時のログ

文字は心をあらわす、今思った事を素直に書こう!

NiceHash minerトラブル続出!素人考えの甘さが致命的。

あとで読む

スポンサーリンク

おはようございます。サイト管理者のふぇいやんです。MinerGateからNiceHash minerへ安易な気持ちで切り替えたのが大きな間違いでした。

 

泥沼化状態が手に取るように見えてきましたね。年末に向けて、ヤバイよヤバイよ!

 

f:id:sek-loso0228:20171224065500j:plain

 

全く情けない状況に陥っていますが、順を追って説明していきましょう。

 

 

まず、NiceHash minerをダウンロードして解凍したまでは何の問題はなく3つの設定まで終わらせたのは前回報告済みだよね。

 

まず最初につまずいたのはベンチマークの時だった。

 

ベンチマークが完了しない

ネットで読んでいくと、NiceHash minerはベンチマークを完了させないとPCの能力が判定できないので、どんな通貨をマイニングしたら良いのか分からないようだ。

 

だったら自分で設定すればいいじゃないって思うでしょうが、自分では設定出来ないんです。設定できるのは最初にベンチマーク後にどれを選ぶかのどれの選択のみ。

 

なんかすごくややこしい、そう素人には感じたんだが指定なのでしょうがないよね。その通りにまずはベンチマークをスタート。

 

何も分からずにGPUを1個づつベンチマークしてみた。GPUが2つ挿入してあるので、表示はGPU0とGPU1になっていた。まずはGPU0からだ。

 

ベンチマーク項目が12個あるらしく、0/12となったまま中々進まんです。でも約束事のようなので、ひたすらベンチマークが終了するまで待ちます。

 

気が得なるほど待った挙句やっとGPU0のベンチマークが終了。続けてGPU1を開始・・・これがそもそも間違いの元だった。

 

途中で画面への信号が切れて二度と表示しないんです。そのたびにリセットを掛けてやり直しても全て結果は同じ。

 

ネットで調べてみると、2枚程度までは同時にベンチマークできるって書いてあるじゃないですか。なんだ、これで解決〜!って思ってやってみたんだが、別も問題が。

 

今度はさ、ディスプレイが省エネモードで表示カットされると復帰させてもストールしたままになってしまう。はぁ〜、またかよって感じ。

 

素直に省電力モードのディスプレイの電源を切るをやめれば、結果何の問題も無くベンチマークが完了した。教訓:省エネモードにするな!

 

ここまでで既に1時間以上かかってしまった。

 

いよいよマイニング開始

ベンチマークも終わりやっとマイニングのスタートラインに立った。それではアプリのSTARTボタンを押してマイニング開始。

 

DOS Shellが立ち上がり、何だか動き出したのが分かる。GUIではなくCUIだが、ちゃんと何処のサーバーにコネクトして、GPUの状態がどうなっているのかひと目で分かる。

 

表示もAccceptとかRejectとかInterruptedとかが何分かおきに出てくるので一様は動いているようだ。

 

ここで気がついたんだが、Radeon RX570のバルクと一般品ではFANの回転数が違うんだよね。だからGPUの温度も違う。バルク品の方が200RPM程回転が高いので温度も10度くらい低いんだ。

 

これってなんとなく気になるんだよ。

 

何だかんだ4時間くらい通電しマイニングをしていたんですが、気がつくと電源が落ちていた!アレれれ。

 

最初の問題が

電源が落ちていたんですが、こんなことはMinerGateの時は無かった。少なくとも1週間は普通に動いていたんだよね。

 

それがNiceHash minerにしたら4時間で電源が落ちた。そう落ちたんです!

 

何が原因がわからないですが、とりあえず電源を入れ直してみました。すると、GPUのFANが2つとも全開で回るんです。はじめて聞いたGPU FANの全開の音。

 

すごい音がしばらく続いて通常の状態に戻った。NiceHash minerを立ち上げても何か先に進まなくなったので、心配になりMinerGateを立ち上げてこちらで確認すると、なななんとぉ〜

 

GPUの項目が無くなっている。CPUのみでマイニングするようになっちゃってるじゃないですか。えぇ〜、なんでGPUが消えているの。

 

こちらもベンチマークを起動して再チェックしてみても、何だかGPUが見つからなくなっちゃっているんです。こりゃあMinerGateは使えないね。

 

MinerGateは諦め、NiceHash minerを何とかするしか無い。しょうがないので、もう一度ベンチマークからやり直し。

 

で、どうにか立ち上がった。何が悪かったのか分からずじまい。後、電源ケーブルが熱かったのでこれも交換。

 

そして再び、連続運転で問題発生

また動くようになったので連続運転の再開。一晩運転をさせてみたんですが・・・

 

朝見ると何だか画面が違う。Windowsが再起動したようでログイン待ち状態になってるじゃないですか。これってたぶん再起動がかかったんじゃないかな。

 

ひょえ〜なんでWindowsが再起動掛かったの?

 

これって熱しか考えられない。どうやら止まったのが深夜1時くらいみたいだ。NiceHashのダッシュボードを見ると、動いていた時間がプロットされているので何時止まったかが分かるのは素晴らしい。

 

やだな〜、でもマイニングが確実に止まるんでそれ以上の暴走は無いから安心といえば安心。おかしくなっても暴走して更に熱が発生してしまっては火事に成りかねないからね。

 

Windowsにログインしてアプリを立ち上げると、DOS Shellが立ち上がりますがいつもの画面と違う画面になるんです。

 

むしろこの画面のほうがネット上でよく紹介されている画面に似ているんですが、これがまた途中でリセットが掛かりアプリが何度やっても立ち上がらない。

 

むむむ、また新たな問題だ。いちようMinerGateを立ち上げて確認するが、やっぱりGPUが見つからないまま。何だかやばいような。

 

しょうがないな、どうしようって途方に暮れそうでしたが、物は試しとシステムデバイスにアクセスしてRX570のだライバーの更新をかけてみた。

 

新しいドライバーが見つかったようなので、早速更新をかけてみたら一様立ち上がるようになった。まあ良いかって単純に納得。

 

f:id:sek-loso0228:20171224074628j:plain

 

こんな感じで動き出したんで一旦様子を見ることに。

 

よくよく考えてみると

しかしさ、よくよく考えてみるとですね、根本的な原因は自分の知識の浅さが原因だったって分かったんですよ。

 

まず余っているPCを使ったのは周知の事実。

www.tokilog.jp

 

まあ費用削減だからしょうがない。しかし、ここに大きな落とし穴があったのに気がついたのは今ってのが情けない。

 

今までのPCをは普通に使用していたPCだったんです。Core-i7だけどHDDとDVD-Rと普通のGPUなのでせいぜい消費電力って200W強くらいかな。

 

だから電源も500W だったんすよ

 

ここに問題があったんですね。今回の使用はRX570が1個150Wなんで2個で300Wも消費する。それにFANを強化したり、バックアップ用のHDDまで付けているのでCPUの消費電力と合わせて100W強かな。

 

するって言うと、合計ですでに400W強は行っているんじゃないか。そこに熱によるストレスが加わるんだよ。

 

一般的に電源言うのは50%負荷時が一番効率が良いらしいので、普通は使用する消費電力予測の2倍の電源を使うらしい。

 

それって正しいよな。今までは200W強だったから500W電源でも何の問題も無かったんだ。それが一気に400W強になったから、既に負荷の80%は超えている

 

80%超えでガンガン使えるのは80PLUS規格のブロンズ以上。当然、今使っているのはそんな規格が出る前の電源。

 

これじゃあ高負荷時に落ちても不思議ではない。今、だましだまし使っているが、いつ落ちてもおかしくない状況。たぶん深夜に気温が下がった頃、気温の変化に伴い負荷が増大し、温度調整する前に電源が耐えられなくて落ちたのだと思うな。

 

まとめ

て言うことで、素人考えの甘さに根本原因が有りました。算数が出来ない頭でカッコつけてマイニングだなんてやり始めた事が大きな問題です。

 

朝からAmazonさんを検索して出費を抑えるため、1000W の80PLUSブロンズを注文しました。明日には届くので早速交換です。

 

400W強なので、1000W のブロンズでもたぶん大丈夫でしょう。これ以上のGPU追加は今のところ考えていないので。

 

GPU2つでも、ものすごい熱が出るんでマイニング検討している人はよく考えたほうがイイね。普通のPCケースに組み込んであるんで、GPUがネジ止めしてあるケースのところの温度を測ると70度近くなって火傷しそうになった。

 

みなさん、よ〜く構成を考えてから実行に移そうね。

 

おしまい