時のログ

写真ブログ、見て感じたままを写真で届けます!

iPhone用のモノクロカメラアプリ BW Cameraを使ってみた。はたして結果は!

あとで読む

スポンサーリンク

こんにちは、じぇいかわさきです。俺はiPhoneで写真を撮ることが多く、しかもモノクロ写真が専門なんだよね。それで、今までお気に入りだったのがMProっていうアプリだった。

 

f:id:sek-loso0228:20180701073404p:plain

このアプリは非常に気に入っていて、私のお気に入りのアプリの一つだった。しかし、最近App Storeを見ていると、新しくなんだか気になるようなアプリを見つけたんだ。

 

その名も「BW Camera」!

 

まあ機能そのものの名前で、変に捻っていないところがいいんじゃないかなって思ったよ。

 

早速ダウンロードして、いつも使っているMProとの違いをチェックしてみたので紹介するね。

 

出来栄えの比較

国立西洋美術館ミケランジェロ展で、唯一写真を撮っていい作品が一つだけあるんだ。まずはそいつを使って比較してみたいと思う。

 

まずはMProで撮ったもの。

f:id:sek-loso0228:20180701074331j:plain

MProはどちらかというと、マニュアルっぽく自分で露出とか絞りとかを調整しなければなりません。

 

撮ってから気が付いたのですが、別の撮影時に設定したままの状態で写してしまったので、この被写体条件にピッタリじゃなかった。

 

一方、BW Cameraを使って写してみると、これがなんとびっくり何です。その写真がこちら。

f:id:sek-loso0228:20180701074636j:plain

全自動で撮影されているので、こちらの方が明暗がはっきりと出ており、結構使えるんじゃないって思える。

 

今度は風景で見てみよう。

 

f:id:sek-loso0228:20180701080824j:plain

これがMProで撮ったもの。

 

で、次がBW Cameraで撮ったもの。

f:id:sek-loso0228:20180701080923j:plain

ちょっとコントラストが強めに出ているって感じかな。

 

感じたこと

今回使用しているのは、コマーシャルが表示される無料版。使ってみて感じたことをあげてみると

  1. アプリの起動時間が遅くもたつく。これは無料版で広告を表示しているからだろうか?それとも初期設定に時間がかかっているのか?ちょっと不明。
  2. 自動で撮っているが、調整レバーとして、照度、コントラスト、影の具合?、解像度っぽいものが調整できるが、AUTOで十分
  3. デザインがカメラの形をしたテンプレートがベースな為、写す部分のモニターが小さく見にくい。MProのように使うときに出てくる方が、モニタを有効に使えていいね。
  4. 無料版は広告がうざい
  5. 調整機能がやっぱり少なすぎ

 

結果的に割りと使えるアプリじゃないかって思った。でもコンセプトは簡単にモノクロ写真が撮れるってことなんじゃないかな。だから、もっと細かな調整がないんだよね。

 

例えば、ISOの調整とかイメージするモノクロフィルムの種類、記録方式とか上げればきりがない。

 

グリッド表示もないので黄金比率で確認しようとしても出来ないんだな。お金払ってPRO版にすれば機能が増えるのかちょっと不明。

 

プログラムを作ったのはCHI HAO CHIUという外人さんみたいなので、こだわりっているところがちょっとないかなって感じたな。やはり、マニアチックではなく簡単にきれいなモノクロ写真が撮れるってところに主体をおいてると思う。

 

アプリの紹介サイトを見に行ったんだが、MS Edgeでは危険なサイトってはじかれたんだ。なんで?

 

まとめ

iPhoneでいつも写真を撮ってる俺としては、まあ使えるけどお金払ってまで使うアプリじゃない。

 

ただし、カラーで写真を撮ってからモノクロに変換するよりも、最初からモノクロベースでJPEGに現像してくれるので、モノクロをとりあえず撮ってみたいなって方にはお勧め。

 

あのLeicaでさえ、モノクロ専用のカメラがあるのでやはりモノクロって簡単なようで難しいんだと思うよ。

 

ハッセルブラッドの1憶画素の中判デジカメの再現って無茶苦茶すごいもん。これがデジカメなのッて感じでさ。

 

結局のところ、機能満載で使い切れてはいないが、やりたいことや思ったように撮る前に調整ができるMProに軍配は上がるな。

 

もし、モノクロ写真を本格的にやってみようという気持ちがあるなら、MProを購入しておくべきである。500円以下で購入でき、デジイチに近い機能が搭載されている。

 

なにより、マニュアル操作で出来栄えが、自分次第で変わってくるって言うのが非常に良いよね。

 

グダグダ書いたけどさ、やぱり長く使うものはそれなりの理由があるって事ね。