気がつけば既に2760時間、プロブロガーになりたい俺が時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

ぶらり独りウォーキング 旧東海道 鶴見  その1

スポンサーリンク あとで読む

こんにちは、サイト管理者のふぇいやんです。この時期、お写ンポを兼ねてのウォーキングはハッキリ言って辛いっすね。

 

熱中症にならないように注意しながら歩いております。さて、今回は前回の続きの横浜熊の神社からのスタートです。

 

 

さて、川崎宿を出ると次の横浜宿までは単に東海道を歩くだけとなるので、非常に単調な感じになります。

 

特に宿場が有るわけでもないので、所々に出てくる神社仏閣による程度で、あまり目立つものも無く辛いウォーキングなんですよ。追い打つようにこの暑さですからね。

 

f:id:sek-loso0228:20170709161932j:plain

Leica D-LUX Type109

 

所々に出てくる、妙に古ぼけたお店、年期の入ったお店が目につきます。大きなお店も有るわけでもなく、逆に昔から根付いたお店が今も残ってるって感じかな。

 

f:id:sek-loso0228:20170709162054j:plain

Leica D-LUX Type109

 

こんな感じで、特に何もない道が続いていきます。

 

f:id:sek-loso0228:20170709162135j:plain

Leica D-LUX Type109

 

バス停にもなっている鶴見市場一里塚。こんな石碑が突然出てくるのも、旧東海道だからかな。

 

f:id:sek-loso0228:20170709162304j:plain

Leica D-LUX Type109

 

更に歩いていくと、突然洗われる庚申堂と言われるもの。庚申堂って初めて聞いたんですよね。どうやら庚申信仰に基いて建立される仏堂のようです。

 

現在までに伝わる庚申信仰(こうしんしんこう)とは、中国道教の説く「三尸説(さんしせつ)」をもとに、仏教、特に密教神道修験道呪術的な医学や、日本の民間のさまざまな信仰や習俗などが複雑に絡み合った複合信仰である。

庚申信仰 - Wikipedia

 

更にその横には下町稲荷が有るんです。並んで建てられているのがちょっと不思議ですよね。

 

f:id:sek-loso0228:20170709162914j:plain

Leica D-LUX Type109

 

今回はここまでいなります。

 

 

 

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。