気がつけば既に1344時間、時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

気になるニュース、プレミアつくかなぁ

スポンサーリンク あとで読む

皆さんこんばんは~、今日は鼻水だらだらなんで1日家の中で過ごしました。やる事もなくネットを見ていると、すごく気になる記事を見つけました。

私も写真を撮っているので、カメラメーカーの動きには結構敏感なんですが、そのカメラメーカーに関する話です。

 

カメラメーカーは数ある中で、あのLeicaにMade in JAPANでOEMしているメーカーといえばPANASONICなんですが、そのパナソニックに関しての記事。

以下はその引用になります。

www.nikkei.com

 

 

今日の日経新聞に、デジタルカメラなどの3つの事業部を解体し、人員を削減するとのことです。解体するということは、デジタルカメラ関連を手掛けていた事業部が無くなるわけで、そうするとLUMIXなどのパナブランドの製品更新が遅くなるのではないかと

心配になりますよね。(実際にデジタルAVC部門なのかは、まだ分かりませんが)

 

パナといえばLUMIX GH5を出したばかりで、画質的にもかなり良いとの評判が出ている矢先の話ですからね。Leica、FIJIに続いてローパスを削除して色づくりに取り組んでいる姿勢は、個人的にかなり評価します。

 

それともう一つが、Leicaへの供給です。LUMIXシリーズは中国で生産しているようですが、Leicaへの供給モデルは日本で作っているようですから、当然コストと供給量のバランスでOEMを打ち切る、または値上げが十分考えられますよね。

際のGH5じゃないですが、パナの色づくりへの取り組み姿勢などがLeicaにも評価されているのではないかと思うと、今回の内容は後々影響が出てくると思いますよね。

 

ちょっと前には、Nikonも同じように縮小をしていますのでカメラ業界はやはり厳しいのかな。いくらマニアがデジイチだ、フィルムだと言っても実際にコレクション的に購入する人は限られていますからね。

 

またスマホのカメラの機能がずんずん上がってきている今、コンデジの絶滅に拍車をかける状況だと思います。だから、カメラメーカーは厳しいのでしょうね。

 

総じて思ったのは、新年度以降に動きがありますので、LUMIXシリーズよりOEM供給しているLeica D-LUXの方が流通在庫分で終わりとかなって、年末頃にはプレミアが付くかなって予測してみたりして。

 

いづれにしても、この動向は要注意アイテムですよね。

 

今日も読みに来て頂きありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。