm

 

天候は曇りなので、刺すような日差しは有りませんがやっぱり暑いです。ここのところ、Leica D-LUXType109のフォーサーズでのスナップばかり撮っておりました。

 

今日は久々に一眼レフを持っての撮影ですね。久々に持つ一眼は重いわ。

 

f:id:sek-loso0228:20170723132748j:plain

EOS 5D Mk2 + Carl Zeiss Pancolor F1.8/50mm

 

曇りなんですが、Pancolorの映りは非常に明るく写るんですよね。露出を−1に設定していてもこの明るさで写るんです。

 

参考までに、今日の写真も全てRAWで撮ったものですが、直接JPEGへ現像するだけで何も修正は掛けておりません。

 

栗の実が大分大きくなり、沢山なっております。正に鈴なり状態かな。

 

f:id:sek-loso0228:20170723133028j:plain

EOS 5D Mk2 + Carl Zeiss Pancolor F1.8/50mm

 

手前のアジサイがしっかりとボケてくれるので、メリハリがある良い写真になります。1980年代のオールドレンズでも、マダマダ現役バリバリで使用できますね。

 

f:id:sek-loso0228:20170723133203j:plain

EOS 5D Mk2 + Carl Zeiss Pancolor F1.8/50mm

 

割りと寄って撮ることもでき、結構満足のいくレンズです。同じアングルでCANONのEF100マクロで撮ったものもありますが、やはり画質はかなり違います。

 

こちらの方が、柔らかさがあるかなぁ〜。

 

f:id:sek-loso0228:20170723133354j:plain

EOS 5D Mk2 + Carl Zeiss Pancolor F1.8/50mm

 

マクロレンズではないのですが、このヤブカラシを食べているマメコガネの顔も、目や触覚がハッキリ分かるくらいピントは切れています。

 

50mmの標準レンズでここまで撮れるので、なんだかCarl Zeissマクロレンズが欲しくなってしまいますね。

 

f:id:sek-loso0228:20170723133648j:plain

EOS 5D Mk2 + Carl Zeiss Pancolor F1.8/50mm

 

前回来たとき、まだ田植えが終わったばかりでしたが、もう大分大きく育ちましたね。田んぼ内に潤沢に水は入っていませんが、ホタルが見れそうな環境なんです。

 

まあ夜来てみたいと言う気はかなりあるんですが、ここまで夜来て何も見れなかったらと思ってしまうと、二の足を踏む状況になるんですよね。

 

まあなんだかんだで2時間半、里山周辺をぐるぐる散策してみました。同時に昆虫中心に撮ったマクロ写真は、別の機会にアップしますね。

 

暑い中、フルサイズ一眼と100mmマクロレンズを付けたカメラは結構重くて、汗だくになってしまいました。

 

街角スナップも良いですが、マクロによる昆虫写真もやっぱ良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。