時のログ

写真ブログ、見て感じたままを写真で届けます!

仮想通貨技術がリアル銀行へ適用展開!黒船がやってきたようなもんだな。

あとで読む

スポンサーリンク

おはようございます。サイト管理者のふぇいやんです。ビットコインで有名な仮想通貨はみんな知っているよね。

 

いろんな意味で2017年から注目を集めていた仮想通貨ですが、仮想通貨に使われている技術がリアルな銀行に使われることになったんですね。

f:id:sek-loso0228:20180104182218j:plain

 

 

リアルな銀行に使われるようになったのは、仮想通貨では有名なブロックチェーン技術なんだそうだ。目的はこの技術を使って手数料等を大幅引き下げをするらしい。

 

この記事を読んでみてくれ。

www.yomiuri.co.jp

 

まあ普通の人はふぅ〜んってな感じだよね。何でブロックチェーン技術を使うと手数料が下がるのって思うよね。

 

って言うかさ、そもそもブロックチェーンと言う技術が分からない。

ブロックチェーン技術って?

ブロックチェーン技術ってさ、簡単に言うと分散型台帳技術、分散型ネットワークの事らしい。そもそもがビットコインの中核技術だったんだよね。

 

詳しい説明は下記のウィキペディアを読んでもらうと分かりやすいかな。

ブロックチェーン英語Blockchain)とは、分散型台帳技術[1]、または、分散型ネットワークである[2]ブロックチェインとも[3][4]ビットコインの中核技術(Satoshi Nakamotoが開発)を原型とするデータベースである。ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持つ。各ブロックには、タイムスタンプと前のブロックへのリンクが含まれている。理論上、一度記録すると、ブロック内のデータを遡及的に変更することはできない。ブロックチェーンデータベースは、Peer to Peerネットワークと分散型タイムスタンプサーバーの使用により、自律的に管理される。フィンテックに応用されるケースでは独占資金洗浄の危険が指摘されることもある。

ブロックチェーン - Wikipedia


じゃあ今の問題って何なの?

一般に銀行だけじゃないが、今の世の中のデータベースの構造は中央集中管理型を採用しているのがほとんど。つまり大元(中央)にセンターサーバーと言うものがあり、そこに各支店からアクセスしてデータのやり取りをする感じだ。

 

この場合、バックアップはされているが全てのデータはセンターサーバーと言われる所に一元管理されているんだね。(サーバー・クライアント方式)

f:id:sek-loso0228:20180104182728p:plain

しかも銀行なんかの場合には、特にセキュリティが重要視されるので、簡単に外部から接続が出来ないようになっており、それこそ極論を言えばその銀行専用のネットをもっているようなものだ。

 

という事はだよ、各銀行で専用のネットとサーバー、システムを維持していかなければいけないので、莫大な維持費を必要とするわけなんだな。

 

じゃあその維持費は誰が出すのといえば、その銀行にお金を預けているクライアント(使用者)となるわけだ。

 

つまり、いろんなサービスにいろんな手数料がかかっているのはこれが原因なんだな。

 

実際には従業員の給料等の人件費もかかっていると思うが、そんなのよりシステム維持費の方が格段に大きいと思うよ。

 

じゃあブロックチェーン技術を採用すると何が変わるのか?

最初に書いたように、ブロックチェーン技術は分散型ネットワークだ。そして現状はサーバー・クライアント方式なので、簡単に言うとどこかに問題があると全部止まる構造になってる。

 

しかし、ブロックチェーン技術を使って分散すれば、銀行間でも管理できるようになる。つまり、各銀行が保証し繋がった銀行全部で相互保証する感じかな

 

f:id:sek-loso0228:20180104183229p:plain

 

そうすればサーバー・クライアント方式みたいに大々的な運用維持費はなくなるし、1つがメンテナンスに入っても分散していることにより、補完しあって運用自体は止まることがない。

 

従って、各社の絶対的なシステム規模を縮小しても分散管理することによりトータルでは従来以上の信頼性が上がるってわけだ。

 

そして、今までかかっていた維持管理費が削減するってことは、そこの費用を払っていた使用量が削減されるってことなので、結果的には各顧客の手数料が値引きされるってことになるんだよね。

 

そもそも、ネット銀行はシステム維持費ではなく無人化することにより手数料を大幅削減していたんだ。だから、ネット銀行は更に割安に成るってことだね。

 

まとめ

ニュース記事によると、既に国内メガバンクを含め地銀等をあわせた役60の金融機関が実証実験を済ませており、ネット銀行や地銀の数銀行が3月から運用を提供しだすようなんだ。

 

そうすると、手数料が10分の1程度になるようなので、使う側からするとお金を動かしやすく成るってこと。

 

そうすると、極論になっちゃくかもしれないが、投資への移動も始まり景気自体がさらに改善されていくんじゃないかな。

 

個人的には地銀からネット銀行への振込手数料が下がると、コインチェックやSBI証券への移動が頻繁に出来るようになるので、お金を働かせやすく成るな。

 

いまは思っていても手数料が高いんで、移動金額に見合わず躊躇しているうちに他に使っちゃうんだよね。それが無くなるだけでも、俺としては価値があるな。

 

いろんな投資を検討している人は、新年度からがチャンスなんじゃない。

 

という事で、リアル銀行の手数料が下がるよぉ〜ってお話。

 

おしまい。