気がつけば既に1344時間、時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

東慶寺(2017年4月)

スポンサーリンク あとで読む

ちょっと記述が遅れてしまいましたが、4月最初の土曜日に東慶寺に行ってまいりました。雨が降る中に出かけたので、凍える中での撮影でした。

東慶寺(とうけいじ)は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派の寺院である。山号は松岡山、寺号は東慶総持禅寺。寺伝では開基は北条貞時開山覚山尼と伝える。現在は円覚寺末の男僧の寺であるが、開山以来明治に至るまで本山を持たない独立した尼寺で、室町時代後期には住持は御所様と呼ばれ、江戸時代には寺を松岡御所とも称した特殊な格式のある寺であった[注 1]。また江戸時代には群馬県満徳寺と共に幕府寺社奉行も承認する縁切寺として知られ、女性の離婚に対する家庭裁判所の役割も果たしていた。

東慶寺 - Wikipedia

 

 

雨降る中、横須賀線北鎌倉駅で下車し一路東慶寺に向かいます。

f:id:sek-loso0228:20170403204541j:plain

北鎌倉駅 EOS M3 + BTK 58mm/f2

 

県道21号線をテクテクと南に向かって歩いていくと、300m弱でしょうか東慶寺の入り口に到着します。

f:id:sek-loso0228:20170403204836j:plain

東慶寺 EOS M3 + BTK 58mm/f2

 

あまり大きくない入り口で、山門が出入り口が同じなので雨降りは傘を指しているので渋滞になってしまいます。受付の裏手には、桜の花と梅の花かな沢山咲いていますが、雨に打たれて悲しそうだった。

f:id:sek-loso0228:20170403205144j:plain

東慶寺 EOS M3 + BTK 58mm/f2

 

山門をくぐった正面に出迎える金仏が一つ。やはり雨降りは淋しそうです。

f:id:sek-loso0228:20170403205410j:plain

東慶寺 EOS M3 + BTK 58mm/f2

 

その手前右手は本堂になりますね。ここも雨に打たれた桜が綺麗だった。

f:id:sek-loso0228:20170403205644j:plain

東慶寺 EOS M3 + BTK 58mm/f2

 

先の金仏の左手が白蓮舎で、右に行くと松岡宝蔵でその先が墓地になります。

f:id:sek-loso0228:20170403205826j:plain

東慶寺 白蓮舎 EOS M3 + BTK 58mm/f2

 

墓地は苔がたくさん生えており、時の流れを感じる場所で雨降に行くと特にマイナスイオンを感じますね。

f:id:sek-loso0228:20170403210021j:plain

東慶寺 EOS M3 + BTK 58mm/f2

 

墓地の入り口から松岡宝蔵、本堂方向を見た風景。

f:id:sek-loso0228:20170403210138j:plain

東慶寺 EOS M3 + BTK 58mm/f2

 

雨降りでなく、もう少し暖かければ桜も沢山先木々が綺麗だったでしょうね。

f:id:sek-loso0228:20170403210328j:plain

東慶寺 EOS M3 + BTK 58mm/f2

 

最後に桜を少々。

f:id:sek-loso0228:20170403210420j:plain

東慶寺 EOS M3 + BTK 58mm/f2

 

f:id:sek-loso0228:20170403210440j:plain

東慶寺 EOS M3 + BTK 58mm/f2

 

次回は暖かくなってからもう一度訪れたいですね。