気がつけば既に210日、プロブロガーになりたい俺が時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

雑記時々写真で行こうじゃないか

スポンサーリンク あとで読む

f:id:sek-loso0228:20170316191815j:plain

このブログは3月6日から書き始めているんですが、ここまで書いてきて何となくシックリと来ない部分が有るんですよね。

 

なんでかな〜?ちょっと時間が出来たので、寝る前に久々に振り返って考えてみたいと思い最初の記事を読み返してみた。

 

 

tokinoblog.hatenablog.jp

 そもそも、ブログ自体は他にも書いていたんですが、何だかカテゴリーを決めてから自分で勝手にそのカテゴリーに縛り付け、それ以外は書いちゃイケないよってな風に自分を縛り付けてきた感じだった。

 

それが嫌ではてなにやって来て、新規に自由に書けるような場所として再スタートしたつもりだったのですが、やっぱりまた同じ感じで縛り付けられてきているように思えてきた。

 

完璧に最初に決めた目標と言うか、ポリシーを忘れてしまってるよ。

 

何でかな? 自分で自分を縛り付けてしまうのでは。

 

一般的にブログは、ある特定のカテゴリーについて書くほうが、テーマに対して深く彫り込んでいけるので、読者を集めやすいって言われていますよね。

 

当然ながら、ブログをやっているのですから読者が居ないよりは居てくれたほうが良いに決まっているし、書くためのモチベーションも上がるっていうものだ。

そのためにもカテゴリーやテーマを絞って書かなきゃって、自分で自分を追い詰めていたのかもしれない。

 

その追い詰められた気持ちが、あれ?って言う気持ちと、なんか変だな?って感じに変わっていくのだと思う。このまま行ったら、また放置してしまいかねないなって心の叫びが聞こえた

 

未だ初めて10日だよ。何だか早くね?

 

多分、今までの流れから心が事前に察知して、こんなんじゃいけないよって言うアラームを早めに出してくれたのかもしれないな。

 

そんな気持ちになっている時に、あるブログの記事を見つけたんです。それがこちら。

kame-la.hatenadiary.com

もうね、このブログを読んだ時は青天の霹靂だった。

 

正にそうなんですよって思わず口から言葉がでてしまいました。やっぱり同じような感じになっている人ってたくさんいるんだろうな。放置ブログって沢山有るもんね。

 

ない頭を絞って考えた結論がこれっす。

元々が、文は上手ではないが書くことが好きでいろんなことが書きたくブログを初めている。でも、論文ではないので、1つのテーマについて究極の状態まで掘り下げていくような事をすると、直ぐにネタがつきてしまい書くことがなくなってしまう。

 

それでは書く楽しみが全くなくなってしまうので、自分としては一様メインのテーマとしては写真と言うものが1本柱として決めておく。でも、家を建てるときにも柱1本では家は建てられないので、思った事に付いて小ジャンルとしてサブの柱を立てても良いことにする。

 

そうすれば、変に心を押さえつけないで済むし、何よりも書くことが楽しくずっと続けていけそうだからである。

 

書かなかったら命を取られるわけでもないし、職を追われることでもない。そんな簡単な気持ちで肩の力を抜き書いていくのが長続きするコツだよね。専門的なブログで、みんなの役に経つブログであればなお良いですが、そんなに時間を掛けて調べることも出来ないし、そこまで責任も持てないしね。

 

初心に戻り、読みに来ていただいている方とブログを通してコミュニケーション出来ることが夢ですから。それと書いていること。

 

雑記ブログでいいじゃないか。そう改めて思いました。雑記時々写真て行くかな。

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。