時のログ

写真ブログ、見て感じたままを写真で届けます!

今度は、イーサリアムクラシックを買ってみた!

あとで読む

スポンサーリンク

おはようございます。サイト管理者のふぇいやんです。なんだかみんなさ、俺の真面目な記事は好きじゃないみたい。

 

真面目な記事で行こうと思ってたんだが、人気が無いんじゃしょうがないよな。でも止めないけどね。今回は真面目じゃなく投資の記事だよ。

f:id:sek-loso0228:20180110204817j:plain

 

仮想通貨のマイニングは順調に進んでいるのですが、昨年末より毎月決まった少額で仮想通貨を購入しようと決めた。

 

初回については、定番ビットコインイーサリアムを購入したんだ。さて、今回は何を買おうかといろいろと物色してみた。

 

2018年のトレンド

最近のトレンドとしては、最近の状況を見ると以下の5つがメジャーらしいんだ。

  1. ビットコイン
  2. リップル
  3. イーサリアム
  4. ビットコインキャッシュ
  5. カルダノ

マダマダ初心者の俺としては、2,5は全く知らない通貨なんだ。でもベスト5に入ってきているということは、人気上昇と強烈な倍率アップをしているのだと思う。

 

それじゃあってちょっとメジャーで知らないのをチェックしてみた

 

リップルとは

リップルって何だか卑猥な響きって思うのは、単に俺がエロオヤジだからかな。って言う冗談は置いといて、リップルっていうのは仮想通貨自体を言っているんじゃないみたい。

 

そもそもはリップル・インクという会社によって始められた金融決済用のシステムの事らしい。

 

金融機関での送金処理など非常に時間が掛かるのは皆知っているよね。特に、ドルや円以外のマイナーな通貨の場合には余計に時間がかかる。

 

それらの処理を早くするために仲買通貨をたてて簡略化しようというのが、リップル・インクが考えたシステム。

 

その仲買通貨をリップルって呼んでる。

 

じゃあカルダノは?

カルダノっていうのは2017年に出来たばかりのホヤホヤの通貨。

 

そもそも、カルダノファンデーションという会社が構築しようとしているゲームプラットフォームで使用される予定の通貨がエイダコインと言い、これが通称カルダノと言われている。

 

カルダノファンデーションは、オンラインゲームやオンラインカジノで、ブロックチェーン技術を使って不正のないゲーム環境を作り上げたいというところから来ているみたいなんだ。

 

ゲームやカジノにつきまとう不正を撲滅させようという試みなんだよね。

 

そう言う所で使うことが目的でつくられたコインなんだ。だから、国内では取引がされていないみたい。

 

じゃあ何を買ったのか?

迷ったんだよね。でも結局は先の上げたベスト5の内でイーサリアムにしようと思ったのですが、また同じのを買っても能がないし、分散リスクにはならないなって。

 

とは言え、急に上昇したような通貨に手を出すのもなぁ〜って、心の声が聞こえてきたんだよね。

 

迷った挙句、イーサリアムのように信頼性があるがそこまで高価になっていなく、かつイーサリアムにある程度連動しているイーサリアムクラッシクを購入した。

 

難しいことが省略するが、イーサリアムと祖先は一緒でむしろ純血統と言ってもおかしくないんじゃないかな。

 

単月でも20倍になっているし、イーサリアムよりはるかに安いしね。そこが一番の決めてかな。

 

急上昇品を狙わず、割りと硬めの物を選択したってことだな。まあ投資信託みたいなもんだ。あと、マイニングの成果が未だ加算されないので、少しだけビットコインも買っておいた。

 

今日1日で5000円増えたけど、元々が少額投資なんで12%増程度だね。

 

まとめ

うちの実家がある田舎のCMでこんなのがある。

 

一日楽しむなら本を読みなさい

一年楽しむなら種をまきなさい

一生楽しむなら家を買いなさい

 

まさにこの2番め、種をまくってことだよ。1年ワクワクどきどきで楽しませてくれるのが仮想通貨の少額投資。大金でないから、凹んでもたかが知れてる。

 

ギャンブルですったより小さいと思う。でもそんな金額で、チャートを眺めながら喜怒哀楽で楽しめる。

 

そんなもんだから楽しいのだと思う。儲かっていようが、損していようが、直ぐに払い戻しする事なんか考えてない。一年後がどうなっているか、それだけが今の楽しみだな。

 

そんな訳で、小銭でまた仮想通貨を購入した話でした。

 

おしまい。

 

今日も見に来てくれてありがとう。