思った事を素直に書こう!今この時を生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

こんなの買えない、でもこんなカメラ使ってみたい!!

スポンサーリンク あとで読む

おはようございます、サイト管理者のふぇいやんです。昨晩は突然のウィルス騒ぎになり、ネット徘徊もすっかり忘れてしまいました。

その分、今朝の時間帯でササッと巡回しておおおって自分で思う記事見つけたんでちょっと紹介。

dc.watch.impress.co.jp

 

前もちょっと紹介した中判カメラの話。前紹介したのはハッセルブラッドのこの記事なんです。

 

www.tokilog.jp

 

今回のはハッセルブラッドではなく、Phase Oneと言うメーカーみたい。みたいっていうのは、初めて聞いた名前だからです。もしかしたら、それはお前が知らないだけですごく有名なんだぞ!って怒られるかも・・・

 

ハッセルブラッドって耳にするけど、Phase Oneってのはね。どっかの工業団地の名前みたいだ。

 

そんな話は置いといて、とりあえずはPhase Oneのホームページでも見てみるかと思い訪れてみると、これまた凄いじゃないトップページの画像が。

 

 

www.phaseone.com

 

私が大好きなモノクロ写真の橋がデーンと表示されている。しかも、かなりの高画質で。その写真を見ただけで鳥肌が立ってくるんですよ。異常なくらいにね。

 

今回紹介されているカメラはIQ3 100MPアクロマティックと言うモデルで、ものすごいのはですね、カラーフィルターを取り除いてモノクロ専用にしたこと。これはLeica M Monochromeみたいな感じですね。

 

しかもですよ、画素数もハンパない。ハッセルブラッドが5000万画素で凄いな〜って言っていましたが、今回のはなんと!その2倍の1億画素なんです。普通のデジイチを扱っている人からすると、化物としか言いようが無いっすよね。

 

16ビットRAW記録に対応で、記録サイズは11,608×8,708ピクセルなんだとか。いったい1枚で何十MBの記憶媒体を使用するんだろうな。

 

全てがぶったまげですよ。

 

 

トドメが価格。

 

 

ボディだけで548万8000円!!! どんだけ〜って感じで、これにレンズが付属したセットに成ると615万8000円だと。Leica M Monochromeの本体+レンズの標準組み合わせの3倍の価格。Leica M Monochromeでも庶民には手が出ないが、こんなの個人では持てないぞ。

 

LeicaAudiならPhase Oneってベントレーって感じだな。

 

IQ3 100MPアクロマティックのページでは、

時代を超えた写真の驚異的な鮮明さ

 ってうたっています。この写真を見たらそう思うよね。

 

 

こんなの絶対に買えない、でもこんなカメラ使ってみたいってそう思わせる一品ですね。やばいよ、このホームページは。

 

 

 

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。