気がつけば既に4296時間、プロブロガーになりたい俺が時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

ぶらり独りウォーキング 旧東海道 川崎宿 その1

スポンサーリンク あとで読む

こんにちは、サイト管理者のふぇいやんです。しばらく歩いていなかった、旧東海道の散歩。今回は川崎宿に入るために、大田区の六郷土手から歩いてみました。

 

 

 

京急六郷土手駅を下りて外に出ると、目の前に看板に年季が入ったような和菓子屋さんが目に飛び込みました。残念ながら営業はしていなかったですが。

f:id:sek-loso0228:20170702211705j:plain

Leica D-LUX Type109

 

旧東海道自体は第1京浜なので、大森当たりからなんの変化もない殺風景なものですね。

 

多摩川を渡るために、土手の方向に歩いて行く途中、振り返って駅方向を見てもあまり味のある景色じゃないです。

 

f:id:sek-loso0228:20170702211906j:plain

Leica D-LUX Type109

 

橋を渡るために階段を登っていくと、多摩川の河川敷が開けてきます。

 

f:id:sek-loso0228:20170702212127j:plain

Leica D-LUX Type109

 

何時見ても、殺風景な第1京浜ですね。

f:id:sek-loso0228:20170702212240j:plain

Leica D-LUX Type109

 

遠くに見えるのが川崎側のマンション群です。

f:id:sek-loso0228:20170702212311j:plain

Leica D-LUX Type109

 

多摩川って言っても、実際に水が流れている部分てそんなに広くないんですよね。地元静岡の4大河川の方がよっぽど広い感じがします。

 

f:id:sek-loso0228:20170702212557j:plain

Leica D-LUX Type109

 

さあ、ここを超えると神奈川県になりいよいよ川崎宿が始まります。

f:id:sek-loso0228:20170702212653j:plain

Leica D-LUX Type109

 

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。