気がつけば既に4296時間、プロブロガーになりたい俺が時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

帰省してお盆での出来事!信じる信じないじゃなくご先祖は大事だと体験したぞ。

スポンサーリンク あとで読む

こんばんは、サイト管理者のふぇいやんです。夏休みも終わったので、ここでちょっと帰省時のお盆での出来事を書いちゃうね。

 

恐怖体験とかそう言うのじゃないけど、ご先祖様はよく見てるって本当だと思った。

f:id:sek-loso0228:20170818072643j:plain

 

天候不順だったこの夏休み、少し晴れ間が出ても結構涼しくて赤とんぼが多数舞っていたんだ。これを見るだけで、晩夏って感じがしてくるんだけど。

 

で、俺が体験したのはだな、急激な動悸と目眩に襲われたんだ。忘れもしない14日だった。

 

いつもの様に昼寝をしていたんだけど、胸が苦しくて目が覚めたんだ。起きた時の動悸となんだか目眩が激しい。もともと高血圧気味なので、久しぶりに再発したんかなって思っていたんだ。

 

薬を飲んでも治る気配が無いので、しばらくじっとしていた。

 

ちょっと脈が速いが何とか収まってきたので、そのままとしていたんだ。お盆で医者も休みだしさ。

 

翌日の15日、仲間に誘われて久々に飲みに行った。何時もならどうってこと無い生ビールの1杯目から結構脈が加速しだした。あれれれっておもったけど、まあ治るだろうって気にせず飲んだ。

 

すると口から心臓が出るんかって思うほど速くなってきたし、時々脈が飛ぶんだ。ヤバイ、不整脈まで追加されたか????

 

という事で嫁さんを呼んで1時間速く切り上げて帰った。

 

 

その後、しばらく行っていなかった物見のところに家内安全、身体健康の祈願に出かけたときのこと、話をしている中で彼岸と盆はちゃんと先祖を供養しないとダメだと言う話になった。

 

やはり先祖はちゃんと見ているから、先祖を敬う気持ちは大事にしないとと言う話だったんだ。

 

そうした時、はたと思い出した。俺って実はおばあちゃん子だったんだ。しかし、今年は帰省してから線香も上げてないし、仏壇にお参りもしていなかった。

 

あっ、もしかしたら帰省しているのに忘れている俺を気づかせるために、じいちゃんばあちゃんが俺の持病を使って教えに来たんかなって思った。

 

帰宅後にちょっと遅くなったが仏壇に線香を上げた。折角なので墓参りにも出かけたんだ。

f:id:sek-loso0228:20170818073823j:plain

夏の墓参りは結構辛いね。うちの墓は結構上の方に有るんで、急な階段を登っていかなければ行けないんだ。蚊に刺されながらも墓参りへ。

 

f:id:sek-loso0228:20170818074133j:plain

自分の墓の前に行き、湯呑みの水を変えお線香を上げてちゃんと謝った。遅れてきてごめん、彼岸はもっと早く来るって。

 

来た道をトボトボと歩いて自宅まで帰った。どうしたことだろうか、アレだけひどかった動悸も急に軽くなってきた。

 

やっぱりじいちゃんばあちゃんが来て欲しかったのかなって本当に思ったぜ。世の中に虫の知らせとかいろいろ有るが、やっぱり先祖が何かを伝えようとしているんだな。

 

今まであまり信じなかったが、やっぱり先祖は敬わなければ。喉元過ぎて忘れないように、固く肝に命じておこうと思ったんだ。(何時まで忘れないでいるかは・・・少々疑問だが。)

 

 

 

f:id:sek-loso0228:20170818074558j:plain

帰り際、谷川の土手ではススキも大分増えてきて、気の早いススキの中には穂が少し開きだしているものも有ったよ。

 

みんなも先祖は大事にしろよ。人間は一人で生きているんじゃないって、未知なる体験をするとつくづく感じさせられるぜ。

 

8月も半分過ぎた。暑い暑いも彼岸までと言うが、今年の残暑はどうなんだろうね。

 

 

怖くないけど、今年の夏は良い経験をしたな。