tokilog

プロブロガーやってます。好きな写真と雑記のブログ。その時の見聞録を、記事と記録で残していきます。

ちょっと活発化してきたみたいなので皆さんに情報展開

あとで読む

シェアする

スポンサーリンク

こんにちは。写真ブログですが、皆さんに役立ちそうな情報も発信しますね。

 

さて、皆さんも知っているし、中には来た人もいるかも知れない「あなたのアカウントをハックした」っというような内容の詐欺メール。

 

日本でも、中には要求されたビットコインを支払った人も出てきて、昨年末ころには結構話題になった。

 

Hacking

 

 まあみなさんも内容的には知っていると思うので、きたメールの中身を公開して説明するのは特にしませんが、以下の点に注意して絶対に引っかからないようにしてほしいな。

 

よく引っかかってしまった人に対して、ネットリテラシーが低いとか言われますが、ネットリテラシーのレベルもありますが、それ以上に焦らないことですね。

 

 

なぜ引っかかるか?

なぜ引っかかってしまうのかを考えた時、自分はまだ引っかかるまでいっていないが、引っかかりそうになった経験を話します。

 

人間、いきなり見に覚えのない電話やメールが来たりすると、一瞬パニック状態になる可能性が高いように感じる。

 

そのような事を、生業にしていれば別かもしれないが、一般的な人にいきなり脅迫的なメールや電話が来たら、焦るのは間違いない。

 

今回の詐欺メールなどは、自分から自分宛てのメールで送ってきている形になっているので、いかにも自分のメールアカウントがハッキングされて乗っ取られたと言う恐怖感を装っているのが特徴。

 

こんな宛先を装う事なんて、ちょっと細工すれば簡単にできることなんです。詳しくは聞きませんが、ネットセキュリティの本を読めば書いてあります。

 

そもそも、メールアカウントがハッキングされたならもっと沢山詐欺メールや、迷惑メールが来たり、メール自体が勝手に削除されたり暗号化されたりして、別の方法で脅しが来ると思われます。

 

そして必ず書かれているのが、アダルトサイトへのアクセスをトレースしているとか、PC内の秘密の写真を手に入れたとか、男性陣にとってはあながち嘘ではないような事を言われると、ドキッとしてしまいますよね。

 

少しでも、身に覚えがある用なことが、さも本当のように書かれている所が、心のスキマに忍び込んでくるのです。

 

これが送った人の狙いですよね。

 

じゃあどうすればいいか?

 

まず、基本的にメールのアカウントが乗っ取られたとしても、PCのアカウントを乗っ取られたわけでは無いので、すぐにPCをハッキングされるわけではない。

 

PCをハッキングするためには、それなりの手順が有るのでメールアカウントをハッキングしたと直接結び付けなくても良い。

 

したがって、ベストな方法はそのままメールを削除して、来なかった事にするのが精神的にも一番楽になると思う。

 

たとえ、消費者センターに連絡しても、ネットに詳しい人に確認しても、100%捨てて無視しなさいって言われますから。

 

また、詐欺メールの類でAmazon楽天のクレジットカードの有効期限が切れたとか、引き落としが出来ないとかと言う同様の詐欺メールもあるが、こちらも同じである。

 

メールでそんな事を言ってくる会社は絶対に無い! 

 

そんなの、個人情報をネットで流すことは、それこそ何時窃取させるかわからないから。基本は直接電話で来るか、郵送でくるよ。

 

とにかく、見に覚えが無いものは当然ながら、アレ?って思うようなものも、全部捨ててしまえば間違いない。

本当に必要なものであれば、直接コンタクトが有るはずだから。

 

まとめ

これらの話をまとめるとだ、ネットリテラシーが低い以前に、一般常識的な部分に問題が有ると思われるケースが殆ど。

 

当然、この手のメールは心のスキマを狙って仕掛けてくるわけだから、変だなって思った時点(こんなメールは初めてだとか、使ってもいない会社だったりしたら)で、速攻でゴミ箱行きにするに限る。

 

その際、絶対に躊躇してはいけない。

 

これだけ守っていれば引っかかることは無い。

 

じゃあメアドはどうして入手したか心配になるって? メアドは集めようと思えばいくらでも集められる。SMTPリレーを含めやり方はいくらでもあるし、そういう集めるのを商売にしている人もいるくらいだから。

 

自分のメールが悪用されていないかを確認するのに、Firefoxがメアドの安全性をチェックするサイトを提供しているので、そこでチェックしてみるといいよ。

 

そこにメールを入れたから、メアドを窃取されるんじゃないかって思う人は、やめとけばいいし、それこそ個人の判断になると思う。

 

やって見る人は、

monitor.firefox.com

へアクセスしてみるといい。

 

ネットだけは自分で守らないと、誰も守ってくれないので日頃から、情報を集めることが大事だね。