思った事を素直に書こう!今この時を生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

おいおい、「あなたのApple IDのセキュリティ質問を再設定してください」ついにこんなのまで来たよ!

スポンサーリンク あとで読む

 

おはようございます。サイト管理者のふぇいやんです。昨日も佐川急便による迷惑メールの記事を書いたのですが、なんとついにこんなのまで来ました。

 

しかも、迷惑メールの来たアドレスは同じなんですが、このアドレスを使用している先から来たんで、えええ〜ってな具合に一瞬信じそうになった。

 

f:id:sek-loso0228:20171107053214j:plain

 

今回やってきたのは、Appleを装ったメールです。

 

題名が「あなたのApple IDのセキュリティ質問を再設定してください。」なんていう今までで1番もっともらしいもの。

 

しかも、私のPCはmacbookであり、届いたアドレスもAppleで使用していたものだったから余計に信じそうになった。

 

が、良くよく考えてメール内容をチェックしていくと、おかしなところが結構見つかった。

 

間違いない、これは流行りの誘導型メールだ!

 

メール内容を引用すると以下の通り。

安全のため、このApple IDはすでにロックされました。

あなたのApple IDはwindows PCのiCloudにログインしたりダウンロードしたりする操作があったとAppleゲームのセキュリティチームは発見しました。

日付と時間:2017/11/05

iCloudバージョン:6.2.2.35

IP:220.34.287.196(岐阜)

あなたのアカウントの安全性を守るために、セキュリティ質問を再設定して頂くことが必要です。再設定された後、たとえあなたのApple IDとパスワード及び元のセキュリティ情報を知っているとしても、それを使用することができません。

この問題を解決するにはこちら ← ここに変なリンクが埋め込まれていた


このリンクとあなたのApple IDのセキュリティ質問とは、2017年10月21日から失効になります。詳細情報について、「よくある質問」をご利用いただけます。

以上


Apple IDサポートセンター

#12540;ト)へのログインはこちj

 

おかしなところは

1.安全のため、このApple IDはすでにロックされました。

普通にiCloudドライブもアクセス出来ているし、iPhoneもアプリケーションのアップデートは普通に出来ている。つまり、アカウントはロックされていない

 

2.あなたのApple IDはwindows PCのiCloudにログインしたりダウンロードしたりする操作があったとAppleゲームのセキュリティチームは発見しました。

俺はファイルの共用化のために、WindowsでもiCloudドライブを使用しているので、別に不思議では無い。もっと不思議なのは、何でAppleゲームのセキュリティチームなの?

セキュリティチームってゲームじゃないよね!

 

3.iCloudバージョン:6.2.2.35

このバージョンて何処で調べるんだ?

 

4.IP:220.34.287.196(岐阜)

何で岐阜なの?

 

5.このリンクとあなたのApple IDのセキュリティ質問とは、2017年10月21日から失効になります。

リンクとあなたのApple IDのセキュリティ質問とはではなくて、セキュリティ質問ではないの?変な日本語。

2017年10月21日から失効って過去日じゃないの

 

6.#12540;ト)へのログインはこちj

化け字してるし。

 

という感じで、変な所盛りだくさん。

 

リンク先も、.online何ていうドメインを使っている事自体、胡散臭いよね。

 

いつもの様に、Googleさんに聞いてみると

blogs.yahoo.co.jp

internet.watch.impress.co.jp

www.itmedia.co.jp

 

と沢山出てくるね。実際に公式Appleサポートコミュニティに投稿している人もいるみたい。Appleから正式に回答が出ているので見るほうが良いね。

https://discussionsjapan.apple.com/thread/110193048?start=0&tstart=0

 

あの手この手で、悪質サイトへ誘導するメールがまた増えだしてきている。年末が近いのも影響しているのかな。

 

変なメールは、リンクをクリックしないでマウスを上に載せるとリンクが見えるので、URLやドメインを必ず確認しようね。

 

それがめんどくさい人は、素直に削除しよう。本当に重要なメールであれば再度来るし、オリジナルのURLを見に行けば重要事項は表示されているので、そこで確認しよう。

 

以上、またまた変なメールが来たお話でした。

 

 

 

おしまい