気がつけば既に1344時間、時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

私がAmazon cloud driveを使う理由

スポンサーリンク あとで読む

こんにちは、サイト管理者のふぇいやんです。さて、私がどうしてAmazon cloud driveを使用するようになったかを話しますね。

その他の商品も良さは有ったのですが、最大の理由はAmazonのバックボーンだからです。

f:id:sek-loso0228:20170515203719j:plain

ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 

 

何で良いの?

このAmazon cloud driveが使用されているのはAWSであり、実はアップルのiCloudもこのAWSを利用しているからなのです。

AWSとは

Amazon Web Services(アマゾン ウェブ サービス、AWS)とは、Amazon.comにより提供されているクラウドコンピューティングサービス(ウェブサービス)である。これらのサービスは全世界で11の地域に提供されている。AWSの有名なサービスにAmazon Elastic Compute Cloud (EC2) とAmazon Simple Storage Service (S3) がある。これまでのクライアントが保有していた物理的なサーバファームと比較してAWSは大規模な計算処理能力を速やかに、かつ安価に提供出来る。

Amazon Web Services - Wikipedia

 

 

AWSは元々が対企業向けのサービスで有り、企業向けだからこそ絶対に問題を起こしてはいけない、止まってはいけないと言う厳しい基準でつくられているから超安定性が保証されています。

 

だからAWSが優れているんです。

 

特徴としては何があるの

すべての写真を保管することができるということ。

  1. それはデータの種類でもあるし、保有するどのPCやスマホに入っている写真でも構わないということ。
  2. 一旦保管してしまえば、どこからでも見ることができる。セキュリティーの問題があるので推奨しないが、他人のPCやスマホからもやろうと思えば可能。
  3. スマホの外部保管媒体として使用できるので、一旦アップロードすればスマホのデータは削除して構わない。
  4. スマホアプリを使用するとタイムスタンプで自動整理され、検索が容易になる。
  5. 使用容量が無制限

まあ1〜4はそれなりですが、5番目の容量が無制限というのが最大の魅力です。

 

しかしながら、これには若干裏技的な的なところが有ります。

 

他のサービスは単純に容量を増やす場合には、月額で追加契約をして増やすしか無いですが、最大でも青天井の無制限は他のサービスにはありません。

 

しかし、Amazonの場合にはプライム会員になると、この条件がついてくるのです。

 

Amazonプライム会員って

プライム会員は年間3,900円(税込み)で、Amazon musicや映画なども見放題の特典がついてきます。当然、タイムセールも一般より早くスタートするし、当日届くお急ぎ便も無料になります。

 

私はもともとAmazonで買い物を良くするので、結果的にこのAmazon cloud driveを活用するのが一番安く使える方法だったからです。

 

従って、私のように普段Amazonで沢山の買い物をしている人は、既にプライム会員になっていると思いますので、そのような方は絶対に進めです。

 

こんな便利なサービスですが、実は変な制限が有ります。写真だけは無制限に使用できるのですが、その他のビデオや書類を保管するのは5GBなんです。当然、これらを使わずに写真だけに特化していれば無制限と言う条件になるんです。

 

したがって、写真はAmazon cloud driveでその他は現状iCloudに入れています。Dropboxは容量が少ないので使用をやめました。

まとめ

みなさんも自分が普段使っている環境から調べていくと、少ない費用で大切な写真を大事に保管してくれるサービスが見つかると思います。

 

特に他のサービスとの連携状況や、他のサービスと同時に使うと無料になるとか、割引になるとか、自分の使っているサービスの特徴をもう一度確認する必要があり、あまり特典が無いのであれば、他に変更する勇気も必要ですよね。

 

安く、無制限に使えるって言う条件にマッチしたのが、私の場合には、それがたまたまAmazonだったという事だったのです。

 

普段、楽天よりAmazonの使用頻度が高い人は、絶対にプライム会員になって損はないと思います。

 

 

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。