思った事を素直に書こう!今この時を生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

役職定年間近の俺が、仕事の今と昔に付いて語ってみる。若者よ聞いてくれ。

スポンサーリンク あとで読む

こんにちは、サイト管理者ふぇいやんです。なんか役職定年まで後何年と指折り数える歳になってきたんで、ちょっとだけ仕事について語ってみようと思う。

 

今回は今と昔について語ってみるけど、おっさんの説教に聞こえるかもしれないが、若者よ聞いてくれよ。

f:id:sek-loso0228:20170714210139j:plain

 

俺は物を創作する設計ではなく、作り出す方の設計をしているんだが、最近すごく感じることが有ったんで、せっかくなんでブログに思いを残しておこうと書く気になった。

 

 

 

昔は良かった、そんなことは思わないが決定的に違って居ることがある。年功序列の日本式会社組織構造が盤石な状況だったころ、係長でさえお茶のんで新聞読んでた。

 

今考えると、えええ〜ってなりそうだが、ホント俺の会社に入った頃はそうだった。

 

ところがだ、今は役職が上がるほど仕事が増えて責任が重くなる構造になっているので、昇格したがらない若者が増えているんだ。

 

何でかって言うと、ゆとり教育のせいかな?アグレッシブではない事と、よくわからんが軟弱になってきている?

 

軟弱っていうのは精神的にという事で、ろくな仕事もできない新入社員で、定時後は自由にする権利が有るとか、有給を撮る権利が有るとか言ってるやつが多いってこと。

 

確かに、労働基準法で決められている内容であるから、権利としては存在していると思うよ。しかし、そんなのはちゃんとアウトプットが出せるように立ってからの話だと覆う。

 

f:id:sek-loso0228:20170714211039j:plain

それをお前が言うか?と言いたいよね。

 

そもそも、会社はボランティ団体ではないという事を肝に命じて欲しいぜ!

 

お前を使えそうだと言う判断で、高い給料を払って雇っているんだから、そこんとこ勘違いしないでほしいよな。

 

仕事とプライベートを割り切る、決して悪いことじゃない。でも、仕事が充実しているからこそプライベートって充実するんじゃない。その逆もしかりだ。

 

ちょっとだけ昔のことを言うとだな、昔は体育会系ではないがやはり年功序列って訳わからんのが有ったんだ。だから、何だこいつって言うような馬鹿な奴でも歳が来れば昇格出来た。

 

だから、今でのそんな化石のようなやつが会社にいるんだが、ホント使えんやつだよ。そんな奴らに対して、今は年功序列が崩れたおかげでハッキリと無能と言う言葉を突きつけられるようになった。

 

だからさ、裏を返せばある意味実力があるとなんでも許されるって事にもなるんだよ。つまり自分次第で昇格し、自分の思うように部下を動かせるように成るってこと。

 

だがな、ここで今の若者の中にもう一つの闇が存在するんだ。

 

それは自分の意志が無いってことだ。

 

引かれたレールの上で生きてきているので、脱線したことが無い。つまり自分で考える事があまり無い時勢で生きてきたんだな。

 

言われたことは完璧にこなすが、言われていないことは一切出来ないって事。

 

だから、自分で物事決められんのよ。自分で決めろって言うと、精神的に弱いと言うか脆くて情緒不安定に成るやつも結構いるよね。

 

 

そんなんだったらさ、会社の中では生きて行けないはな。昔はって言葉自体、あまり好きじゃないが、ホントお前を見返してやるぞって感じで必死になったものだがな、、昔はさ。

 

俺はさ、すごく思うんだ。

 

今の若者はすごく頭がいいんだ。だから、言われたことはなんでも出来る。だからさ、そこを自律的に思考する訓練をして、自分でいろんな事を考えるようになると素晴らしいと思うんだ。

 

そしてさ、なんでも良いから夢を持ってほしい。

 

ちょっと話が支離滅裂っぽいが、しばらくは俺の魂を聞いてくれよな。

 

次は夢って事について書くからな。

 

 

 

 

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。