時のログ

写真ブログ、見て感じたままを写真で届けます!

後で気がつくってこと、多くないですか?

あとで読む

スポンサーリンク

おはようございます。サイト管理者のふぇいやんです。俺は既に人生57年を過ごしてきているのである。

 

歳を取ったなって考えると同時に、後悔って言う念が結構出てくるんだよね。今回はそんなことについて書いてみよう。

 

f:id:sek-loso0228:20180109062058j:plain

 

 

 

後悔っていうか、いつもながらああすればよかったとか、こうしたかったなとか、後からは幾らでも別の考えって湧き上がる。

 

そういうことの中で、一番大きい出来事と言えば、失ってから気がつくってことじゃないかな。

 

失うことによる損失

人は愚かなもので、失うまではそんな事を木にもしないってことが多々あると思うね。そう、この前書いた「いつでもできる」という事に含まれるのかもしれない。

 

よく考えると、そういうものって沢山あるよね。

 

パッと思いつくのがお金。そう無駄使いだよ。何かよくわからないが、臨時収入が入ったりすると、急に気持ちが大きくなったりして、知らぬ間に余分なものを購入したり、飲食したりして無駄に消費してしまう。

 

気がついたら有るべきはずのお金が無い。 無い! 無い!

 

そこで初めて、失った事の大きさに気がつくんだよね。

 

ヤバイ、ローンの繰上げ返済用だとか食費、光熱費用だったんだとか、単に損失にしかならない。

 

 

そしてその最たるもの

そして無くなって一番感じるものは、まずは友人、親友だよね。ちょっとしたわがままや、言動により大げんかになり、その後何となく疎遠になってしまったなんかありませんか?

 

f:id:sek-loso0228:20180109064636j:plain

 

人なんて一人でも生きていけるいから、去っていった友人なんて要らないよ!そう言い切れますか?

 

辛い仕事や楽しい遊びを一緒に過ごしてきた友人が、急にいなく成るとなんとなく心にポッカリと穴空きません?

 

そして究極は家族だよね。いて当たり前の家族が、いなく成るなんて普段は考えないですからね。

 

f:id:sek-loso0228:20180109064857j:plain

 

友達も家族も、いなくなった後では気がつくのは遅すぎますから。

 

まとめ

俺の両親も未だ元気だが、かなりの高齢になってきている。普段、うるさいなって思うことのほうがすごく多い。

 

しかし、いる人がいなく成ったた時のことを考えたことなど今まで殆ど無かった。

 

でもうちの嫁が言った一言で、俺はハッと思ったね。

 

家族ってさ、空気みたいなもので居てあたりまえで気が付かないんだよね。

 

全くその通り。

 

あとで気がついた時は遅いよねやっぱり。

 

 

いつでもできると同じ、気がついた時にすぐ行動に、そして言葉にした方が良いよね。

 

ありがとう、その一言が直ぐに、自然に言えるようになりたい。

 

 

おしまい。

 

今日も見に来てくれてありがとう。