気がつけば既に1344時間、時の中で生きる日々

単身赴任中、持て余した時間の中で何でも書いてます。雑記に近いかも・・・

今日は3ヶ月に1回の定期検診に行ってきました

スポンサーリンク あとで読む

こんにちは、サイト管理者のふぇいやんです。本日は3ヶ月に1回の眼科の定期検診に行ってきました。瞳孔を開いての検診のため、目がハレーションを起こしている中でのタイピングです。

も〜やたらとタイプミスが多くて嫌になちゃいます。

f:id:sek-loso0228:20170526221839j:plain

ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 

どうして定期検査に行っているのかと言いますと、数年前になりますが、ゴルフをやっていた時に、ボールに黒点が沢山見えるようになったんです。しかも、一旦目をつぶって開いてみても全く黒点の位置が変化しません。

 

飛蚊症であれば、水晶体の中にゴミが入って黒点が発生するので、同じ場所にずっと発生しないんですよ。

症状がちょっと違っていたんで翌日に眼科に行き調べてみると・・・

 

 

なんと、網膜が裂けて居るとのこと。じぇじぇじぇ、そのままにしておくと網膜剥離で失明ですねって簡単に医者から言われた。

網膜剥離(もうまくはくり、: Retinal Detachment)は、疾患の一つ。網膜から神経網膜が剥がれることにより、視力視野を失う病気

網膜剥離 - Wikipedia

結局緊急手術をうけることになりました。網膜の裂けた部分を手術するって?何だか物凄く不安。

 

結果的に実施した手術は、網膜の裂けた部分の両側をレーザーでスポット溶接するように焼き付けていく。要はそれ以上裂け目が広がらないように焼き付けてしまうと言う事。

 

時間にして30秒程度の作業でした。

 

それから数年。歳も歳なので、その避けた部分がまた劣化して裂け出していないかの確認と、緑内障の検査を兼ね3ヶ月ごとにチェックしているんです。

緑内障網膜神経節細胞が死滅する進行性の病気であり、特徴的な視神経の変形と視野異常(視野欠損)を呈する。基本的には現時点では一度喪失した視野は回復させることが困難なため、失明の原因になりうる。日本では、最近になって糖尿病網膜症を抜いて1番目の失明の原因となっている[1]視野狭窄は自覚されないうちに末期症状に至ることも多く、発見には定期的な健康診断が必須である。

緑内障 - Wikipedia

緑内障になってしまうと回復できないので、兎に角早く見つけて進行を止めるしか無いらしい。そんなこともあっての定期検診になっているんです。

 

そんな訳で、視力が低下してしまえば好きなブログも書けないし、写真も撮りに行くことができなくなる。そうならないための予防保全なんですよね。

 

あなたも、自分だけは大丈夫と言う変な自信を持たないで、出来る限り定期的な検診は受けたほうが良いですよ。早期発見早期治療で安全長持ちなボディになるんですからね。

 

 

こうやって、見えて、好きな事をタイプしている事自体が幸せなことなんですね。たまには真面目なことを書いてしまいました。

 

 

 

今日も読みに来ていただきありがとうございます。これに懲りず、また来てくださいね。