気がつけば既に210日、プロブロガーになりたい俺が時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

Amazonプライムビデオでみた映画、何時も行く場所で見入ってしまった。

スポンサーリンク あとで読む

おはようございます、サイト管理者のふぇいやんです。昨日は久々に日中山歩きをしたので、帰宅後に疲れて寝てしまった。

 

夜、ふとした時間に目が覚めて眠れなくなったので、この前紹介したAmazonプライムビデオで新規登録映画を見たんです。そこには何時も行く場所が・・・

 

f:id:sek-loso0228:20170319213421j:plain

 

夜中にじっくりと見入ってしまった映画はこれです。

umimachi.gaga.ne.jp

 

何が良かったかって、何時も何時も時間が有れば訪れる鎌倉が舞台だった事です。しかも、自分が撮った写真と同じ場所が使われているなんて・・・

 

ある意味ちょっと感動しました。

 

出て来るシーンを見ながら、あっここあそこじゃないなんて暗闇で独りブツブツ言ったりして、ちょっと不気味だったかもね。

 

f:id:sek-loso0228:20170611084408j:plain

ここは綾瀬はるかが買い物帰りに歩いて行く極楽坂の切通の場所。成就院が見えるところなどは、極楽寺駅方面から撮っているななんて考えたりして。

 

f:id:sek-loso0228:20170611084843j:plain

f:id:sek-loso0228:20170611084814j:plain

f:id:sek-loso0228:20170611084948j:plain

f:id:sek-loso0228:20170611085005j:plain

 

映画に出てくるロケ地巡りと言うのも流行っているようですが、その逆で何時も行っている場所がロケで使われると、感動も100倍になる感じですね。

 

わざわざ見に行くのではなく、何時も行っている場所が使われるんですから。なんだか、自分も映画監督になった感じがするのと同時に、この場所を選んだなんてオレって先見の眼があるんじゃないかなって勝手に思ったりして。

 

いずれにしても、自分が撮った写真の小さななかではなく、大きなスクリーンで同じ光景を見るのでは、感動も全然違いますね。

 

映画の撮影場所といえば、阿部寛が主演だった魍魎の匣と言う映画で、レンガ造りの廃墟でのシーンが出てくるのですが、そこは実家から歩いて10分くらいの場所が使われたようです。

 

結構エキストラの募集が有ったようですが、当時は自宅におらず残念な思いをしたものでした。

 

f:id:sek-loso0228:20170611085653j:plain

 

今日もまた映画でも見るかなぁ〜

 

 

 

 

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。