思った事を素直に書こう!今この時を生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

俺がWordpressを諦めた理由。簡単に言えば管理が面倒くさいから。

スポンサーリンク あとで読む

こんばんは、サイト管理者のふぇいやんです。台風が接近してきているので、何処にも行けず部屋の中でウダウダした1日でした。

 

ウダウダしていてもしょうがないので、折角だからちょっと過去の事でも書いてみようかな。

f:id:sek-loso0228:20171022175048j:plain

 

昨日かな、こんな記事を書いたんだ。

 

www.tokilog.jp

 

簡単に言うと、Wordpressに移行する人が増えたってことで、この中でも書いたんだが、俺がWordpressを諦めた理由をもう少し細かく書こうかなと思って。

 

時代はWordpressだ!なんて思っているビギナーの方に、思っているほど管理が楽じゃないよってことを紹介しようかと。

 

 

 

そもそも、俺もさはてブロに来る前に自分でレンタルサーバーを借り、MySQLを設定してWordpressをインストールして使用していたんだ。

 

その際に最初の障壁になったのは何か分かるかな?

 

俺が最初にツマズイた事

笑っちゃうけど、俺が最初にツマズイたのはなんとサーバーにWordpressがインストールできなかった事なんだ。

 

正確に言うとインストールは出来るが設定出来ないとか、プラグインがうまくインストールできないとかそういう事なんだ。

 

実は俺が使っていた頃のCORE SERVERは他のレンタルサーバーと比較すると一筋縄では行かなかったんだ。でも何でCORE SERVERを使用していたかというと、Linuxも最新だし標準でいろいろなツールが入っていたからなんだ。

 

逆にそれが仇になる部分もあったみたいね。

 

兎に角最初に、.htaccessと言うファイルを作ってFTPを使用しサーバーの指定されたDIRにアップロードするんだ。

 

多分、簡単にブログを始めようと思った人はチンプンカンプンだと思う。.htaccessと言うのは、簡単に言えば指定したDIRで指定したファイルにアクセス権を与えるファイルと考えてくればいい。

 

更にだよ、.htaccessって最初に「.」が付いているし、後ろに拡張子も無いへんなファイルなんだ。だからFTPでアップロードするにもちょっとばかしコツが居るんだよ。

 

htaccess.txtって言う名前でファイルを作り、一旦サーバーにアップロードする。その後、サーバー上で「.」を付加し、.txtを削除するんだ。これはLinuxサーバー上でなければ出来ない作業さ。

 

こんなことさ、好きでなければ絶対に知らないことだと思うし、軽い気持ちで手を出したら???でパニックだよね。

 

インストールする前の作業でも一苦労

そして同じように、対象のDIRとファイルをアップロードする前に、wp−config-sample.phpと言うファイルをテキストエディタで開き、指定された部分を自分のサーバー設定に合わせて編集し、wp-config.phpと言うファイルでセーブする。

 

ここでの落とし穴が、Windowsとは違い改行がCR+LFではなくLFなんだ。何それ?ってなるよな普通は。

 

CRはキャリッジ・リターンでLFがライン・フィードの意味。つまりWindowsLinux系では文書を書く時の標準ごとが違うってこと。文字だってWindows御用達のSHIFT-JISではなく、UNICODEだから。これ間違って保存すると、サーバー側で読めないんだよね。

 

ネットを見ればそんなの分かるだろ!そう言うと思いますが、実は日進月歩進化しているので、意外とネットの情報も古いやつが多いんだ。

 

ネットで検索してヒットした項目につては、必ず最近の情報か確認してからでないと、画面表示とか設定項目とか異なって使えない情報になりかねないからね。

 

当然、これらがクリアできる知識を持っている人なら問題ないと思うが、MySQLのDBで使用する文字コードも当然UNICODEにしないと、折角作ったDBを一旦削除しなければならなくなり、そうするとまた最初からやり直しだからね。

 

無事インストールして次に待っていること

今までの障壁をクリアし、やっとインストールが出来最初の画面が出るまでに到達したおしよう。そこからまた、次の障壁がいくつも待っているんだよ。

 

インストールされたのは標準状態のWordpressだ。ここからが本当の戦いになるんだよね。ねえ、解ってる?

 

味も素っ気もない標準のテーマから、カッコイイテーマに変更し自分のイメージに合わせていかなければいけないんだ。そう、まずテーマを探さないと。

 

オット待った!

 

その前に、今の状態は無防備状態に近いから、まずは最低限のプラグインを入れて動作させなければいけないんだ。

 

絶対に最初にやることは、Akismetと言うプラグインを操作させること。こいつはスパム対策用のプラグインで標準で入っているはず。なければプラグインの追加からインストールしなければならない。

 

こいつがないと、無茶苦茶なスパムに悩まされ続ける事間違いなし。コメント欄に無数のスパムが書き込まれるから。

 

Akismetも有効化するには’登録が必要で、API KEYを入手しなければならない。これらの登録には当然ながら英語画面との格闘が待ってる。これも、常に新しくなっているので、ネットに出ているものが必ずしも正しいとは限らないが、項目は多分同じなのでなんとかなるかな。

 

API KEYを入手しそれを入れて有効化することにより初めてAkismetが動くからね。

 

同じような感じで、Wordpressの基本機能は何も無いので、自分でプラグインを選んで追加し、使いやすいようにしていかなければいけないんだ。

 

これこそネットて検索して、自分がやりたいことが実現出来るプラグインを探してインストールするしかないんだよ。但し、基本は英語だからね。

 

そして、ここで注意しなければいけないのは、Wordpressのバージョンとの互換性だよ。基本的に互換性が無くともインストールはほとんど出来る。しかし、指定された場所にインストールされなかったりして動くとは限らないんだ。

 

そして本当の戦いが始まる

全てが上手くインストールでき、お目にかなったテーマが見つかったとしよう。でも実際にはほとんどテーマが1バイトコードを主に作られているので、2バイトコードの日本語を使おうとした場合には、位置ズレなどの不具合が多々発生する。

 

また、思った位置に思った文字や画像が表示されないって事が度々発生する。

 

そうした場合にはどうしなければいけないのか?

 

そう、各テーマにはいろいろな機能がモジュール構造で出来上がっている。このモジュールに対して直接修正を加えなければいけないんだ。

 

その修正をするためにはPHPと言う言語の知識とWordpressの構造体の知識が無いとダメなんだよね。

 

f:id:sek-loso0228:20171022183752j:plain

 

これが結構ハードルが高いんだ。ちょっといじっても、全然動かなくなるし、変化がない時もある。また、標準、アーカイブ等同じファイルでも幾つか有るのでどれがそうなのか、見つけるの大変だぜ。

 

もっと重要な事は、テーマがバージョンアップされると、改造した部分がもとに戻ってしまうので、また最新バージョンで改造をしなければいけない。

 

WordpressLinux上で動くプログラムなため、常にバグフィックスとセキュリティ対策のアップデートが実施されている。

 

だから、さっき言ったプラグインでも互換性が無いとWordpressのアップデートに追従できないんだよ。最悪アンイストールもできなくなるんで、自分でFTPを使って削除するしかなくなるんだ。

 

俺が使っていた参考書はこんなに沢山使ってた。でも使っている間に、ずんずんバージョンが上がって追従できなかった。

 

 

まとめ 俺が諦めた理由

こんなに沢山の本を買い、一生懸命に勉強してそれなりのサイトを作り上げたんだよ。自分で言うのも何だが、結構イケてるじゃんなんて思っていた。

 

でも過去記事で書いた通り、いきなりこんなサイトを作ってもネット的に見たら存在していないのと同じなんだ。毎日のPVは見るのも悲惨な状態。

 

まあそれでも頑張っていこうって考えてやっていたんだ。

 

でも、自分が思っている以上にアプリと言うかソフトの進歩が速いんだ。だから常にバージョンアップが実施され、自動でアップできない場合には自分でやらなければいけない。

 

アップデート途中で何か有り、アップデートが止まるとそれこそ悲惨。まったく何も表示しなくなってしまう。そんな時も、FTPでサーバーに入り込み中断された時に発生するファイルを削除して最初からやり直さなければいけない。

 

当然、プラグインもそれに対して追従させなければいけないんだ。

 

そこまで一生懸命にやっても、いくら備忘録で自己満足の世界だとしても、やっぱやってられないよね。

 

も〜やってられね〜って、ある時抑え続けていた何かが外れた。

 

その時に、あ〜どっかのブログを使えばこんな作業はしなくていいんだって思ったらもう全てが嫌になってWordpressから脱出したんだ。

 

 

そう、俺がWordpressを諦めたのは、管理作業で苦労する割に何も楽しさが来ないなって思ったから。

 

ヨッピーの本じゃないけど、楽しくなけりゃやっていても意味ないじゃんってホントその時に思ったよ。

 

今ははてブロって言う傘の下でやっているから、管理という面が全てなくなり、ものを書くってことに専念できるよになった。

 

専念したって俺の書く文書なんて読者数もしれているからしれてるけど、でも書くことは楽しいよなって言える。たまに今日はのらないなって日も多々有るけど、昔ほどじゃない。

 

こうやってダラダラと書き続けることも出来るからね。

 

と言うわけでさ、Wordpressに移行を考えている人は、自分でサーバー管理と言う面倒くさい事を楽しいと思える人でなければオススメ出来ないよ。

 

それこそ、最近書いたhttps化も自分でしなければならないからね。

 

www.tokilog.jp

 

俺みたくさ、はてなさん何時やってくれるのなんて文句は言えないからね。そこんとこよく考えてから移行してよね。

 

少しは参考になったかな。思いついた時に、また追記するかもしれないけどね。

 

おい、ここわからんぞ!って言ってくれればそこの詳細を追記するからね。

 

じゃあね。

 

 

おしまい。