思った事を素直に書こう!今この時を生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

サイト解約戦線終結、2ヶ月間の戦いが終了へ!結局誰のせいでもなかった?

スポンサーリンク あとで読む

こんばんは。サイト管理者のふぇいやんです。以前から数回書いたサイト解約戦線がついに集結したんで報告するね。

 

この2ヶ月間は何だったんだろうね。いきなり満塁ホームランで試合終了ってな感じで終わったような感じがするんだ。

f:id:sek-loso0228:20171002222006p:plain

 

結局のところ、本件については、こんな感じの記事を書いてきたんだよね。

 

www.tokilog.jp

 

この決着がついたって事で、今回がまとめの記事になるんだ。

 

 

そもそもの始まりは

今回の問題が発生した経緯をもう一度最初から整理して書いていこう。

 

今回の問題が発覚したのは、毎月クレジットカードから引き落とされている570円と言う金額を停止しようとしたところから始まっている。

 

この金額は、とあるサイトのPRO会員の月額使用料だ。ほとんど使ってもいないサイトなので、ムダな570円を停止して節約に当てようと考えた。

 

そこで停止処理をしようとしてそのサイトにログインを試みたが、まったく受け付けられずに弾かれる状態になった。当然ですが、何で?って不思議になりますよね。

 

そこでそのサイトは電話での受付は一切していない(電話番号の記載はない)ので問い合わせフォームからの問い合わせのみでの対応らしい。

 

注意書きを読むと「問い合わせ内容によっては回答できない場合があります。」と先制攻撃のような言い訳分が最初から記載されており、何となく嫌な感じがした。

 

しかし、他に方法が無いので問い合わせフォームに記載して回答を待つことにした。

 

問い合わせフォームで問い合わせたものの

結局、問い合わせフォームで問い合わせたにも関わらず、返信がまったくなかった。とは言え、他に方法が無いのではしょうがなく、もう一度書き込んで待つことにした。

 

f:id:sek-loso0228:20170905201014p:plain

おーい、一体全体どうしてしまったんだ。回答できないパターンなのか?なんて自分でネガティブな方向に考えが向かい始めていたことのこと、青天の霹靂のごとく回答が居たのが前回までの話。

 

先方の送信メールが変な状況になっていたという言い訳でった。しかし、今となってはそんな事はどうでも良いんだよね。

 

その後、先方も誠意を見せて状況調査を行ってくれたんだ。問い合わせフォームしか受け付けない割に、一生懸命なんだなってちょっとだけこの時点で感心したんだ。

 

衝撃の結末は

まず、ログイン出来ない状況について新たな事実が判明。結果を聞いて、個人的にも青くなってしまった。

f:id:sek-loso0228:20171002223805p:plain

なななんと〜! 既に自分で実施した記憶が無いのだが、6月に退会処理を実施していたようなんです。従って、何回やってもログインできないわけなんです。それを、ログインできないってクレームすること自体が・・・・恥ずかしい話なんですね。

 

そして、退会処理をした関係でPRO版の契約も自動的に終了するはずだったのですが、これが先方のシステムの問題で解約が出来ていなかった。

 

従って、結果的に使用料が引き落とされていたということになるんだ。

 

まあここまでで、1勝1敗ってことでしょうか。

 

 

ここで先方の素晴らしいことは、システムの不具合により既に引き落としがされてしまった570円に関して戻入処理をするから取引口座を教えてくれとの事。

 

ス、凄いじゃない。570円ってさ下手すると半分の振込手数料が掛かるんじゃないんの。それでも返金するって言う誠意を見せているんだ。

 

とりあえず、先方からの要求だったので振込口座を連絡して本件はほぼ終了になった。

 

まとめ

結局、2ヶ月ほど掛かって先方が無視しているんじゃないかなんて変に勘ぐった本件でしたが、終わってみれば結局は誰のせいでもなく、単にシステムの不具合があったっていうありきたりの結末だった。

 

問い合わせフォームしかないようなサイトだったので、非常に心配になったのですが、結局のところメール不達の原因調査から、570円の戻入まで誠心誠意対応をしていただいたことにはある意味感心した。

 

えてすれば、あんたが解約したんだから知らないって言えば、決して言えないケースではなかったと思う。そうすれば、結局こっちが泣き寝入りで570円の処理がどうなるのかも解らなかった。

 

カードの状況を確認しても、6月に解約処理をして6月分、7月分が請求されただけで止まっていたということは、先方も途中で気が付き処理が出来たという事。

 

 

酷いサイトも多々ある仲、ある意味非常に顧客最優先の会社に当たってよかった。俺だってクレーマーではないので、相手が誠意を出してくれれば直ぐに譲歩するんだよね。

 

 

余談だが、570円について面倒だから良いですと断ったが、それではマズイと難度も振込口座を聞いてきたので、最終的に答えたが非常に頭が下がる思いだった。

 

これでサイト解約戦線は完全に終結しました。