気がつけば既に3576時間、プロブロガーになりたい俺が時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

苦しいときの神頼みが叶うためにやっておく3つの習慣

スポンサーリンク あとで読む

こんにちは、サイト管理者のふぇいやんです。みんなさ、困ったときに苦しいときの神頼みってな感じで、神様にお願いするだろ。

 

でもさ、困ったときにだけお願いするって何だかズルくね?

 

f:id:sek-loso0228:20170722193714j:plain

 

 

はじめに

苦しいときにこそ神様に助けていただかなければいけないよね。でもさ、普段あまり信じていないのにさ、困ったときにだけお願いするっていうのはハッキリ言ってズルい

 

もし、俺が神様だったらこう言うね。

 

「おまえ何言うてまんねん。そんな困ったときにだけ言ってきたって、叶えられるわけないやろ。いっぺん出直してこんかい!」

 

ってね。

だから、そんな風にならないように、俺がいつも実行していることについて話をするね。

 

よ〜く聞いてくれよ。スゴく大事なことなんだ。

 

俺が実行していること、その1

まずさ、普段外出したりして歩いているとき、神社などの近くを通過する事が結構あるんじゃないかな。

 

そんな時、帰宅前の時なら神社を見かけたら特別中に入らなくても、歩きながらでも軽くお辞儀をして、心の中で「いつもありがとうございます。」とつぶやく。

 

家路に向かう帰宅時なら、心の中で「今日も1日ありがとうございました。」とつぶやく。

 

必ずではないが、気が付いた時には必ずつぶやくようにし、この行為を習慣化するんだ。

 

俺が実行していること、その2

当然みんな知っていると思うが、神社に行って鳥居をくぐる時には真ん中を歩かないのは常識だよね。

 

真ん中は「正中」と言って、神様の通り道だから我々は中央を外してくぐること。出来れば1の鳥居からくぐっていくと良いんだよね。

 

そしてここ大事だからメモしてね。

 

参道を歩くとき、神聖な神社の気を体内に取り込むように、左足では息を吸い、右足では息を吐くようにする。

 

そうすることで、大地の気が体内に入り、悪い気が大地に戻っていくみたいなんだ。

俺が実行していること、その3

神社にお参りに行ったとき、必ず住所と氏名を正確に言う事。住所と氏名が分からなければ、神様だって誰なのかが分からない。

 

仮に願いを叶えてやろうとしても、お前は誰やねんってなふうになって、折角願いを叶えてあげようと思っても、住所氏名が不明で叶えられんわって願いがボツになっちゃうんだよね。

 

だから、二拝二拍手一拝を行った後、県名からの住所を言い、その後氏名を名乗る事。

 

そしてもっとも重要なことは、お願いをしないということ。神社では願いではなく、お礼を言うだけにする

 

要は、何時も無事過ごすことができていることに対して感謝のお礼を述べる。何処の神社に行っても基本は同じで、お礼だけ述べる。

 

そうすることで、神様はこいつ一生懸命お礼を述べてくれて嬉しいやないか。今度こいつが困ったときに助けてやろうって言う気に神様もなるんだよね。

 

だからお礼だけ言う事

 

まとめ

簡単に言えば、欲を出してはいけない。いつも感謝の気持ちを伝えるようにする。そうすることで、神様はいつも見ておりひいきをする人、しない人を切り分けている。

 

まさかって思うだろうが、成功している人はみんなやっているみたいだよ。

この本を読むといろいろと書いてあるよ。

 

もっとも重要なことはやっぱり、欲を出さない、感謝する、そして信じることだね。

 

今回書いて有ることを習慣化すると、きっと神様が寄ってきて運勢が変わると思うんだ。

 

実行してみてよね。 

 

 

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。