思った事を素直に書こう!今この時を生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

願い事を叶える、もっとも重要な3つの事。これを守れはあなたも幸せになれる、と思うよ。

スポンサーリンク あとで読む

こんばんは、サイト管理者のふぇいやんです。2017年の夏休みに入りましたよ。ひゃっほぉ〜、暫くの間頭を空にして充電しないとね。でも暑くて放電のほうが大きかったりして、ハハハ。

 

さて、今年の後半戦を上手く乗り切り鬼が笑うかもしれないですが来年の運気を上げるためにも、今日からもう一度機会が有ったら神社に行ってお祈りしないとね。

 

前回、こんな記事書いたら結構評判だった。もう少し噛み砕いて書いていこうかな。

 

www.tokilog.jp

 

 

 

はじめに

まずさ、神社に行ってお祈りする時にも実はちゃんというべきことが有るんだよね。前回の補足を含めて今回紹介しちゃうよ。

 

f:id:sek-loso0228:20170806170943j:plain

まず神社に行った時、鳥居の脇を通り呼吸のしかたは前回お教えした通りだ。忘れてないよね。

 

そしてまずは手水舎で手と口をすすぎ身を清めます。そして御神体に向かいお祈りをするんですが、ここで1番注意しなければいけないこと知ってますか?

 

神社でお祈りをするということは、神様とコミュニケーションを取ることなんです。人間でもそうですが、コミュニケーションを取る時に相手の事以外のことを考えていては上手く会話が出来ませんよね。

 

そう、もう分かりましたね。神様にお祈りする時には、邪念や雑念をはらい無心になることです。

 

心の中や頭の中が、雑念と頼み事で溢れていては、神様も中に入ってコミュニケーションを取ることが出来ないんです。そう言う人は、祈る前に帰ったほうが良いですよ。

 

 

そして雑念が無くなったら、賽銭箱にお金を入れてお願いの準備に入ります。

f:id:sek-loso0228:20170806172010j:plain

この時、よく幾ら入れたら良いかなんて考えるけど、お布施は気持ちで強要されるものでもないんで自分で思っただけで良いみたい。要は気持ちだよね。

 

そして二拝二拍手一拝をします。

f:id:sek-loso0228:20170806172358j:plain

そしてここからが最も大事なこと。前回書いたことに追記内容がここだよ。

 

1番目 自分の住所と氏名を伝える

そもそも、神社にお願いに行って名を名乗らなかったら、お願いの叶えようが無いよね。これは神様だって同じだよね。

 

更には、世の中には同性同名の人もいるだろうし、そもそも心の中でつぶやくだけで漢字で書かないから、住所まで言わないと名前だけでは人物特定が出来るわけがない。

 

神様だからそんなの分かるだろうって思うのは、あんたが勝手に思っているだけなんです。

 

まず、◯◯県□□市△△町XXX番地に住む、まるでだめおです。という具合に名乗ることが重要。

 

ここ忘れやすいので注意ね。これ忘れたらその時点で願いは叶わないから。

 

2番目 伝えるのは感謝の気持ちが中心で願いは+1のみ

うちの家族もそうですが、神社に行ってお願いをする時にあれもこれもと沢山お願いをすることが多いと思います。

 

一般的な人は殆どがそうじゃないかな。それって逆に欲深く雑念が多いって事になるから気をつけようね。

 

最初にまずは感謝の気持ちを神様に伝えることが重要。何時も見守っていただきありがとうございます。とか、参拝できて感謝いたします。とか、神様をまずは敬う気持ちを述べるのが最初。

 

そしてその後にお願いすることは一言でお願いするのが最も重要なことなんです。あれももれもは厳禁。

 

お願いは一つにする事。

 

3番目 最後に祝詞を唱える

これは俺も知らなかったことなんだけどさ、一般の人はたぶん2番目で終わってしまうんじゃないかな。

 

事実俺もそうだったんだよ。

 

でも実際には、感謝の意を唱え、お願いをして最後に祝詞を唱えることで参拝は完了するんだって。

 

祝詞ってなんだ?って思うよね。

 

よくお祓いに行くと神主さんが唱えているあの文句。

はらいたまえ きよめたまえ かむながら まもりたまえ さきわえたまえ

 

長くて覚えきれないよな。でもご安心ください、短縮形がちゃんとあるんです。

最低限の言う言葉は「はらいたまえ きよめたまえ」これだけでも良いのだそうだ。

 

この祝詞の意味は、「罪とけがれを取り除き、神様とうかお守りください、導きください」という意味らしい。

 

まとめ

どうですか、知っているようで知らなかったでしょう。この3つのことを守って神社に参拝を続けていれば、きっと神様がバックに付いてくれること間違い無しです。

 

前に言ったように、苦しいときだけ頼んでも絶対に聞いてくれません。常日頃から感謝の気持ちを忘れずに参拝をしていることで、神様に印象づけが出来、本当に困ったときに神様が助けてくれるのです。

 

さあ明日からあなたもこの3つの教えを守り、率先して神社にお参りするようにしましょう。されば運は開かれん。

 

俺はこれで幸せになったと思うよ。