時のログ

写真ブログ、見て感じたままを写真で届けます!

今更ながらGoogle Analyticsについて考えてみた

あとで読む

スポンサーリンク

こんにちは、じぇいかわさきです。別にeコマースしてるわけでも無く、好きで書いてるブログですが、アクセス数の上下動が結構激しい。

 

気にならないと言えば嘘になるので、せっかくAnalyticsコードが入ってるんだから、ちょっくら中をのぞいてみた。

 

 

 

f:id:sek-loso0228:20180630073108j:plain

 

Google Analyticsって設定するよね

そもそも、ブログを始めると魔法のツールみたいに、訳もわからずGoogle Analyticsを導入すると思う。

 

だって、ネットを見てもブログを始める時の解説書にもみんな書いてあるからね。でも、殆どの人はどんな意味があって、どんな使い方するかって理解度はそんなに高くないと思うな。

 

アフィリエイトとか本格的に考えていれば別だけど、備忘録的に使ってる人にはほとんど無関係じゃない?

 

俺もさ、真面目にGoogle Analyticsについて勉強して理解を深めた事が無かったので、少しだけ本を読んで勉強してみた。

 

自分の知りたかったこと

自分の知りたいのは、何でこんなに日によってアクセス数がバラつくかって事なんだ。

 

今までひとつだけハッキリしている事が有るんだ。それは迷惑メールの記事を書いた時だけは異常にアクセス数が伸びる。

 

何故かは分からない。でも異常なほど外部流入が増えるんだ。そこまでは分かってるけど、平常時のバラツキ理由がね、何なの?

 

どんな本を選んだか

Google Analyticsの本て星の数ほど出版されてるね。星の数ってのは大げさかもしれませんが、新旧合わせてかなりある。

 

しかも、殆どが超専門的な解説書で超初心者向きではない。多分、用語が分からず絶対に挫折するパターン。

 

なので自分として選んだのは、「いちばんやさしいGoogleアナリティクスの教本」てやつです。

 

300ページ無いし、何のために使うかから始まって、1項目2ページで簡潔に説明している。更に知識を深めたければ、もっと高度な本を買って読めば良いんじゃない。

 

という事で、この初心者用の本を片手に調べて行こう。

 

何をチェックすれば良いか

さてここでもう一度目的を振り返ってみよう。サイトアクセスのバラツキを調べたいのが当初の目標だ。

 

という事は、まず最初にどんなユーザーが来ているのか、この分析と理解をする事が最初だろうな。

 

その為にはAnalyticsのレポート機能をフル活用する必要がある。普段からこのレポートは眺めているが、分析をするという目的で見た事はあまり無いと言うか、全く無いな。

 

いつもふぅ〜ん程度しか見てない。

 

そこが問題だろう。

 

実際にレポートを見るには

ここでのポイントはどんなユーザーが訪問して来ているかを知った上で、各種パラメータの関連付け分析が必要だ。

 

まず関連付けパラメータとして特に注意したいのが、性別、年齢、地域、使用デバイスアクセス時間帯、新規かリピーターかあたりだろうか。

 

まずはこの辺の関係状況を見た方が良いかな。

 

とりあえず、ユーザーサマリーのページはこんな感じだな。

 

f:id:sek-loso0228:20180702195406p:plain

 

そう言えば、このまえSSL化を実施してしまったばかりだったので、データに変化がでてきているかもしれないが、https化前と後でどんなふうに変わったのか、経過感想はする必要があるね。

 

www.tokilog.jp

 

 

 

まとめ

なんだかうまくまとめる事ができなくなってしまった。実際のデータが見えるともっとわかりやすかったかもしれないが、SSL化したことをすっかり忘れてこんな記事を書いた俺が馬鹿だった。

 

まあもお少しして、データ収集ができた時にでも続きを書いてみたいと思う。

 

俺のブログってさ、ウィルスメールとかの話で、ユーザーニーズとマッチしない限り、確実に週末の休みになるとアクセス数が極端に落ちるんだよね。

 

それだけつまらないって事かな。

 

いずれにしてもさ、よくチェックされているキーワードなんかも調べて、何が受け入れられ、何が受け入れられなかったのかをはっきりしたいな。

 

まあもう少し頑張っていきますよ。