思った事を素直に書こう!今この時を生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

落ち込んだりもしたけど、出来ないから面白いんだよ。そんな風に考えてみろよ若者!

スポンサーリンク あとで読む

こんにちは、サイト管理者のふぇいやんです。ちょっとさ、いろいろと此処の所有って胸の内をぶつけたいって感じ。

 

そんなことも有ってさ、ちょっと書いてみたから読んでみてくれよ。

f:id:sek-loso0228:20170715160316j:plain

 

仕事をやっているといろんな事が有るよな。営業なんかで顧客からお前なんか来るなって言われると、めっぽう落ち込むぜ。

 

でも、新規顧客開拓が出来たときなんて最高の気分なんじゃないかな。

 

あっ、俺って営業じゃないんでその辺の気持ちはよくわからないんですけどね。でも多分そうじゃないかなって。

 

で、俺は物を作り出す技術者をやっているんだが、これまたやはり会社の上層部から無理難題を押し付けられるわけよ。

 

若い頃はさ、やはり何言ってるんだって影では悪態を付いていたり、仲間内では指示した人の悪口を言ったりもしていた。

 

そんな何処にでも居る青年だった。

 

 

しかし長年同じような業務を続けているとだな、職人のようにやっぱりなってくるんだなこれがまた。そうすると、人間考え方が少し変わってくる。

 

もっとも、物を作り出す技術者集団は、出来て当たり前と言う風に思われているので、出来ないと余計に風当たりが強いことも有るね。

 

ちょっとだけ難しい話をするね。

 

指示された内容を自分で考え、机上でシミュレーションを繰り返してどんなタイミングで物ができていくのか、その場合には1日何台生産が可能かなんて事を考える。

 

まあ1つの品種の生産だけなら大して問題は起こらないが、これが複数の製品を混ぜて生産するとなると難解な考えになる。

 

各々の製品の組み立てに関する特性を考えて、どれも同じような時間で出来るように考えなければならない。

 

まあこれが難しい。何度考えてもどうしても時間が合わない、1週間以上考え続けた事も有ったな。そこまで行くと、なんで出来ないのだろうってハッキリ言って落ち込む。

 

普通の精神だったら、1回は落ち込むだろうな。必死に考えても答えが見えてこないんだからさ。

 

そして、そこであ〜つまんない、会社辞めるかなとか、部署変えてもらうかなって思うか、これって難しいな、どうやって片付けてやろうかって思うかどうかは、実は紙一重の考え方なんだ。

 

最近の若者は殆どが前者の考え方だよな。

 

面白いのはさ、オンラインゲームやRPGでは集中力を発揮して難解なゲームを解いて行くような若者がだよ、仕事になると直ぐにギブアップする。

 

仕事もさ、実はゲームと同じで出来ないから面白いんだよね。

 

そんなだれにでも解けるような課題をやっていたらつまんないじゃない。出来ないような難題だからこそ任されているんだって思わないと。

 

 

仕事も人生も、そんなに簡単に出来たら面白くないだろ。順風満帆って言葉があるけど、あれだって難題を一つひとつ逃げずに解決していくからある言葉だよ。

 

難題にぶつかった時「出来ないから面白いんだよって」そんな風に考えてみろよ。心の軽さが違うよ。壊れない心い成るから。

 

 

若者よ、これからの日本はお前らにかかっているんだから。頼むぜ!

 

 

 

 

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。