時のログ

文字は心をあらわす、今思った事を素直に書こう!

今週の大雪で、昔のことが蘇ったよ。そう、50年に一度の大雪に出会った事。

あとで読む

スポンサーリンク

おはようございます。サイト管理者のふぇいやんです。今週の月曜日は午後から大雪になったんですよね。もう木曜日なのにさ、相変わらず道の脇には積雪が凍ったまま残っている。

 

それほどたくさん降ったんだよね。ホント、すごかったよなぁ〜。

 

f:id:sek-loso0228:20180124195925j:plain

 

 

そんな大雪が降った時に、雪で真っ白になった道を帰りながら思い出したことがあったんだ。

 

そう、あれは2007年だったかな、2008年だったかな?まだ頻繁に中国出張をしているときのことだったんです。

 

忘れもしない休日の土曜日。寒い日で、朝から雨が降っていたんだよね。ちなみに俺が居たのは江蘇省蘇州市だった。当時、中国に出張に来だして3年目かな。

 

こんなに寒い日は今まで無かったなぁ〜なんて思っていたんだ。寒い寒いと言いながらホテルで暖房のエアコンを全開にしていた。

 

午後も3時を廻りだした頃だろうか、白いものが混じりだしたんだよ。白いものが混じったって白髪じゃないよ。

 

だんだん落ちてくる白いものは大きくなってきたが、雨まじりだったので積もっても直ぐに解けていたんだよね。

 

江蘇省でも雪がふるんだって、初めてのことで感動していた。まあその日は積もっては溶け、積もっては溶けしていたのだが、翌朝の日曜日は一面が銀世界になっていた。

 

しかも未だ雪は降り続いている。

 

積雪は30cmで、この辺の人も初めてのことだったらしい。朝6時に目が覚めて、早々に朝食を済ませて誰もいない文化遺産となっている留園を見に行ってきた。

 

誰もいないだろうって思ったのですが、そうは桑名の焼き蛤で既に写真撮影をする人が何人か訪れていた。ちくしょ〜、1番じゃなかったかとがっかりした記憶がよみがえるね。

 

まあその日は休みだったので、嬉しくていろんなところに行ってみたんだよ。

 

大変だったのは週明けの月曜日

 

ホテルをチェックアウトし、別の場所に仕事で行かなければ行けなかった。しかし、大雪のせいで予約したタクシーが来ない。

 

ぶったまげたのは、雪は殆ど降らない地域なので、スタッドレスタイヤなんて無い。なんてったってチェーンすらない。そう、みんな晴れ用の普通のタイヤで運転しているので、怖い度を超えていた。

 

予定より3時間遅れで到着したタクシーで目的地へ。当然、雪のために思うように進まない。結局8時間の勤務予定時間中、移動だけで6時間も取られてしまった。

 

普通だったら2時間出いける場所なのにさ。

 

悲劇は更に続いた。移動先から更に上海へ移動。明朝日本に帰国するために移動だ。これもまた事故に合わないかヒヤヒヤしながらの移動だったんだよね。

 

雪は翌朝も続く。上海市内から浦東国際空港に向かうも、機能と同じ晴れタイヤを付けたタクシーしか無い。そのタクシーに乗って高速を空港へ。

 

分かる?雪の中を晴れタイヤで爆走だよ。とても狂気の沙汰ではない。しかし、スタッドレスやチェーンなんか存在しないのだからしょうがないよね。運を天に任せるとは正にこの事だと・・・

 

なんだかだで空港には着いた。早速チェックインをし、飛行機は定刻通りか確認すると没問題て返事が。ホントかなぁ〜と思いながらイミグレを通過し出国。

 

朝早くてお腹が空いたのでレストランで食事をする。しかし、何時もより人が多いなと感じていた・・・そう、それは間違いではなかった。

 

 

雪が降っても晴れ用のタイヤしかない国だよ。危機管理能力って言う言葉が有るのかと疑いたくなった。

 

 

なんと!

 

滑走路の雪かきが出来ないので、飛行機が着陸できないのだ。昨日到着して居た飛行機も、滑走路が雪で埋まっているので離陸できないでいる。

 

人が多くて当たり前だよね。普通だったらさ、チェックインさせないし、出国手続きだってしないと思うよ。でもなにもないように実施するのがこの国なんだよね。

 

結局、6時50分の定刻になっても折り返す飛行機が来ないのだから出発なんか出来るわけがない。

 

結局、10時位まで待たされて挙句の果てに再入国しろと。

 

ええええええぇ〜

 

パスポートの出国印の上にキャンセルの印を打たれた。そして再び入国の印が・・・出国のキャンセルなんて人生で初めて。

 

キャンセルについて理由を書いてないので、以降入国する度にこのキャンセルの所でチェックが引っかかるようになってしまった。 

 

一旦入国した後、中華東方航空が運営するホテルまでバスで移動し、昼食と飛行機が離陸できる準備ができるまで待機となった。

 

全て人生初めての経験。

 

 

そして、結局朝6時50分の便は夕方19時50分に目的地の中部国際空港に向けて飛び立ちました。

 

家まで帰る新幹線が無くなるので、結局その日はセントレアに宿泊となった。全てが人生初体験の連続。

 

今回の大雪で、このおぞましい事件が蘇って来ました。この大雪は中国でも50年にぶりの大雪だったとのこと。

 

スゴイよね、50才前なのに50年にぶりの大雪に当たるなんてなんとくじ運が強いこと。

 

まあ今となっては貴重な体験したなって思いますけどね。

 

おしまい

 

今日も見に来てくれてありがとう。