時のログ

モノクロ写真時々独り言、文字は心をあらわす、今思った事を素直に書こう!

何故か注目されてる、オラが田舎のこのお店!

あとで読む

スポンサーリンク

おはようございます。サイト管理者のふぇいやんです。日曜日の夜の話になりますが、折角なのでちょっと記事に書いておきます。

 

俺の田舎には、何故か最近有名なレストランのチェーン店が有るんだよ。職場でも最近耳にするし、Twitterでもよく聞かれるお店なんだよね。何で有名になったのかなぁ〜?

 

f:id:sek-loso0228:20180227052716p:plain

 

そのレストランは、ローカル色豊かでリーズナブルな価格が特徴のレストラン。若かりし頃には、給料日によく行くような感じのファミリーレストラン

 

ただし、普通のファミリーレストランよりはメニューに特徴が有ったんだ。

 

 

店の名は

俺の田舎は東西に150kmもある県で、太平洋側にあり東京から2時半で自宅に戻れる。高速を使っても、新幹線でもだいたい同じくらい。

 

この店は、元々が西部地区が中心のお店であり、俺の地元には無かったんだ。でもいつ頃だろうかな、そんなに遠くない昔に地元にもできたんだ。

 

このお店、何故か有名なお店で行ってみたいと言う声をよく聞くんだよね。

 

お店の名は・・・「炭焼きレストラン さわやか

 

そう、炭焼ハンバークで有名なんだ。

 

お店に入り、テーブルの上に置かれる紙のマットがさわやかMAPと言って、県内のお店がある位置と、歴史が紹介されているんだ。

 

f:id:sek-loso0228:20180227053730j:plain

 

創業の店は、俺の嫁さんの実家の街にあるんだよね。

 

このお店の一押しメニュー

このお店、最初はコーヒーショップだったようだが、途中から炭焼きレストランになったようで、創業は1977年なので40年以上も前のことなんだね。俺が中学の頃か。

 

このお店は何が有名なのかと言うと、炭焼レストランと言うくらいなので、焼き物なんですが、特に肉系が有名なんです。

 

その中でも特に有名で、Twitterなので評判なのがハンバーグなんです。だいたいみんな、このハンバーグを食べてみたいと言うんですよ。

 

ハンバーグと普通は言えば、びっくりドンキーやビックボーイとかが思い浮かぶのですが、俺の地元ではやはりさわやかってなるんです。

 

決してびっくりドンキーやビックボーイが無いわけじゃないですよ。でも田舎では、ハンバーグと言えばさわやかっていうのが定番なんです。

 

なぜ有名になったか

このお店のハンバーグに特徴があり、普通の小判型ではなく真ん丸なげんこつハンバーグなんです。しかも牛肉100%が特徴。

 

f:id:sek-loso0228:20180227054854j:plain

 

出された時には、一見よく焼けているようですが、実は回りはしっかり焼いてありますが、中身は未だ赤い半生状態なんです。

 

それを店員さんが目の前で半分に切り、お肉を鉄板に押し付けてジュージュー音を立てて焼くんです。

 

そしてオススメなのはオニオンソース。ソースを掛けて更に追加でジュージューと音を出す。まるで生きているみたい。

 

f:id:sek-loso0228:20180227055112j:plain

 

この後でも未だレア状態なので、一口サイズに切ってからも少し鉄板に押し付け、肉汁が溢れ出るくらいになったら食べごろ。

 

普通のハンバーグのように牛と豚の合挽きではないので、レア状態で食べるのが特徴なんです。だから、レアが苦手な人は食べれないかもしれない

 

このハンバーグがなぜ有名になったのか、それは県外では売っていないからなんです。B級グルメ浜松餃子富士宮やきそばが有名になりました。

 

みんな県外でも食べられますが、このさわやかのハンバーグだけは県外では食べられないのです。

 

なぜ県外では食べられないのか?

これはオーナーの強いポリシーが基本に有るんですね。実はこのハンバーグの原料はなんと当日使い切りだそうです。

 

一括してお店の工場で材料の仕出しがされて、県内の各お店に配送されます。生肉ですので、配送には時間が大きく影響しますので、鮮度を保てる県内しか配送範囲がないそうだんです。

 

鮮度が命の理由は、先に書いたようにレア状態で食べるハンバーグだからなんですね。これをしっかりと火を通すタイプだったら、こんなことは考えないで全国チェーンになったんじゃないかな。

 

さわやかは、俺の県にしかない実はローカルなチェーンレストランなんだよね。

 

このオーナーポリシーのおかげで、今では県外からも多数来られるようになり、お店は昔以上に混んでるんです。

 

この前の日曜日も、17時に行ったのに既に30分待ち状態だった。帰る頃には店の外にまで行列ができてたな。

 

駐車場の車のナンバーを見ると、えええぇ〜、そんなとこからも来るのって言うナンバーも有るよ。

 

ただ、サイドメニューの野菜は、昔のほうが沢山有ったようなきがするなぁ〜。前はハンバーグと野菜で溢れそうだったからね。

 

まとめ

俺の地元のさわやか、是非来て自慢のげんこつハンバーグを食べて欲しいな。兎に角最初に中が赤いハンバーグを見ると、えっ、これで食べるのって殆どの人は思うから。

 

俺も一番最初に食べた時はそう思ったもの。

 

でもね、1度じゃ無理だけど2度食べたら病みつきになるね。外はしっかり焼かれていて、中はふんわりレア状態でも肉汁はたっぷり

 

そして何とも言えないオニオンソースで食べるげんこつハンバークは、間違いなくお店の一押しメニューだって感じるから。

 

価格も田舎だけ有って非常にリーズナブルだから、ちょっと足を伸ばしてでも1度は食べにいて欲しいな。

 

俺の田舎で自慢のお店の話でした。

 

今日も見に来てくれてありがとう。

f:id:sek-loso0228:20180205184820p:plain