時のログ

写真ブログ、見て感じたままを写真で届けます!

金に執着しているわけじゃないけど、投資について考えてみた。

あとで読む

スポンサーリンク

おはようございます。サイト管理者のふぇいやんです。昨年末になってから、老後という言葉が現実味を帯びてきて自分なりにマズイって気持ちになった。


今まで、老後なんて未だ先の先って考えて、蓄えなんか考える前に金は天下の回り物ってな感じでバンバン使っていた。従って、当然蓄えなんか有るわけがない

 

f:id:sek-loso0228:20180108074104j:plain

 

しかし、そんな中でも老後どうするんだってう言う不安が、こんな楽天家の俺でも気になってきた。

 

 

未来への不安

老後って言うより、定年後に夫婦で遊びに行ける小遣いなどって言う軽い気持ちで、2年前に投資信託は始めたんだ。それも大金投入ではなく、毎月無駄に消費するジュース分とかお菓子分程度。

 

f:id:sek-loso0228:20180108075301j:plain


まあコレはこれで良いのかもしれないが。

 
そして年末も終わりに近づいた頃、思い立ったように仮想通貨のマイニングと、そのベースになる小銭を投資したんだ。


まあどうってこと無い小銭。その小銭ベースの仮想通貨がアッと言う間に40%も下落したんだよ。

 

たかが小銭だけど、減っていくのはやっぱり辛いよね。これはたぶん俺だけじゃなく、人間の本心何だと思う。

 

後、TupBuyでAmazonの株を小銭分保有完璧なリスク回避の分散投資で、投資していることすら忘れそうな少額。(笑

 

 


定期的な少額投資を続けるのが一番かたい?

一発逆転を狙い、株投資ってのも有るのかもしれないですが、仕事時間もロウソクチャート見ながら一喜一憂していてもしょうがない。

 

何はともあれ、運用を気にしなくて良いのが一番だよね。そうすると、やっぱり投資信託になっちゃうか。最低10年程度のスパンで見れば、最終的にはたぶんプラスに転じるかな。

 

あとはやはり勝手に採掘してくれるマイニングを、大手参入で個人が歯が立たなくなるまでやるかだな。

 

この前書いたとおり、毎月2万弱が採掘出来てそれが自動的に溜まっていければ、自分の生活費を切り崩す事無く対処出来るので、これにとってはこれが一番確実性がたかい。

 

www.tokilog.jp

 

やっぱ、これで母数を亀の歩みで増やして、これの価値が上がるのを期待するのが一番かな。自腹切っていないだけに、暴落してもあまり気にならないから

 

 

まとめ

最近読んだ本に面白いことが書いてあった。読んだ時、思わず納得してしまったが、投資に対する心構えって、正にこのこと言っているんだなって思った。

 

人間は、利益よりも損失により強く反応する心の歪みがあり、特にプラスマイナスゼロの近辺でその傾向が顕著に出る。これは人間共通の「感情の罠」と言える。

 

なるほど、プラスの時はもう少しまったらもっと上がるかもしれないって思い、待った結果上がらなくてもそんなものかって思えるが、マイナスの時は直ぐに売ろうって浮足立ってしまうよね。

 

健全な長期投資においては、直感こそが敵であり、理性こそが友である。

 

この一言には、頭をハンマーで殴られた感じを覚えたね。

 

やっぱ、上がろうが下がろうが自動運転させて、投資していることを忘れるくらいのほうが

 

結果的に良いのかもしれない。

 

俺的にはそう思いました。

 

おしまい。

 

今日も見に来てくれてありがとう。