気がつけば既に2760時間、プロブロガーになりたい俺が時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

カメラについて初めて知った詳細内容

スポンサーリンク あとで読む

こんばんは、サイト管理者のふぇいやんです。この前買ったD-LUXなんですが、光学デバイスフォーサーズなんですと。お恥ずかしながら、そんなことも知らないで購入した次第なんです。

フォーサーズシステム(Four Thirds System)は、デジタル一眼レフカメラにおける共通規格のひとつである。日本の光学機器メーカーオリンパスとアメリカの写真用フィルム・写真機器メーカーコダックによって提唱された。

名称の由来となった4/3型(約17.3mm×13mm)のイメージセンサーと、これに適する標準規格化されたレンズマウント及びデジタル専用設計の交換レンズが規格の中核となっている。

2008年8月5日には、フォーサーズシステムの拡張規格であるマイクロフォーサーズシステムが発表されている。

フォーサーズシステム - Wikipedia

 

Wikipediaで書かれていることを読んでもいまいちピンとこない。もうちょっと調べてみると、意外なことがわかりなるほどとなりました。

 

 

そもそも、フォーサーズが生まれた背景には意外な事実が有ったんですね。最近よくデジイチもフルサイズが良いフルサイズが良いと言われてきていますが、それは素子が大型化しダイナミックレンジが広く撮れるので良い事は間違いないです。

 

しかし、昔のフィルムカメラの一眼を使用すると十分な画質が得られない事もあるって事。えっ、何それって普通の人だと思いますよね。実は、広角になればなるほど光が斜めに入ってくることになります。

簡単に言うと、レンズに見立てた穴に、広角になればなるほど斜めの方向から光が入るということ。そうした場合、フィルムの場合にはきちんと感光するので画質に大きな差はありませんが、デジタルになるとCCDやCMOSの受光素子面に対して真っ直ぐに光が当たらないと、光量不足を起こすことになります。

 

これが画質に対して影響をおよぼす事になり、デジタル専用のレンズを購入する必要になってしまいます。そうした場合、過去のレンズ資産を活かすことが出来ない事になってしまいますよね。

 

それならいっそ全部作り直してしまえと考え出されたのがフォーサーズだそうです。

 

このフォーサーズは35mmフィルムの縦横の2分の1になるからだそうで、焦点距離も35mmフィルムに換算して半分になるようです。実はこの半分の2分の1と言う数値は画質クオリティとカメラ構成を考える上で最適数値だそうなんです。

 

焦点距離が半分になると、同じ画角のレンズを作るにしても口径が半分になるため、小型高性能化が可能となるわけですね。

 

そして、最近主流のAPS-Cと比較してもそんなに大きさに差がないことから、高性能で小型になるということなんですね。正に良い事づくしじゃないですか。

 

フォーサーズと言う名前は今まで聞いたことがありましたが、ここまで調べたことはありませんでした。そう考えると、いい写真が撮れるのも納得できるかな。

 

知らないなって事、調べてみると意外なことが分かって楽しいですね。

 

 

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。