時のログ

写真ブログ、見て感じたままを写真で届けます!

やっとコインチェックに動きがありました!でも送金はまだ出来ない・・・

あとで読む

スポンサーリンク

おはようございます。サイト管理者のふぇいやんです。いろいろと問題となっていたコインチェックに、昨晩動きが有りました。2ヶ月近く経ってやっとのことです。

 

f:id:sek-loso0228:20180313053027p:plain

 

ちょっと長くなりますが、コインチェックから下記のようなメールが届きました。簡単に言うと、3月12日から順次業務を再開していくとのことになります。

 

盗まれたNEMの保証については別にメールが展開されました。そちらは、俺には関係ないことなので、ここでは紹介いたしません。

 

今般、コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引サービス「Coincheck」において、お客様からお預かりしていた仮想通貨NEM不正アクセスにより外部へ不正送金され、また、当該不正送金に伴い同サービスの一部の一時停止という事態となり、お客様、お取引先、関係者の皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを、改めて深くお詫び申し上げます。 

当社は、このほど発生した不正アクセスによる仮想通貨NEMの不正送金に関連し、2018年3月8日、金融庁から資金決済に関する法律第63条の16に基づく業務改善命令を受けました。当社では、今回の措置を厳粛かつ真摯に受け止め、深く反省するとともに、内部管理態勢及び経営管理態勢等を抜本的に見直し、顧客保護を徹底した経営戦略の見直し等を進めて参ります。 

また、この度、お客様の資産保護及び不正送金の原因究明のため一時停止としております仮想通貨の出金・売却につきまして、外部専門家による協力のもと技術的な安全性等の確認が完了いたしました。これを受け、本日より一部仮想通貨の出金・売却を再開してまいります。 

再開は技術的な安全性等の確認が完了した機能から順次行なってまいりますが、お客様の資産保護を最優先とし、まずは一部仮想通貨の出金・売却の再開から実施をいたします。

 

ここでも、一部仮想通貨の出金・売却の再開ということしか言っていません。事件発生後、今まではBTCのみにたいしては普通に運用していたのですが、それ以外にも広げるってことですね。

 

一部仮想通貨の出金・売却再開について

 

 

再開日時:2018年3月12日(順次) 
再開機能:一部仮想通貨の出金、売却(入金、購入は対象外となります) 
出金再開対象仮想通貨:ETH、ETC、XRP、LTC、BCH、BTC 
売却再開対象仮想通貨:ETH、ETC、XRP、LTC、BCH(BTCは当初より停止を行なっておりません) 



【仮想通貨の出金及び売却について】 
1:本件は一部仮想通貨の出金・売却に関する再開のご案内です。入金・購入は対象外となりますため、ご了承くださいますようお願い申し上げます。 
2:お客様の資産保護のため、このたびの出金再開に伴いこれまでの送金申請を全てキャンセルとさせていただきます。お手数ではございますが、再度送金申請を行っていただきますようお願い申し上げます。 
3:出金の際は、指定するアドレスがご自身により指定したものであり、意図しない送金先ではないことを今一度ご確認くださいますようお願い申し上げます。 
4:このたびの再開まで非常に多くの送金申請をいただいております。大変ご迷惑をおかけいたしますが、目視等での確認も含め送金完了までに数日程度お時間を頂戴する場合がございます。 
5:出金再開に伴い、仮想通貨ネットワークの混雑状況により送金手数料が変更となる場合がございます。再開時の送金手数料の変更につきましては、当社公式アナウンス(SNS・メルマガ等)、また手数料ページをご確認の上、ご了承くださいますようお願い申し上げます。 
6: 出金の際は本人確認の完了が必要です。また、このたびの出金再開に伴い、別途追加での本人確認を行う場合がございますことをご了承ください。 

手数料:https://coincheck.com/ja/info/fee

 

こちらでは具体的な通貨を定義しております。しかし、出金と売却は可能となりましたが、送金は出来ない事になっていますね。俺が一番やりたいのは送金なんですよね

 

出来れば資産をそのままほかに移したい。売却するとその都度手数料が取られるから。

 

しかしさ、これだけ問題起こしといて”仮想通貨ネットワークの混雑状況により送金手数料が変更となる場合がございます。”となっている。

 

bitFlyerはこの前、ネットワーク帯域が確保できているので手数料を下げると言っているのとはまったく逆だ。

 

また、一部仮想通貨の出金・売却の再開にあたり、下記についてご了承くださいますようお願い申し上げます。 

・アクセス増加により、一時的にサービス・電話等に繋がりにくくなる可能性がございます。 
・取引量が急増した場合、また現時点で判明していない問題が確認された場合等、当社の判断により予告なく一時的に売買を停止することがございます。また、急激な価格変動が生じた場合、自動的に一時売買が停止する可能性がございます。 
・現時点で判明していない問題等が確認された場合、予告なく再開を見合わせることがございます。

 

引き続き一時停止としております仮想通貨の出金・売却につきましても、仮想通貨の各種リスクの洗い出しや技術的な安全性等が確認でき次第、お客様の資産保護を最優先とした機能から再開をしてまいります。また、全ての仮想通貨の入金、購入、新規ご登録等に関しましては、経営管理態勢及び内部管理態勢が整い次第再開してまいります。詳細に関しましては、見通しがつき次第お知らせをいたします。 

 

 

確かに、このメールが配信されたのは約17時ころ。それ以降にアクセスして、直ちに売却を考えたが、まったく受け付けられなかった。

 

同じような事が、コインチェックのチャットにも書かれていた。まあ、記載内容から行けば、12日以降順次と書いてあるのでしょうがないとはおもっていたが。

 

今朝になって再度売却処理をしてみると、今度は売却処理が可能になっていた。bitFlyerで扱えないRippleを速攻で売却した。

 

これでコインチェックに塩漬けにされているのはイーサリアムイーサリアムクラッシックだ。この2つの仮想通貨については、bitFlyerへの送金をしたいと考えているので、今しばらく辛抱が続きそうだ。

 

インチェックに有ったBTCとRippleは全て売却が完了したので、全部仮想通貨ではなく、Amazonの株購入に回した。Amazonの株は昨日は38%Upだった。

 

あまり期待しないほうが良いが、それでも確実性はあるかな。

 

という事で、コインチェックの新たな動きは、殆どの通貨に対して売却し、出金が可能となったことです。

 

俺としては、早期送金の再開を望みます。

 

追加 9時過ぎ

本日、朝8時半を過ぎた時点でイーサリアムなどの送金が可能になりました。

 

RippleはJPYに売却し、ETHとETCはbitFlyerへ送金し、全ての処置がこれで完了しました。

 

インチェックの資産は、数円のみになりました。少し様子を見てから、先々どうするか考えたいと思います。

 

今日も見に来てくれてありがとう。